すくすくらいだー

2歳差の男の子育児に奮闘するも「なんで~」「どういうことー!?」が口癖になりそうなひっちゃかめっちゃかな日々の記録。長男は自閉症スペクトラムながらも非常に幸せそうに生活中。



次男は産まれてすぐ臍炎と臍ヘルニアになり、治療を行いました。赤ちゃんの臍は人それぞれ形が違いますが、場合によっては次男のように治療が必要なケースがあります。

 

生後2週間健診での異常


スルンと安産で産まれてきてくれた次男。幸い2人目ということもあり母乳も出もよく、素人目にも分かるほど体重が順調に増えていました。

しかし、一つだけ気がかりなことが。

それは臍(ヘソ)がおかしい…ということ。

へその緒が無事に取れた次男の臍。なんだか長男の時とはかなり違う…

ポンと出ていて、触ると硬く、真っ白。血が通っているとは信じがたいほどの真っ白な臍。

私が出産した産院では生後2週間で健診があったため、そこで助産師さんに相談してみました。

臍肉芽腫かも


「ヘソが長男の時と様子が違うようなんですが…」

「そう。臍は人それぞれ違って、個性が出るところだからね。体重を測るついでにみてみるね~」

と、次男は助産師さんとともにナースステーションの奥へ。

そしてザワつくナースたち。

そうだよねー。個性とは違う感じだと私も思う…

15分ほど時間がたって、助産師さんが次男を連れてやってきました。

「おへそ、やっぱり診てもらった方がいいね。臍肉芽腫(さいにくげしゅ)っていうやつかも。細い肉芽腫の場合はここで縛って取れるのを待つんだけど、これは根元が太くて縛れないね。先生に紹介状を書いてもらって、小児科で診てもらうようにしましょう。」

えーーーなんだか思った以上に大変なことになりそうや。

本人は特に痛がる様子もないけれど、なんだかよくわからんがとにかく正常ではないらしい…

その後の医師の診察で「小児外科に紹介状を書いておきます。こちらから予約をしますので、廊下でお待ちください」

と言われ、3日後に小児科で有名な大きな病院の小児外科を受診することに決まりました。

受診までの不安


実家の近くには有名な小児外科があって助かりました。私が住むど田舎の町では良い小児外科が無いので…

まぁそれはいいとして、小児外科ってことは、外科だからメスを使う科ってことでしょ?

この小さな体が手術を受けなければならないかもしれない。大変なことになってしまった…どうしよう

しかし、そんな不安は1日で消えました。

何故ならば、どんどん臍が



みどり色になってきたからーーーー

写真では分かりにくいけれど、緑!!臍が緑!!!ピッコロ色になってきたのです!!!!最初は白かったのに!!!

なんじゃこれーーーー!!

ピッコロって、もう人じゃないやん!!!

どうしよう~~私、ピッコロを産んでしまったぁぁぁぁぁぁぁぁ

もう受診の日が待ち遠しくて仕方がない!!!!なんなら今すぐ診てほしい!!!!しかし相変わらず痛がる様子もない次男。

心配性の私の母は「長男の時はへその緒に消毒の粉だなんだってつけてたのに、次男にはつけなくていいなんて病院が指導するからこんなことになったんじゃないの?」だとかなんだとか、ブツクサ言っているし、私は私で不安で検索魔になっているし、長い3日間でした…

小児外科へ


急な予約だったせいか、数少ない小児外科だからか、結構待って診察してもらいました。

診察室に入ると、あっけらかーんとした先生。

じゃぁおへそを見せてもらいますね~~

臍を綿棒やピンセットでシワの奥までじっくり見るアッケラカン先生。

「お母さん、あのねぇ、これねぇ、」

 

なになに?ドキドキ

 

「肉芽腫じゃないよ。」

 

えぇぇぇじゃあこれは何ーーーーーーー!!

 

「これねぇ、あのねぇ、

 

 

 

 

 

出べそだよ。」

 

 

ズコォォォォォォォォーーーーーー!!!!

 

でぇべぇそ!?

これ、でぇべぇそ!!???

この緑色のピッコロは、でべそーーー!!?????

 

先生曰く、出べその状態で、炎症を起こしているらしい。緑色なのは、膿が出ているから。だから、肉芽腫じゃなくて出べそだと。

なぁぁんじゃそらぁぁぁぁ

臍ヘルニア


しかし、たかが出べそ、されど出べそ。

出べそも今直さなければ6歳くらいで手術になるらしい。

出べそって言ってるけど、「臍ヘルニア」というんだそう。

ヘルニアっていうのは、出ちゃぁいけないものが出ること。

椎間板ヘルニアは、椎間板の中身がピョンっと出て神経を圧迫すること。

鼠経ヘルニアは、足の付け根の鼠経部ってところから腸がポコンと出ること。

臍ヘルニアは、ヘソからお腹の中身が飛び出していること。

 

お腹の中の赤ちゃんは、みんなへその緒からお母さんの血液をもらって大きくなります。だから、みんな産まれたての赤ちゃんはお臍に穴が開いている状態。

それが、産まれてからお臍から血液をもらう必要が無くなり、お臍の穴も自然と閉じていきます。

しかし、お臍の穴が通常より大きく開いている子や、お腹の中の圧力が高くて、お腹の中身が常に外に飛び出している子は、臍の穴がうまく閉じず、臍ヘルニアとなります。

 

臍炎の治療


最終的には臍ヘルニアの治療をするのですが、まず臍炎を治すことになりました。

治療は簡単。

お風呂上りに消毒して、塗り薬を塗ること。

お風呂上りに、イソジンみたいな消毒液を臍にしっかりと塗り、それが乾いたら抗生物質の入った軟膏(処方してもらいました)を綿棒でちょんちょんと塗ります。

4日程で



人間の色のお臍に大変身~~(*‘∀‘)

