すくすくらいだー

2歳差の男の子育児に奮闘するも「なんで~」「どういうことー!?」が口癖になりそうなひっちゃかめっちゃかな日々の記録。長男は自閉症スペクトラムながらも非常に幸せそうに生活中。

こんにちはー!

5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!!



先に言っておきますが、

うちの兄弟は仲がいい。(自慢)

IMG_3036
オーちゃんがイーちゃんをなぐさめていた話はこちら




いっつも2人でコロコロ遊ぶ。


オーちゃんはイーちゃんが大好きだし、イーちゃんもオーちゃんが大好き。




年少のイーちゃんは、保育園にいる間もオーちゃんに会いたくて会いたくて、


一日に何度も



IMG_3062


年長のクラスに遊びに行っているらしい。



そして、オーちゃんはオーちゃんでイーちゃんを見つけると、


IMG_3063



めっちゃ必死にイーちゃんをアピール!!!!!!



だから、年長のお友達もみんな、


イーちゃんを見かけると「あ、イーちゃんだ」って言う。(なにそれ)


IMG_3064





園庭で遊ぶ時間も、毎回いつの間にか



IMG_3066




2人は一緒。



私が保育園へお迎えに行き、晴れていれば少し園庭で遊んでから帰るのですが、


もちろんその時も2人はいつも一緒。



そんな2人で夕方園庭で遊んでいる時に、オカンは目撃してしまったんだ。


2人が、



IMG_3065




と愛情を伝えあっている姿を!!!!!



IMG_3067


鼻血ブーすぎるやろ———!!!!!!!!!!



兄弟仲よ、永遠なれ。



ランキングに参加しています。ポチっとしてもらえるとやる気がみなぎります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちはー!!!

5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!!


先日金曜ロードショーでタイタニックが放送されましたね!!


我が家では録画して観ました!!!!!


私が小学生の頃に上映された映画。当時は涙が一筋流れた程度だったのですが、


大人になってから見るタイタニック、



IMG_3069



やーべー。

めっちゃ感動するやん!!

子どもの頃に見たときとは比にならない大きな感動!!!!



映画の終盤。

大勢の人が海に投げ出され、凍えながらボートが戻ってくるのを待っているシーン。

オカンは涙をこらえながら見ていました。



そんなオカンに、うちの吃音丸出し3歳児のイーちゃんが



IMG_3070



「ねぇ、ま—————まが死んだらイ——————ちゃんが助けてあげる!」


なぁんて健気なこと言ってくれるもんだから


オカンの涙腺崩壊!!!!!


IMG_3068




3歳児抱えて大号泣しました。


はーー、イーちゃんは優しい子に育っております。



ランキングに参加しています。ポチっとしてもらえるとやる気がみなぎります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちはー!
5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!!


今年のGWはまだまだコロナ過真っ最中。


どこへ観光に行くでもなく、我々が行く場所はただ一つ。


それは、


IMG_3053



県内のじいじ・ばあばの家!!!!!!!




FullSizeRender


歳の差90歳のカワイイ2人♡♡



このじいじ・ばあばの家がさぁ~~、


いい感じの田舎っぷり。



いや、バカにしてんじゃないのよ?むしろとっても良いのよ!!!!!


我が家も田舎なんだけど、一応住宅地で、庭はあるけど芝生と、ちびっちゃ~い家庭菜園用の畑しかない。


だけどじいじ・ばあばの家は、



池!!


竹!!!


広々とした畑!!!


少し歩けば山!!!!



そしてデカデカとした、



1728744_s



鯉のぼり!!!!!!



最近は鯉のぼりを挙げるお家は少なくなりましたよね。


だけどここは田舎の中の田舎!!!!!


でっかい鯉のぼりを挙げるのが当たり前の文化が未だ健在!!



その鯉のぼりを、


FullSizeRender


鯉のぼり直下で寝ころんで見上げるこの素晴らしき日々よ……




さて、竹があるってぇことは、


タケノコ採り放題!!!!!


IMG_3054


敷地の中にタケノコが生えるので採り放題の食べ放題。


そんで、池があるってぇことは、

IMG_3055


カエル採り放題!!!!!


ちなみに、カエルを触った手で目をこすったりするとヤバイらしいので気を付けてくださいね。

IMG_3056



夜にはBBQをしたんだけどさ、


BBQに飽きた子どもを


IMG_3057


カエルで足止め。


そしてその隙に大人が肉を食らう。


カエルさまさま。


カエルがいなかったらこんな風に食べられなかったよありがとうカエル。




そんで、もともとカエルには結構詳しかったオーちゃんですが、
オーちゃんがカエルに詳しすぎるエピソードはこちら


オーちゃんのカエルの知識が


IMG_3058


アップデートされました。


もうホント、ここの家は家の周りが理科の教科書。



カエルが触れないイーちゃんは、


IMG_4368


池の鯉にエサやりさせてもらいました。




あと山があるってぇことは、


山菜採り放題!!!!!!!!


