こんにちはー!
5歳と3歳の男兄弟を育児しとります、SUMIです!!

 

自閉症スペクトラム障害と診断された我が長男。

障害と診断されたのですが、私個人としては長男には才能と可能性しか感じません。

今日はその素晴らしき才能と可能性についてみていただきたいと思います。

今現在長男は書くことにめちゃくちゃはまっております。好きなことは驚異的な集中力と記憶力を見せ、とことん追求する。それが自閉症スペクトラムの強み。


今回は、書くことにハマっている長男が3日間で一体どれくらい書くのかを検証して見たいと思います




初日は日曜日

オカンより早く起きて、朝6時から書き始めるほどのハマりよう。もっと早い日には5時半に起きて書いている日もあるくらいです。


最近朝起きて、おはようの次に「書きたい~」というのがお決まり。目覚めの良すぎる長男は、毎朝目覚めてすぐ、書きたくて書きたくてうずうずしておるわけです。


結局彼は朝ごはんの7時半まで書き続けました。


朝食後もまた書きます。

一体何を書いているのかというと、地名や駅名を書いておるのです。電車オタクの長男。電車好きな子どもは地理に強いと言いますが、5歳の段階から地名をせっせと覚えて書いています。


路線図の本を買ったので、それを見ながらお勉強。

3歳の頃は書くことに全く興味がなく、鉛筆やクレヨンなどを握る機会が少なかったため、手先の不器用さが気になりました。4歳で診断された時も手先の不器用さを指摘され、リハビリでフォローしてもらうことになった長男ですが、今やその辺の字の汚い大人よりも綺麗な字を書けるようになってきました。



午後も書きます。

机やテーブルで描けばいいのに、ふわふわで書きにくいカーペットの上をむしろ好んで書くあたりが理解に苦しむ。


お風呂上がりにもせっせと書いておりました。


日曜日には55枚書きました。





さてさて翌日の月曜日。

この日も朝から書いております。朝も夜も書いておりました。

隣で次男が折り紙のカエルで遊んでいようが長男にとっては完全に他人事。関心を示すことなく、ひたすら書く。

しかしながら男の子ということもあってか、彼には色彩感覚というものが備わっていないようで、毎日毎日単色。ただの鉛筆で書き続けております。

しかし、文字が好きな長男。名古屋など、難しい感じにも果敢にチャレンジし、大分かけるようになりました。 


月曜日は 44枚書きました





火曜日も順調に書いていきます。

毎日毎日同じようなものを書き続けているのですが、よく飽きないものだと思うほど。

毎日部屋中紙だらけになります。福山雅治さんが演じていたガリレオの天才物理学者を彷彿とさせるこの絵面。

もちろんゴミの量も半端ないわけです。

私も子供の頃は絵を書いてたりすることが好きでしたが、こんなに部屋中紙だらけになる程書いた記憶はありません。


先週80枚つづりの落書き帳を6冊買ってきたはずなのに、もうすでにのこり数枚になっていたので、昨日9冊買い増しました。

80枚綴りの落書き帳を100均で買っていたのですが、先日ホームセンターに80枚✖️3冊が240円で売っていてそっちの方が安いやんということで今度からは毎回ホームセンターで買おうと思います。


地名や駅名を書くことが多いので、日本地図をネットでダウンロードして印刷して見ました。

思惑通り、気に入ってせっせと書いてくれました。 

新青森、秋田、仙台、札幌、旭川を漢字で書いてくれました!!! 



火曜日は地図という大物がいたので少なめの37枚でした。



いかがでしたでしょうか?

なーんだ大したことないじゃんと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、私個人的には長男には無限の可能性を感じてワクワクが止まりません。好きなことをどんどんやらせて、集中力と探究心を育てていけば、将来とんでもない才能を開花させるかもしれないと思ってしまうのです。


今回は書くことに焦点を絞って動画を編集しましたが、書くこと以外にも「この子の能力スンゲー!」と思うことは多々ありますので、また別の動画にでもできたらいいなと思います。