ピッコロを卒業できました。

1週間後に再受診。綺麗になったように見えていましたが、臍炎がシワの奥の方で少し残っていたので、軟膏をもう1週間継続。また1週間後に再受診しました。

臍ヘルニアの治療


臍炎はすっかり完治していたので、軟膏は卒業。次は臍ヘルニアの治療に移ります。

臍ヘルニアの治療のポイントは、

とにかく便秘解消

お腹の張りを無くし、(お腹の中の圧力を低くして)お臍が飛び出てこないようにします。

生後3か月くらいまでの赤ちゃんは、お臍が閉じる力をもともと持っています。その間にお臍が飛び出てこないようにすれば、自然とお臍の穴はふさがってくるといいます。

便秘解消の具体的な方法は、綿棒浣腸!!→綿棒浣腸の方法はこちら

一日に何度も綿棒浣腸を行い、お腹の張りを解消してあげます。

それでもお腹が張ってしまう赤ちゃんには、薬剤の浣腸も並行して行います。

次男は一日5~6回綿棒浣腸、朝1回薬剤の浣腸を実施しました。

そしてもう一つは、物理的に臍が出てこないように押さえつけること。

お腹の張りを解消した状態で、お臍に綿球(100均で入手)をはめこみ、その上からガーゼで包んだ500円玉を貼り付けて押さえます。

次男の臍の穴の大きさは、10円玉と500円玉の間くらいの大きさでした。(お臍を押してずぶずぶと指が入って行く範囲)

先生曰く、これくらいの大きさの穴なら、出てこないように押さえていれば1か月以内に塞がるでしょうとの見立てでした。

毎日せっせと浣腸し、毎日せっせとお風呂上りに500円玉を貼り…

先生の言う通り、3週間ほどで入浴時もお臍が出てこなくなりました('ω')ノ

臍ヘルニアは早めの受診を。


その後の診察で無事500円玉卒業できた次男。

早めの受診したため、お臍がふさがりやすいとされる時期に治療することが出来、長引かずにすみました。

臍の穴にはふさがりやすい時期というものがあります。その時期をすぎると、治療に時間がかかったり、最悪手術を選択することになる可能性もあります。

お臍の様子が変だと思った場合は、産後でバタバタして大変だとは思いますが、出来るだけ早めに専門家に相談しましょう。私のように、2週間健診・1か月健診で相談するのでも良いと思います。

また、臍ヘルニアが完治しても次男は綿棒浣腸を継続しています。

便秘は万病のもと。ヘルニアが完治していても解消しておきたいものです。

 

 

 

 



こんにちはー!

毎年夏に流行する感染症、手足口病。

小さい子どもほどなりやすく、困った経験があるかたも多いことかと思います。

我が家でも先日長男がめでたく(?)手足口病になりまして、

口の中の湿疹がしみて、食べるたび痛くて不機嫌でたーーーいへん!!そして特効薬が無いという悲劇!!!

水分もとれなくなってしまって脱水になってしまったら命にかかわります!かといって、点滴するのもそれはそれで大変!!!!

幸い長男は脱水症状に陥ることなくすみました('ω')ノ

食べられたものをまとめますので、手足口病や口内炎でお困りの時に参考にしてください(*‘∀‘)

 

痛みの頂点を超えろ!!!


急になに!?と思われたかもしれませんが、息子の様子を見ていて、痛みの頂点があることに気づきました。

食べ始め、すごく痛そうに泣いて「だっこだっこ」と言っていた息子も、一口食べて泣いて抱っこ、一口食べてないて抱っこをしているうちに、抱っこの頻度が減って、最終的にはスムーズに食べられるのです。

擦り傷でも、お風呂に浸かる時、初めはめちゃめちゃ痛いのに、痛みの頂点を超えれば痛くなくなる。なんて経験、みなさんにもあると思います。

そんな感じかなーなんて思って見てました。

痛そうに泣く姿は誰しも見たくないものだし、こちらもなかなか大変です。しかし、

 

出来るだけ痛みの少なそうなものを食べられるだけ食べているうちに、いつの間にかパクパク食べている!なんてこともあると思いますので、根気強く食べさせてあげてください。

 

痛くても食べやすいもの


エネルギーゼリー


ウィダーインゼリーのような、エネルギー補給が出来るゼリーは一番ひどい時でも口にしてくれました。

チューブのまま吸うと口内に圧力がかかり痛みが出るので、器に移してスプーンですくって食べるようにします。

我が家ではエネルギーメインのゼリーと、ビタミンが配合されたものを交互にあげていました。

水分も同時に接種出来るので、お茶やスポーツ飲料なども飲みたがらない時にも安心。

少し緩解してきたころにはミニッツメイドの朝バナナをあげました。固形のバナナはまだ食べられませんでしたが、これは喜んで食べてくれました。

バナナ2本分のエネルギーと1食分のビタミン、そしてヨーグルト1個分のカルシウムも配合されているという、至れり尽くせりなゼリー飲料。

バナナが大好きな息子。しかし、一番口腔内の痛みが強いときには少ししみたようで嫌がっていました。

朝バナナは緩解してきて、ゼリーに飽きてきたころにオススメです。

 

スイカ


夏に流行る病気には夏のスイカ!!!

水分たっぷりで脱水症状も防げます。

たまにしみて痛そうにしていましたが、痛みよりも食欲が勝っていたようでシャクシャク食べてくれました。

おかわりおかわりで、買ってきたカットスイカが一気に無くなりました( ゚Д゚)

夏の野菜であるスイカには、体を冷やす効果もあります。熱が出ている時にも良いですね。

 

うどん・素麺・ラーメン


ゼリーもスイカもお腹には溜まらない…お腹がすくのに食べると痛い…

そんな状態で、息子が唯一食べられた固形物が麺類です。

噛むと口内にとどまっている時間が長く、しみるてしまうので、あまり噛まなくても食べられるように長めに茹でて柔らかくし、短く切ってあげました。

パスタはのど越しが悪いと思いあげませんでした。

ラーメンは最近流行りのコシのあるラーメンではなく、あんぱんまんラーメン。

昔ながらのカップヌードルみたいな麺で、麺が細いためか、他のインスタントラーメンよりも食べやすいようでした。あんぱんまんとバイキンマンのナルトも気紛れになり、喜んで食べていました。

 

長男は食わず嫌いしていたけど…こんなものも試してみては?


雑炊やおかゆもあまり噛まずに食べられるため、試してみる価値ありだと思います。

私は雑炊を作ってみましたが、卵が嫌いな長男…口すらつけてくれませんでした( ;∀;)

卵なしだったら食べられたのかな…私がおいしくいただきました。

 

まとめ


5歳以下の小さい子どもがよくなる手足口病。

口の中が痛くなるので水分もとれなくなってしまうことも多々あります。

口当たりの良い食事や、湿疹にしみにくい飲み物も接種出来なくなってしまったら脱水の危険があります。

子どもの脱水は命の危険に直結します!!