じいじ・ばあば宅の近くの山でワラビがとれる場所があり、そこへ行って



めっちゃ大量のワラビを収穫。


めっちゃ採れる。


意外にイーちゃんも一生けん命とってくれたんだけど、


IMG_3059


イーちゃんがとったワラビはめっちゃ短かいからすぐ分かる説。



ワラビ採りに飽きた2人は山を駆け回って遊びまわっていたのですが、


その姿の生き生きとした様よ。


FullSizeRender


FullSizeRender




子どもとはこうあれ。



草ボーボーの坂道も、虫がいようが筍につまずこうが、縦横無尽に走り回り、


IMG_3060



崖から転がり落ちないかとオカンだけがヒヤヒヤしている図。


(田舎育ちのじいじ・オトンは全くヒヤヒヤしてなかった。)


自由に駆け回る姿は水を得た魚のようでしたよ。まじで。


全身全霊で遊べるって、なんて素晴らしい経験。



その後も、コガネムシをおもむろに掴み、


FullSizeRender


腕にはわすとか!!!!


虫が苦手な私からしたら


IMG_3061



ひぇぇぇぇぇ


なんだけど、とにかく子ども達はとっても楽しそうでした。





オーちゃんなんか、人間社会の中ではパニック状態になることがあったりするのですが、


自然の中で見せる自由な姿はむしろ狩猟民族のエリート候補生!!!!



自然の中で遊び学ぶ「森のようちえん」とか入れた方が、良かったんかな~~と思っちゃった。


※森のようちえんとは、自然体験活動を中心とした保育活動で、園舎すらなかったりするらしい。




オーちゃんみたいなASDタイプの子は、


大人が決めたことを皆でやる通常の保育園は、時に窮屈なんじゃないかな~

と思うことも多々あるんですよね。


友達と遊ぶよりも、自分のやりたいことを突き詰めてやりたいっていう気持ちも強いので、


もっと自分の自由にやりたい活動をしたり、自然のなかで様々な発見をする中で興味の範囲を広げていける環境の方が


知識も、感性も、考える力も、身体能力も、高められたのかもしれないな~~~。


と、思ったり…。


めっちゃ今更なんですがね。



後悔してても仕方がないので、


これから自然の中で遊ぶ体験を多くさせて


オーちゃんを野生児にしたいと思います。(もうなってる説)





こんにちはー!
5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しております、SUMIです!

我が家の長男、オーちゃんは、4歳になった直後に発達障害の一つである自閉症スペクトラムと診断されました。

自閉症スペクトラム(ASD)の特性とはどんなものなのでしょうか?

①コミュニケーションが苦手
人の気持ちなどという曖昧なことを理解するのが苦手で、臨機応変な対人関係を築くことが困難です。

②強いこだわりを持つ
特定の物事やルールなどに強いこだわりを持ちます。

③興味の範囲が狭く深い
一部の物事への興味関心がとても強く、好きなことに対しては良い結果が出やすくなる一方で、興味のない分野は苦手となりやすい傾向にあります。

人によっては感覚の偏りなども見られ、オーちゃんの場合は音に対する感覚が独特です。



これらの特性を持ち合わせているがために、生活上で支障をきたす場合に「障害」と診断されますが、

特性を持ちながらも生活上困ることがなければ「障害」とは診断されません。



これらの特性は病気ではなく、生まれつきの特有の脳の性質であり、「個性」だと解釈することも出来ます。




さて、私は長男のオーちゃんが「自閉症スペクトラム障害」と診断されたことをキッカケに、

今まで全く知識がなかった「発達障害」について調べたり学んだり考えたりする機会が多くなりました。


私のそれまでの「発達障害」に対するイメージは、



幼児期は、「手がかかりそう……」

学生時代には、「いじめにあったり、学校という独特の集団生活で苦労しそう……勉強面でも苦労しそう……」

大人になれば、「就職出来なさそう……就職できても、すぐやめたり、社会に適応することが難しそう……」


というものでした。

多分、一般的にはそういう認識を持っている人が多いと思います。




しかし、我が子が診断され、実際に自閉症スペクトラム児を育児しながら学び、考えた結果、


幼児期は……

確かに手がかかったけど、意外と手がかかっても私の手の中に収まる範囲だったし、

なんなら今となっては笑い話となっている面もある。

そういう個性の子なんだと捉えれば、なんてことは無かった。



学生時代は……

いじめに合ったり、集団生活に馴染めないんだったら、別に学校に行かなくたっていいんじゃない?