脱水になった場合、おしっこの回数が減ったり量が減ったりします。注意深く観察していてください。そして、脱水が疑われる場合は迷わず病院へ行きましょう。

また、こんな水っぽいものばかりで栄養が偏って心配。と思われるかもしれませんが、今一番大切なのは脱水症状を引き起こさないこと。

病気が治ったらまた栄養たっぷりのごはんが食べられるようになります。

痛みのあるうちは高望みせず、脱水を防げればいいくらいの気持ちで構えましょう。

 

日々の日常をつづったブログも書いています。良ければ覗いてください。

家族紹介

水遊び、おんぶの悲劇

こんにちはー!2歳と0歳(6か月)の兄弟を育児しております、すみちゃんです!



次男は今日も頑張って首を鍛えております。

 

かなり暑い日が続いておりますが、皆様どうお過ごしでしょうか?

こう暑いと公園でも遊べず、水遊びをしようにも次男をずっと背負っているとめちゃめちゃ暑いので室内にこもりがちになっております…((+_+))殺人級の暑さ。皆様お気をつけくださいませ。

そんなこんなで室内ばかりにいると、体力を持て余すのが2歳の長男。

いつもは頑張って遊ばせて2時にお昼寝→2時間睡眠なのですが、昨日は全然寝ない。午前中ずーっと支援センターで走り回っていたのにも関わらず、寝ない!!どうして!!!

3時になって、ようやく添い寝でおねんね出来た長男。

急いで夕飯の支度やぁぁ!!

と息巻いていると、今度は次男の授乳時間。オムツを変えて、おんぶをして、少し料理をしたその時、長男が何とも悲しそうな泣き声で泣き始めてしまったぁぁ

お昼寝してものの1時間強。

今日のお昼寝は短い…

まだ眠そうやし、添い寝をしてみるも寝付けず。

しばらく寝かしつけようと頑張ってみたものの、とにかくご機嫌がナナメでふえぇぇんなんつって泣いている。

もう全然寝ないのであきらめてアイスでも食べるか。と、食べさせるとご機嫌が治った様子の長男。でもなんとなく大人しい。

あれか。半分まだ眠いんか。そうか。

しばらくたって、オムツを変えようとしたその時、長男の体が熱い…

さっきまでは平熱だったのに、結構熱い。熱中症だと困るので、お茶でも飲ませようとするものの拒否。

そうこうしているうちにどんどん体は熱くなっていく。

お熱を測ると38.5℃。お熱ですやーーーーん。

時計を見ると、5時。

しかし、うちの近所には頼もしいお医者さんがいるのです。

おじいちゃん先生やのに、一人で朝7時から外来診察をし、病棟を持っているので入院患者も診て、往診まで行って、なんなら電話一本で24時間診察してくれるというスーパーおじいちゃん。いや、スーパー先生。

車で30分の距離に総合病院があるにも関わらず、離島に1件しかない診療所のような診療システムのこの診療所。一般診療時間は5時半までや。まだ間に合う!!!

保険証やら財布やら受給者証やら必要な物だけ掴んで車に乗り込み、診療所へ。

回転が速いこの病院で、案の定着いた途端に中待合に通され、中待合の椅子に座ろうとした瞬間に診察室から声を掛けられ、診察室の中へ。

めっちゃ早口なおじいちゃん先生に、「今日はどうされましたかー」と聞かれ、

急な発熱、咳や鼻水はないことを伝えると、先生はクルっとこっちを向いて、長男の手のひらを見だしました。

「ある!あるあるあるある!!」

いきなり「あるある」言い出す先生。

喉を見て、またもや「ある!あるあるあるある!!」

あるある言う先生。

長男はすごい勢いで泣いているし、先生はすごい勢いであるある言っているし、どういう状況----!!

 

 

先生はその後カルテを書いている…一体なにがあったのかそろそろ教えてほしい…

と思っていると、先生がこっちをクルっと見て説明しだした。

「手と喉に湿疹ができています。湿疹の位置からしても、手足口病でしょう。毎年夏に流行る感染症です。特効薬はないので薬は出しません。自宅で安静にしてください。熱は2-3日で下がると思います。もし水分が取れなくなったらまた来てください。」

あるある言っていたのは、湿疹のことでしたーーー(*‘∀‘)ナットク。

 

しかし一つ重大なことに気づいてしまったのです。

それは…

私、明日楽しみにしていた予定があーるーーーーーー!!!

 

結婚してこの地域に引っ越してきた私。
そんな私の、数少ない職場以外の友達が、次男と同級生を出産しました。
そう。つまり、育休中!!
それを良いことに、かっぱ寿司の食べ放題を計画した私たち。もうかれこれ1か月も前から予約し、ずっと楽しみにしておりました('ω')ノ

それなのに…それなのに…

長男がこのタイミングで手足口病(-"-)

このタイミング、子育てでよくあるやつやーーん!!

旅行の前日に風邪ひくみたいなそういうやつやーーん!!

仕方がないからもちろんキャンセル。低調に謝って後日再チャレンジすべく予約し直しました。

 

熱はあるけど元気な長男。そんなに心配していなかったのですが、問題はこの後。

そう。

喉が痛くて食べられない状況ーーー((+_+))

元気だし、お腹は減るけど飲み込むと痛い。

食べたい。口に入れる。痛い。飲み込めない。泣く。吐き出す。(; ・`д・´)

どうすんのよこれ!!

と思っていると、救世主の夫がウィダーインゼリーを買って帰宅!!!

ゼリー状のものならなんとか食べられるらしく、無事一つ完食してくれました。

それから2日、彼はほぼウィダーインゼリーを主食として生活しております。

水分もとれるのでありがたい。この食べ物がなければ彼は今頃泣きながら点滴をしていたでしょう。ありがとう。文明。

 

 

 

 

 

こんにちはー!2歳と0歳(6か月)の兄弟を育児しております、すみちゃんです!



初めましての方はこちらへ→家族紹介

 

2人目ともなれば、離乳食は一度通った道でもあるし、その上適当になってくるもの。

次男は離乳食を初めてまだ2~3週間ですが、良く食べてくれる方だと思うので特に悩んでいることもない…

そんな時、市町村の栄養士さんから電話が。

「先月の離乳食実習に来られていませんでしたが…」

と言われてしまいました。

そう。私、

 

離乳食実習サボりましてーん( ゚Д゚)

 

いや、意図してサボったわけではない。4か月健診の時に、「離乳食実習がこの日にありますけど、2人目だしいいですかね?分からないことがあれば参加してください。」と言われた気がしていたの。

だから実習の日にちもノーマーク。

でも後日、支援センターで会ったママさんに、

「上の子連れて離乳食実習大変じゃなかった?」

と言われて、

「行ってませーん(*‘∀‘)」

「え!私、2人目でも必ず参加してくださいって言われたよ!」

「え!」

ってなって、でも面倒だから放置しておいたの←おい

そしたら遂に栄養士さんからの電話…来てしまったー!!!

「先月の離乳食実習に来られていませんでしたが、明日の実習に参加されますか?」

特に現在離乳食に困っていないことを伝えて、上の子もいて大変だろうから、参加したくないなーーーなーんて、やんわーりお断りをしました。

が、栄養士さんからの反撃。

「離乳食実習の時にはついでにお母さんの尿検査もしているんですよ。お母さん、妊娠中に尿たんぱく尿糖も出てますから、検査した方がいいと思います。」

がびーーーーん(; ・`д・´)

はいぃぃぃぃぃぃ、もう行くしかなーいーーーーーーー

その上、「明日は偶然キャンセルが相次いで、もう一組しかいらっしゃらないので、上のお兄ちゃんがいてもそんなに迷惑になりませんよ!」

なぁんていう後押しの一言もいただいて、しぶしぶ行くことに…

 

朝9時半っていう、微妙に早い時間に指定された場所へ。

尿検査は異常なしでよかったですが、トイレが一か所詰まってました。←関係ない

それから2組で離乳食実習スタート。

もう一組は、11か月の女の子でした。二人とも子どもをおんぶし、長男にはエプロンをお借りしてお手伝い。



長男のエプロン姿。こんなん!めっちゃめちゃ可愛い!!可愛すぎて悶絶!三角巾は嫌がってすぐに外したがったのですが、写真の間だけやからお願い!!って懇願して写真を撮らせてもらいました。可愛すぎる!小っちゃいエプロン可愛すぎる!!悶絶!もうこれだけでも今日来てよかったかもしれん。

それは置いておいて。

メニューは、

ごはん

味噌汁(高野豆腐・キャベツ・にんじん)

とうもろこし

ピーマンの和え物

ほうれん草の胡麻和え

ポテト

 

なんだかタンパク質が味噌汁の具しかないけどいいんかな?対象が5か月の子の離乳食実習のはずなので、こんなもんなのかもしれません。今日はイレギュラーなメンバー。

長男には、トウモロコシの皮むきやら、和え物をまぜまぜしてもらったり、ジャガイモを型抜きしてもらったり。全然作業がすすみませんけれども。そんなこんなでほぼ足手まとい状態の私たち親子の横で、さささっと栄養士さんともう一人のお母さんがお料理してくれて←おい

気付いたら茹でた状態のじゃがいも・キャベツ・にんじんとお出汁がスタンバイ。

それをすり鉢ですりすりすりすりすりすりすりすりすりすり

すりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすり

 

たーーーーーーいへん!!

私、自宅ではハンドブレンダーでブインブインやって、ものの30秒で離乳食完成やのにこのすりすりすりすりめーーっちゃ大変!

世の中のお母さんたち、子育てで時間ないなか本当にこんなことしてんのかねぇ!?

長男も飽きてきてどっか走って行っちゃうしでもうぐったり。

お粥もスリスリして、なんとか完成。

11時15分、作ったものを試食開始。

午前中のおやつ無しの長男、食べる食べるめっちゃ食べる私の分のトウモロコシも奪って食べる。

ピーマンはちゃんと食べてくれる長男ですが、ほうれん草は作っている途中のつまみ食いのみでお食事中は食べてくれませんでしたが…

でもほうれん草以外は完食!!

途中でお茶を欲しがることもなく、ちゃんと食べきれました('ω')ノ

未だスプーンもろくに使わないし、口に頬張って貯めこみがちな上に食べてる途中に指吸をする長男ですが、ちゃんとかじり取れてるし、噛めて飲み込めてるし、大丈夫。と栄養士さんから太鼓判をいただいて一安心。

なんか、食事中お茶出さないほうがいいらしいよ。お茶は食後。その方が唾液が出る子になるらしい。

私めっちゃお茶上げてたけどね。口にため込んでなかなか飲み込まない時なんか、お茶で流し込むようにして飲み込ませてたけどね。それ、やったらイカンやつやっただなんてね。

 

肝心な次男は、あまりお腹がすいていないようであまり食べず…

家では結構な量(大匙2くらい)を余裕で食べきっているのに、今日はあまり食べてくれませんでした…6か月だから、少しずつ食べることに慣れる段階だから、量は気にしなくて大丈夫。と言われて終了~~~。

お土産にオムツのサンプルをもらって帰りました。

次男のための離乳食実習だったのに、結局長男の相談みたいな感じでしたが、まぁ思ったほどは大変じゃなかったし、長男のエプロン可愛かったし、長男の相談も出来たので良かったです。

 

 

 

 

 

 

こんにちはー!2歳と0歳(6か月)の兄弟を育児しております、すみちゃんです!



初めましての方はこちらへ→家族紹介

 

いつも行っている支援センターでの出来事。

お昼過ぎのすいている時間帯、長男と同い年の2歳の女の子二人と我が家が遊んでいました。

一緒に走り回ったり、次男を可愛がってくれたりと仲良く遊んでいたのですが、

女の子二人が遊んでいたおままごとセットのことが気になった長男。

綺麗にお皿にお料理を盛って並べていたのを全て破壊((+_+))

「だめーーー!」と怒る女の子二人。

「お友達が遊んでいるの、壊したら悲しいからだめだよ。」となだめて謝らせました。

しかし長男はこの一件で女の子二人を敵に回すことに。女を敵に回すと怖いっていうか厄介。

一緒に遊びたい長男が少しでも二人に近づこうもんなら、「だめー!」と一掃。

しかも、この二人、長男のおかげで(?)結託し、急に仲良くなって更に厄介。

ここでは、「さっきのツケが回ってきたね~」なんて言いながら笑って見ていました。

女の子二人が絵本コーナーに行って遊び始めたので、長男も絵本コーナーで自分の大好きな電車の本を読み始めました。

大好きなサンライズエクスプレスを見つけた長男。

「スー!!スー!!」(←サンライズエクスプレスのことです)と女の子二人に話しかけたところ、

「うるさーーーい!」

と2人に怒鳴られてしまいました。

だんだんとこの辺りから私もイライラ。話しかけるくらいいいやんけ。うるさいのはオマイラの「うるさい」っていう声や。と思っていました。

それでもめげない長男。

「しっしゃー!しっしゃー!」(電車のことです)と女の子二人に話しかけると、

女1「うるさーい!」

女2「うるさーい!」

女1「ばかー!」

女2「ばかー!」

そういわれて長男は何故怒られているのか分からずキョトンとしていましたが、はっきり言って私は悲しくてしょうがない。悲しさ通り越してイライラしてくる始末。

馬鹿って何?誰に言ってんの?私の大事な息子に言ってんの?