大人になったら……

むしろ個性を生かして活躍出来る場がたくさんある



そう思うようになりました。





むしろ、これからの時代、


自閉症スペクトラムに生活を障害されるのではなく、


自閉症スペクトラムを生かして活躍する時代になっていく


と確信しています。



では、なぜそのような確信を持つに至ったのか、1つずつ理由をご説明していきましょう。


不登校は問題ではないという認識が広がってきている



ASDの子どもは対人関係の問題から、学校という集団生活に馴染めなかったり、いじめに合ったりするケースがあります。

そしてそのような経験に加えASD特性もあいまって、ASDの子どもは不登校になりやすいと言われています。

ひと昔前であれば、

「不登校になったら学習に後れをきたすだけでなく社会復帰もできなくなる!問題だ!!」

といって、親も必死に子どもを学校に連れ出そうとしたり、先生が学校まで子どもを迎えに来たり、そのせいで更に引きこもりがちになってしまったこともあったでしょう。


しかし時代はすでに令和。

不登校が問題だなどという認識が誤りであったことは周知のことです。

たとえ不登校になっても、オンラインなどでいくらでも勉強が出来ますし、むしろ学校の教育課程などにとらわれずに得意な分野をどんどん先取り学習することが可能になりました。

今や通信制の学校も増え、学校の校舎に通わずとも高校だけでなく大学・大学院まで卒業できる時代です。

学校という場所に通わなくても、学べるという事実がここにあるのです。

では社会復帰の面ではどうでしょう?

現在、不登校を経験した人がどんどん社会進出し、第一線で活躍しいる姿を目にすれば、不登校だからといって大人になった時に社会に出られなくなるなどという話は事実ではないということが一目瞭然でしょう。

フリーアナウンサーの川田裕美さんや、マツコデラックスさん、小栗旬さん、星野源さんなど、芸能界で活躍している人だけでなく、

不登校から高校生社長まで昇りつめた小幡和輝さん、ジャスダック市場へ最年少上場した家入一真さんも不登校を経験されています。

かの有名なトーマス・エジソンが不登校であったことは有名ですよね。





コミュニケ―ションの形式が変わってきている



ASDの人は対人関係に問題があり、コミュニケーションが苦手と言われています。

実際オーちゃんも、話の流れと全く関係ない電車の話を突然してしまったり、お友達と遊べず一人遊びをしていたりと、人と関わることが好きな私からしてみたら全く理解不能です。

時にはまわりから、「空気を読めない子」と言われることも。

現にASDの人は対人関係の問題から、職場でトラブルを抱えたり、孤立してしまう方もいるようです。

しかし、インターネットがここまで発達した現在、面と向かってコミュニケーションをとることが必ずしも必要ではない場合が増えてきています。

ビジネスでもLineやメールで連絡することが一般的になってきていますし、電話ですら「他人の時間を奪っている」と言う人さえいます。

コロナ禍の中、リモートワークが一気に普及しましたが、今後もそも流れは強くなっていくでしょう。

ASDの人は場の空気を読んだり、周りの人に合わせたり行動をすることが苦手なので、「社会の中で生きにくい」と感じやすいと言われます。

しかし、リモートワークが主流になってみんな同じオフィスで働くという働き方がなくなって行けば、空気を読んだり周りの人に合わせる必要性自体がなくなっていくのではないでしょうか。

むしろ、他人と関わることがなくても孤独感にさいなまれる事無く、自分のアイデンティティを確立したまま自分のペースで着実に作業出来るASDの人の方が、リモートワークでの作業効率は高そうな気さえします。

高いコミュニケーション能力が求められる職業というのは確かにありますが、選ぶ職業さえ間違えなければ仕事上の問題は減っていくことでしょう。


業務における集団行動が必要なくなる


日本人は秩序を重んじる民族で、協調性というものが第一として考えられ、集団行動が出来ないものははみ出し者として扱われてきました。

集団行動が苦手なASDの人は、日本では本当に生きづらいと感じ、様々な葛藤をされてきたことでしょう。

さて、日本人が重んじる協調性は高度経済成長期には一定の効果をもたらし、工場勤務の労働者が全員まじめに働くことで生産性を向上させ、日本は一気に先進国の仲間入り。小さな島国ながらも経済大国と呼ばれるところまで登り詰めました。

しかしこれからの時代、そのような集団行動は本当に必要になるのでしょうか?