二人で結託して、数で有利だったら何してもいいみたいなそんな態度が気に入らない。自分たちが偉いとでも思ってんのか?

心中はそう思いながらも、「そんなこと言われたら悲しいよね。悲しいって言いな?」と長男に話しかける形で介入。

私、大人の対応出来るから。

女の子2人の保護者も、「そんなこと言っちゃだめ。」と言ってくれたものの、女1は知らん顔。女2は「私いい子になるー!」とちょっと理解した様子。

でもハッキリ言って納得いかない。長男は女の子のオモチャぐちゃぐちゃにしたときに謝ったのに、女2人は結局謝らず。なんなん。

私の大事な大事な息子が、よその子に邪魔者扱いされて「馬鹿」とまで言われて…

こんな程度でこんなに悲しいんだから、もし学校とか行ってイジメの被害とかにあって鬱とかになったりしたら、私、学校に乗り込んで暴れまわるやばい親になりそうや。イジメた子ぉらの進学先すべて潰して、その子らの将来を壊してもまだなお怒りが収まらない状況に陥ってしまうかもしれんわ。

まあそれは良いとして、

逆に、自分の子には、絶対に他の子を傷つけるような言動を許さないようにしようと硬く誓ったのでした。

①命に危険があること

②人にケガをさせる可能性があること

③人を傷つける言動

の3つにおいてはこんこんと叱ってもいいと思っているので。「馬鹿」とか「死ね」とか、そんな言葉は絶対に許しません。

特にわが子が「死ね」なんて言葉を言った日にゃぁ、首根っこ捕まえて床にビターンやって土下座させる勢いで怒ろうと思います。悪いもんは悪い。傷つけたら謝る。

子どもは無邪気だからこそ、悪気無く言うのかもしれないけれど、言われた方が傷つくのは悪気があろうがなかろうが同じこと。悪いことは悪いと教えてあげなきゃいかん。

 

 

 

 

 

こんにちはー!2歳と0歳(6か月)の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

初めましての方はこちらへどうぞ→家族紹介



相変わらず指吸いの長男。

 

長雨も終わり、やっと晴れた!!と思ったら、今度は一気に気温が上昇~しかもまだ湿度が高いから体感温度が高め!!暑い!!!!

となれば、水遊び(*‘∀‘)

 

我が家は近くの公園に水遊びが出来る場所があるので、長男を水遊びに連れて行きました(#^^#)

3人ともしっかり日焼け止めを塗りたぐる。タオル・着替えと飲み物のみを持って身軽に。次男は帽子をかぶせてエルゴでおんぶ。日よけのカバーをつけて。

余談ですが、次男が6か月になってエルゴでおんぶが出来るようになったので、家事も大分はかどる様になりましたー!!やはり日本人はおんぶ。おんぶ最高~

(オススメ抱っこ紐はこちら→買ってよかった抱っこ紐

 

さあ準備万端で公園へ。

冬はびっくりするくらい人がいないこの公園ですが、春・夏は結構人がいる!

水遊びをした日も何組かすでに水に入ってはしゃいで遊んでいました。

「今日はサンダルを履いてきたからお水にそのまま入っていいよ!皆水に入って遊んでるよー!!ほら~冷たくて気持ちいい~」

私もサンダルだったので早速水に入るも、見ているだけで全然入らない長男。

この子、こういうとこありますのん。温室育ちさん。

「じゃーじゃーじゃー!じゃーじゃーじゃー!!」

って言っているだけで全然水に入ろうとしない長男を、そーれー!!と言って強制的にお水にドボン。

さー、遊ぶぞ!!と思ったら、長男速攻でエスケープ!!!!すぐ水から上がりよった!!!

「くっくー!くっくーーー!!!!」

どうやら、サンダルのまま入るのがお気に召さないらしい。

せっかくサンダルで来たのに、結局脱がせるとやっと水に入ってくれました。

そこからは夢中!

小さい段差を流れていく水を触ったり、その段差を上り下りしてみたり

壁に張り付いているカエルを水に落として泳がせる→カエルが壁にたどり着く→水に落とす→エンドレスカエル遊び。

カエルも大変やな!!ありがとうよ。元気で暮らせ~

 

バシャバシャと下っていき、水に最終地点・排水溝へとたどり着いた長男。



なんやここ。

渦が出来てて、葉っぱがどんどん吸い込まれていく!!



葉っぱ流してみよ~



おぉ~吸い込まれて行った!!





葉っぱを拾って



持ってきて



行けぇぇぇ~



もうずーーーーーっとこの遊び。

この、何が面白いかよくわからないことに夢中になる子育てあるある。

はじめは傍で見てたんだけど、ずーーーーーっとこれやってるから、長男が見える木陰で涼んでました。

付き合ってるこっちもめっちゃ暑いのよ。

 

1時間くらいしっかり水で遊んだ長男。上がってきたので着替えてお茶を飲んで帰ることに。

帰り道。おじさんが、「おい、赤ちゃん、反り返っとるぞー。なんかかわいそうなくらいやぞー」と。

え~?次男は私の背中。確かになんか首がプラプラしてるような気がする~

道端のおうちの窓に映る自分たちの姿を確認してみると、

次男めーーーーっちゃ上向いてるー!!!

ひぃぃえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!

いつから!?遊んでる途中で顔をうずめて寝たな~と思ってはいたけど、いつからこのお顔パッカーン状態になった!?!?

直射日光!!

顔面もろ浴びーーーーーー!!!!

しかも全然動かない。もしかしてぐったりしてる!?

全然泣かなかったけど、この炎天下のお日様の下、ずーっと抱っこ紐に包まれて暑くて熱中症!?