多くの製造業は人間の手でやるよりもずっと正確で素早く出来るロボット・AIに置き換わり、高い生産性を実現させていくことでしょう。

工場に人間が大勢立ちなならび、全員が同じ仕事をしていく必要はもう無くなっているのです。

つまりそれは、これまで第一に重んじられてきた協調性を持っていても、それを発揮する職場が無くなっていくということです。

社会生活においては協調性は一定の役割を果たすでしょうが、仕事という面において、協調性よりも問題解決能力、独自性、発想力が必要となる時代になるでしょう。


独特の世界観と創造性


さて、独自性と発想力が必要な時代になると前述しました。

そして、それこそがASDの強みとも言えます。

独創的な発想は、一人で物思いにふけっている時間にこそ生まれます。

お友達と仲良くおしゃべりしている時には思いつきません。

会社などでも、会議で行き詰まった案件を一旦家に持ち帰って各自考えてきた方が良い解決案が出てくるのと同じです。

お風呂に浸かっているときや、何気なく一人で車を運転している時の方が新しい発想を思いついたという経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

ASDの人は先天的に一人でいることを心地よいと感じる傾向があります。

そういう一人の時間を大切にし、満喫出来る人間こそ、クリエイティブな才能に恵まれているのです。

さらに、生み出した物を徹底的にこだわって磨き上げる才能もASDには備わっています。

ジュラシックパークなどを生み出した映画界の巨匠スティーブン・スピルバーグ氏もASDであることはご存じでしょうか?

独特な世界観を持つシンガーソングライター米津玄師さんもASDを公表しています。

画家のゴッホ、作曲家のモーツアルト、作家のシャーロックホームズもASDであったとされており、

もうのけぞるほどの天才たちがASD~~っ!!!

「芸術家は変わり者が多い」と言われますが、ASDの人が多いということなのかもしれません。



ASDの得意分野であるIT時代の加速


ASDの人は人の感情などという曖昧なものを理解することがとても苦手な反面、生まれながらにして論理的な思考が得意です。

理論的思考が得意ということは、一般的に言えば「理系脳」であり、機械やパソコンに強いということです。

そして時代はITの時代。

IT業界では理論的思考が必要不可欠であり、最重要と言っても過言ではないでしょう。

またASDの人もインターネットやプログラミング、アプリ開発などに興味を持ちやすいため、とても相性が良い職種です。

その上、ASDの人は「興味のある事には深く没頭する」という特性があり、「過集中」と呼ばれるまでに集中します。

場合によってはご飯を食べることも忘れるほど集中出来るこの能力は、天から与えられた才能としか言いようがなく、ASDの大きな強みです。

また、反復作業が得意なASDの人はAI開発に伴う反復作業でも集中力を維持できるともいわれています。


ただでさえ理論的思考能力というアドバンテージがあるのに、何時間もぶっ通しで集中し続け、細部にまでこだわり徹底的に磨き上げる、そんな人間に一般的な人が敵うと思いますか!?

少なくとも私は勝てる気がしません。



現に、マイクロソフトなどの大手IT企業がこの能力の目を付けており、「自閉症は大きなIT戦力」という認識が高まっています。

ちなみに、IT業界の偉人中の偉人、マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツさん、アップルの創業者のステーブ・ジョブズさんもASDだと言われています。

2021年5月現在、世界の時価総額ランキングの1位と3位の会社を創業した2人がASDなのです。驚愕ですよね。


IT企業だけにとどまらず、近年では様々な分野でITの活用が必要不可欠となっているため、

国際会計事務所や、P&G、ゴールドマン・サックス、JPモルガンなど、様々な分野の大企業がASDの人材を大々的に採用しており、現時点でASDの方々が活躍の場を広げています。


ちなみに、私の長男であるオーちゃんも、大好きな電車においては並外れた集中力と学習能力を見せてくれます。

集中している時には周りの声など全く耳に入らず、頭の中は電車でいっぱい。

また、記憶力もとてもよく大人の私が驚くほどです。

そして、自分の好きなことに対するこだわりはとても強く、思い通りにいくまで徹底的にこだわり続けます。

これらの能力は、はたから見れば「厄介」と言われるかもしれませんが、うまく活用されれば相当な強みです。

現に、スティーブジョブズがこだわりにこだわり続けなければ、iPhoneは存在していません。

特にこれからITが今以上に発達し、優秀な人材の争奪戦が起きます。

ASDの特性をうまく発揮し、活用できる環境を作ることで、ASDのIT能力は大きく花開くことでしょう。



最後に


いかがでしたか?