急いで近くの公共施設の建物に入って次男を下ろす。

大丈夫?大丈夫?大丈夫?大丈夫?

うぅぅぅん、と唸って、もぞもぞして起きた次男。何?みたいな顔してる。

爆睡してただけでしたーーーーー( ゚Д゚)

しっかし直射日光をモロに浴びて暑い中寝ていた次男。顔が真っ赤すぎる。カンカン照りの運動会・日焼け止め全く塗っていない小学生午後2時半みたいな顔してる。

えーーーーん美白が売りのうちの子がぁぁぁぁぁぁ( ;∀;)

家に帰ってタオルで包んだ保冷剤で冷やしたらかなり赤みが引きました。日焼けっていうより、暑かったのが大きかったらしい。日焼けどめ塗りまくっててよかったーーー。

おんぶ楽やけど、炎天下お外で長時間遊ぶ時は抱っこにしようかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちはー!2歳と0歳(6か月)の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

初めましての方はこちらへ→家族紹介



全国的に大雨でもうかれこれ1週間近く降り続いていますね( ;∀;)

中国地方や四国地方では災害も発生しておりますが、皆様の地域は大丈夫でしょうか?

我々が住む長野県も例にもれず大雨です((+_+)) 近くの地域に避難準備勧告が出たり、高速道路が通行止めになったり、電車が運休になったりと影響が出ております。

 

そして、我が子にも影響が…

そう。お外で遊べない(*_*;

 

森の幼稚園なんかだと雨でも構わずお外で遊んでいますが、赤子を背負って外遊びって私にはまだハードルが高くて無理!!しかも風が強くて土砂降り!!無理!!!!

車に乗り降りするとき以外、一日中室内。

もういっそ、車の乗り降りすらしたくない!!だけど、1週間元気な2歳児を自宅に閉じ込めておくなんて無理無理無理無理破壊される!!

から、仕方なく支援センターへ。

とはいえ、支援センターへ行っても結局室内。限られた空間。

元気盛りの2歳児が1週間ずーーーーっと室内にいるとなると、何が起きるかというと、

お互いストレスがたまる((+_+))

 

私も長男もストレスフル!!!!

支援センターに連れて行くも、走り回りたい長男。

でも雨のためみんな考えることは一緒で支援センター激込み。

ハイハイをしている小さい赤ちゃんもたくさん。

そんな中、前を見て走らない2歳児が走り回るのは危険極まりない案件。

「赤ちゃんがいてぶつかると危ないから走らないで。」

「ねぇ、危ないから走らない!」

「走らないでーーー!」

「危ない!走らない!!」

もうこれ何度言ったことか。下の子を赤ちゃんコーナーに寝かせて長男を追いかけ、捕獲して拘束。泣いている次男。

私も長男もストレスフル!!!!

 

ボールプールのボールを、ぽいぽいプールの外へ投げる長男。

「お友達に当たらないようにしてね!」

「ボールを出したから今度は拾おう!」

「ボールのお片付け、よーいどん!」

「おーい、今度はボールを拾うよ~」

「お片付けしよー!!」

「ねー、ボール拾ってーー」

「拾ってってば!」

結局私と他のお友達、他のママさんたちが全てボールを拾い集める…

「ごめんねー、拾ってくれてありがとう!」

 

なんなん。これ。

まだ2歳やからボールを片付けられなくても仕方ないっていうのは分かってはいるんだけど、なんせこちらはすでにストレスフル。

なんで拾ってくれないの。拾わないんだったら投げないで!

そんな感情がふつふつふつふつふつふつふつふつ湧き上がってきて仕方がない(-"-)

ブツブツ言われ続ける長男もいやだろうよ。

聞いてればの話だけど。

多分聞いてないわ。

 

可愛くないわけじゃない。とってもかわいい。かわいくて大好きなんだーーけーーどーー、

ちょっとイライラしちゃうって話。

不妊治療してまで子どもほしいーーほしいーーって言ってたのにこの有様。

喉元過ぎれば熱さを忘れるとはこのことか。

人間の忘れる能力は絶大だね。

 

今や平和なのは長男が寝ている間だけ。

とはいえ、最近次男がうまいことお昼寝してくれなくって困っています。

長男が寝ている間に次男をエルゴでおんぶして家事。

しばらくおんぶしていると次男が寝てくれるので、降ろそうとすると99パーセントの確立で覚醒。結果、長男がお昼寝中の2時間、ほぼずっと次男をおんぶ…肩も腰もバッキバキ。

妊娠後の体のゆがみも相まって、どんどん体が硬くなっていく。

こうして人間は老けていくのです。

ビーアンビシャスジャパン(は?)

 

昨日は七夕だったので、自宅では出来なかった七夕飾り。支援センターってありがたい。



 



皆さんのお子さんは、毎日快便ですか!?(どういう質問)

今日は、赤ちゃんに行う浣腸、綿棒浣腸について記載いたします。

うちの子は毎日出てるから大丈夫~なんて言っているそこのあなた!!!実は、赤ちゃんのうんちは毎日出ていても便秘だった!!ということがあるのです。

オムツを開けるたびに少量ずつウンチが付いている場合、一度にすべてのウンチを出し切れていないということなので、それも便秘の一種なんだそう。

皆さんのお子さんも、気付いていないだけで便秘かもしれません。便秘の見分け方から綿棒浣腸の方法まで記載しますので、是非チェックしてみてください。

赤ちゃんの便秘の見分け方


お腹が硬くなっている


まず、あかちゃんのお腹の状態を観察してみてください。

ミルクや母乳を飲みたての赤ちゃんのお腹はポンと膨れて張り、硬くなっているので、飲んでから2時間ほど時間がたった赤ちゃんのお腹を観察します。

通常のあかちゃんのお腹は柔らかく、下腹部に軽くシワが入っている状態です。

軽く押したときに、柔らかいと感じる状態でしょうか?

ポンと張って硬く感じるのであれば、便秘の可能性があります。

 

赤ちゃんが頻繁に唸っている、表情が苦しそう


お腹にウンチが溜まっていると、ウンチを出そうと赤ちゃんは力みます。

でも、まだお腹の筋肉が未発達のため、うまく力が入らず出せない。でも出したい。赤ちゃんは何とかしてウンチを出そうとして頑張ります。

う゛ーーーーーーー、うーーーーーん

赤ちゃんが唸るのは、多くの場合お腹が張って力んでいる状態です。

うちの子よく唸るけど、どこか具合が悪いのかしら??と思ったら、便秘を疑って綿棒浣腸をしてみてください。

 

理由も分からずひどく泣く


赤ちゃんは泣くものです。良く分からないけどすごく泣いている。なかなか寝てくれない。なんてこともそりゃーありますよね。

しかし、理由の一つとしてお腹が張っていてくるしくて泣いている場合があります。

うちの次男も、夜寝かしつけの時に泣いて仕方がないときは綿棒浣腸をしていました。ウンチがたくさん出るとすっきりしてすーっと寝てくれることが多々ありました。

 

ウンチが出る頻度が減ったり、出る量が減る


ウンチの頻度、回数は個人差が大きいものですが、毎日出ていたウンチが3日間出なかったらそれはもうその子にとって立派な便秘です。

また、出る回数は変わらないけれど、少しずつしか出ない、という場合も便秘と言えます。

特に、離乳食が始まった後は便の回数が変化しやすいので注意して観察しておく必要があります。

 

母乳やミルクの飲みが悪い


ウンチがお腹に溜まってお腹が張っていると、苦しくなり母乳やミルクの飲みが悪くなります。

ウンチを出してあげることで、お腹の張りが解消し、飲みが良くなる場合があります。

しかしこの場合、他の病気も疑われるので、あまりに食欲がない場合は病院の受診も検討しましょう。

 

ウンチの時痛そうにする、コロコロウンチが出る


母乳やミルクのみの赤ちゃんのウンチは水っぽいものですが、離乳食を食べ始めるようになると、だんだんと大人と同じようなウンチに変わっていきます。

便秘の場合、直腸にウンチが溜まって広がります。そうすると、大きく硬いウンチとなるため、排便時に痛みが伴うことがあります。

また、便秘のため腸にとどまっている時間が長いと、水分が少ないコロコロとしたウンチになります。

 

クセにならないのか心配


毎日毎日綿棒浣腸でウンチを出していると、綿棒浣腸をしないとウンチが出ない体質になってしまうのではないかと心配になりますよね。

綿棒浣腸をしている人は1度は抱いたことのあるこの不安。

結論から言うと、

 

心配ありません。

 

むしろ、綿棒浣腸をすることによって、成長とともに自然に排便出来る体質になると言ってもいいくらいなのです。

便秘とは、肛門に繋がっている直腸という部分にウンチが溜まっている状態です。

長い間ウンチが直腸に溜まっていると、直腸が膨れ上がり、広がった状態となります。

それが長い時間続くと、どんどん直腸が広がってしまい、余計にウンチを貯めこみやすくなります。その結果、便秘が解消しづらくなってしまうのです。

赤ちゃんはまだお腹の筋肉が未発達のため、ウンチを外に押し出す力が弱いので便秘になりやすいと言えます。

しかし、成長に伴い、お腹の筋肉が強くなってきます。

その時に、ウンチを貯めこみやすい状態を改善しておくことで、自然に排便出来る体質になるのです。

健全な直腸を維持し、便秘体質を改善する。それが綿棒浣腸です。

綿棒浣腸って、なんだか赤ちゃんが可愛そう。と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ウンチを出すことは、赤ちゃんにとっても気持ちのいいこと。過剰に恐れる必要はありません。

 

綿棒浣腸の方法


準備するもの


綿棒


子ども用の細い綿棒では、浣腸中に折れてしまうことがあるので、大人用の綿棒を用意します。

オイルやワセリンなどの潤滑剤


オリーブオイル・ホホバオイル・ベビーオイルなどのオイルを綿棒に付け、滑りが良くなるように使用します。

私個人としてのオススメはワセリン。(オイルちゃうやんけー!!)

オイルよりも粘り気があるので、垂れずにしっかり綿棒に付けることが出来ます。

また、滑りが良く、スルンと入るので赤ちゃんのお尻に優しい感じ。

使い捨てビニール手袋


綿棒でお尻をマッサージしている間ウンチが飛び出てくるので、手にウンチが付くのがイヤ!という方は使い捨てビニール袋を使用してください。

とかいう私、離乳食前のあのヨーグルト臭のウンチはあんまり汚いと思わなかったので、手袋なしで浣腸していました。その時そっと夫に手袋を差し出され…(夫は綺麗好きです)半強制的に手袋をはめることになりました…

別に汚いと思わない方は手袋なしでどうぞ。

変えのオムツやお尻ふき・おむつ替シート


通常のおむつ替えのグッズですね。

ウンチが勢いよく飛び出てくることがあるので、(特にまだ水っぽいウンチの時はよく飛びます)おむつ替えシートやバスタオルなど敷いておいて、ウンチが飛んでも良い状態にしておきましょう。

 

いよいよ実践!


ウンチで汚れても良いようにおむつ替えシートやバスタオルを準備したうえに通常のオムツ変えのように寝かせ、お尻を露出します。

お尻側にいるとウンチが飛んでくるので、自分は赤ちゃんの横に陣取りましょう。右利きの人は、右側に赤ちゃんのお尻が来るよう、赤ちゃんの右側に陣取ります。

綿棒の先(頭の部分)に潤滑剤をつけ、

赤ちゃんの足を固定してお尻をプリーン↓



そう。オムツ変えをする時のこの姿勢。しっかり足を固定します。右利きの方は左手で赤ちゃんの足をホールド、右手で綿棒を持ちます。

そーーーっと綿棒をお尻の穴に入れます。

1.5㎝くらい。綿棒の頭部分くらいが入る程度でおっけいです。

綿棒が入ったら、綿棒で〇を書くように動かしていきます。

ちょこーっとコチョコチョする程度では効果ありません。

お尻を締めている筋肉(お尻の壁)をマッサージするようなイメージ。ゆっくり丸を書きます。締まっているお尻をマッサージで緩めてあげることで、直腸に溜まっているウンチを外に出してあげるのです。

水っぽいウンチは飛び出してくるし、離乳食が進んでいる赤ちゃんの硬いウンチはニューーーンっと出てきます。

10回くらい丸くマッサージしたらおしまい。

綺麗に拭いて、新しいオムツを装着したら完了です。

 

まとめ


綿棒浣腸は、赤ちゃんの健康を維持する1つの方法です。

クセになるとか赤ちゃんが可愛そうとか心配する必要は一切ありません。

私は今6か月の次男に1日に1回綿棒浣腸を実施していますが、

次男が臍ヘルニアの治療中には腹圧が低い状態を保っておく必要があったため、1日に5回くらい綿棒浣腸をするように担当医より指導されました。

綿棒浣腸は1日に何回も実施してよいものだそうです。

綿棒浣腸に加えて、お腹を「の」の字を書くように軽く押してマッサージすると更に効果が高まります。

うちの赤ちゃんは夜泣きがひどい…という方もいらっしゃると思いますが、お腹が張っていることが夜泣きの原因である場合があります。

赤ちゃんの便秘を解消してあげることで夜泣きの解消にもつながるかもしれません。是非試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちはー!2歳と0歳(5か月)の兄弟を育児しております、すみちゃんです!



5か月の次男ですが、めきめきと成長しています。

足のお肉もコリンコリンになっているし、動きもどんどん激しさを増しております(*‘∀‘)



今日も元気に首を鍛えております。

助産師さんからの勧めで、毎日出来るだけうつ伏せを実施していたら、さすが次男。その状態でほっとかれて、自分でどうにかするしかなくなり、無事、寝返りがえり(うつぶせ→仰向けの寝返り)を5か月前半にて達成いたしましたー!!(#^^#)

そして先日、またうつ伏せの状態で放っておかれた次男。なんとかおもちゃを取りたい!取りたいけど届かない!!

うんぬぬぬぬ~と頑張って、無事、ピポットターン(うつ伏せのままその場で方向転換)を達成いたしましたー!!!

長男の時は、「これが欲しいの~?」なんて言っていつも取ってもらっていたオモチャ。

そんな温室でぬくぬくと育った長男がピポットターンをしたのは7か月かそこらだったと思います…寝返りをしたのは同じ4か月だったのに!!!

1人目と2人目じゃあ扱いが大違い( ゚Д゚)

おかげで次男、ハングリー精神が養われております。

安全さえ確保されていれば、いくらか放置することも成長には大事なようです。

 

そんな温室育ちの長男。2歳になってもう3か月以上たちましたが、なかなか言葉が増えませんーーー( 一一)

よく、2歳になった途端しゃべりだしたよ!

とか、

2歳を過ぎると言葉が爆発する時期が来るよ!

とか、

言われて慰められてきた1歳後半…

うちの子、2歳になったところで、別に大差ないんですけどーーー( ;∀;)

一時期、「お?これが言葉の爆発か??」と思った時期もありました。

1日1語ずつ増えた時期。

「ハト」

「カゴ」

「イオン」

「いし」

「どこ」

「どーぞ」

「あんよ」

「かお」

このまま増え続けるのかー!?そしておしゃべり上手になるのかーーー!!??

と思ったら、

一気に減速((+_+))

言葉の爆発、不発( ;∀;)

相変わらず、語尾1文字はしゃべりますが、全然あかーーーーん( ;∀;)

みどりは「い」

きいろは「お」

ありがとうは「とー」

こんにちは は「わー」

おやすみ は「みー」

ショベルカーは「かー」

トーマスは「しゅー」

アンパンマンは「まん」

バイキンマンも「まん」

電車は 「しっしゃー」(これは語尾ではない)

でも、これでも状況判断で私が理解出来てしまうがために、本人は「伝わらなくてもどかしい!」って感覚がないのだと思われる。

これぞ、温室育ち!!!!

 

今日、支援センターでプール開きだったので行ったついでに、保育士さんに言ってみたんです。そうしたら、

「私が昔みた子で、3歳までしゃべらなかった子がいたよ~。なかなか言いたいことが言えなくて、もどかしくて癇癪起こしたりしてたけど、3歳過ぎたら急にしゃべり始めて、その後の成長はほかの子と変わらなかったみたい。言葉って、本当に個人差が大きいからね。こっちの言っていることが分かっているようなら大丈夫じゃないかな。」

3歳---!!もし長男もその子パターンだった場合、うちの子3月うまれやから、3歳迎えた途端に入園とか、なんかもう大変そうーーー( ;∀;)

なんていうか、心配っていうほど心配もしていないんですけど、健診でも問題なしって言われたし。でもさ、なんていうか、3月生まれやん?そもそもがハンデ背負っているような状況やん?だからさ、なんていうかさ、大変そうだな。って思っちゃうんですよね。

 

でもねぇ、うちの子、癇癪もないんですよ。

なんていうか。伝えたい!!っていう熱い情熱が一切ないみたいな。

もっと情熱的に生きようぜ!!!!

温室育ちも大概やで!!

 

 

 

 

 

こんにちはー!2歳と0歳(5か月)の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

最近急激に長男の昼寝が楽!!

前はなかなか昼寝しなかった長男。

添い寝で頑張って、それでも寝なければエルゴでおんぶして強制ねんねの刑を執行していました。

でも最近、急に昼寝の寝かしつけが楽!!!

1時半を過ぎたころ、「そろそろおねんねしな~」と言ってお昼寝布団を敷くと、自らそこに寝ころび、胸のあたりを右手でトントン。そう。セルフトントン。

私はそれを横目に夕ご飯を作ったり、次男を寝かしつけにかかったり…

しばらくして長男の方を見ると…

 

ねーてーるううううううぅぅぅひゃっほーーい!

楽や。

まぁそれまで午前中は力いっぱい遊ばせてはいますけどもね。

 

昨日はセルフねんねした後、1時間過ぎたくらいで起きてしまい、このまま起きるのかな~~と思ったら、私の横にきて寝始めた。



この姿勢で。

逆子体操を頑張りながら1時間ほど寝ました。

顔面にはくっきりとジョイントマットの跡がついていました。

 

でも夜間の寝かしつけは相変わらず。

次男を右側に寝かし、次男の頭の上に腕を置く。上へ上へずれていく次男を右手でブロック。

左側には長男。

長男は腕枕とかしなくても寝るんだけど、私にぴったりくっついていないと寝ない。

私がちょっとでもトイレに行こうもんなら泣いて付いてくる。

夜の寝かしつけの時だけは夫ではダメ。私しかダメ。

かわいいやつめ。

そして、私は両側の息子たちに挟まれて90パーセントの確立で寝落ち…

夜の時間。皆無。

朝も5時過ぎには次男が起きて授乳し、6時過ぎには長男が起きるため、朝の大人のみの時間。皆無。

そう。24時間子ども2人と行動を共にしております。

これもいつか思い出になるのかなぁぁぁ

なんかそんな歌あった気がする。