私自身、自閉症スペクトラムの才能にはとても未来があると思うし、オーちゃんが自閉症スペクトラムであることを誇りにすら思っています。

オーちゃんが定型発達の子どもにはない才能を活かしながら成長していく可能性に胸を躍らせています。

ハッキリ言って、将来が楽しみで仕方ありません。


しかし、日本ではまだまだ発達障害の偏見があるし、国民性からも発達障害の人間を活かしきる環境が整っていないと感じます。

それは教育でも同じで、

全員同じ教室で席に座り、決められたカリキュラムを、決められた通りにこなすことが良いとされています。

発表会や、文化祭、運動会、修学旅行、

対人関係を良好に築くことが苦手なASD児にとっては大変な行事にも休まず出席することが当たり前とされているので、苦労することも多いと思います。

さらに、発達障害児をサポートする環境も不完全です。

集団生活になじめるように、他の子と同じことが出来るように、という集団での困りごとを解決するようなサポートが主で、才能を発揮し伸ばしてくれることは無いように感じます。

まわりと同じであることを強要されるような日本の教育。

こんな環境で、エジソンやスピルバーグ、ビルゲイツ、スティーブジョブズになれるんだろうか?

せっかく内に秘めている素晴らしい才能があるというのに、日本の義務教育だけでは、それを活かしきれずに苦労だけすることになるのではないだろうかと心配しています。

(ちなみに私はかなり本気でオーちゃんは未来のビルゲイツだと思っています)


では具体的に一体どうしていけばいいのか?

その答えは私自身まだ見つけられていません。

これからオーちゃんの成長と共に、一緒に歩み、考え、その時その時においてオーちゃんに最善だと思える環境を作って行けるよう、

私自身も成長していければと思っています。



ランキングに参加しています。ポチっとしてもらえるとやる気がみなぎります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちはー!
5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!


オーちゃんは3歳になった瞬間に


IMG_3039




あれ?なんか…手ぇかからんくなったな……



と思った記憶があるのですが、



弟のイーちゃんはというと、



IMG_3040




相変わらずのクソガキっぷり。



全然落ち着きありません。




先日もねぇ、



IMG_3041


ご飯を投げる。


ごはんには7人も神様がいるというのに、なんということでしょう!!!!!


けしからん!!!!



投げたらアカンと言っても辞めないので、



IMG_3042



ごはん没収~~~~~~~。



もうお食事強制終了。



こんな仕打ちを受けたって、


IMG_3043



イーちゃんは一切堪えない。


堪えないねぇ~まじで。


反省の色が見えないとはまさにこのこと!!!!!



ほんで、


IMG_3044



テレビ見たいとか言い出すからね。


ご飯食べなくていいと言われたことを良いことに、


テレビ見たいとか言うからね!!!!!!!



いやいやいやいや、


我が家はテレビ制限してるし。


IMG_3045



ご飯を投げるような奴に見せるテレビはねぇ!!!!!!!!!


見せてなどやるものか。



IMG_3046




泣いてもダメ!!


テレビ無し!!!!!


一人でそこでひっくり返って泣きわめいておれ!!!!!!



もうこちとら、



イーちゃんの泣き声が聞こえないモードに切り替えられる体質になっとんじゃい!!






それにしても、まぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


全然泣き止まない!!!!


泣いてもテレビを見せてもらえないということが彼には分からないらしい。



それでもオカンは無視。


心頭滅却すれば火もまた涼し。イーちゃんの泣き声は消音!!!!



しかし、我が家には、泣いているイーちゃんを放っておけない優しい兄がいるのです。



IMG_3036


やさしっ


兄やさしっ!!!!!


最近のイーちゃんはオトンやオカンに怒られると自らオーちゃんに抱っこしてもらいに行くようになったからねホント。



オーちゃんにギューしてもらって泣き止んだイーちゃん。



IMG_3037




IMG_3038




兄よ!!!!!!


兄、優しすぎんかあんた!!!!!!


それからオーちゃんは全力で転び続け、弟を笑わせて慰めましたとさ。




ランキングに参加しています。ポチっとしてもらえるとやる気がみなぎります。

人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちはー!
5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!


先日、オーちゃんがIQテストを受けて全くできずに凹んだ話をしましたが、


現在、わたくし、


IMG_3021



立ち直っております。




今回は、どんな経緯で立ち直ったのかをお話しようと思います。




まず、IQテストを受けてガッツリ凹んだ自分を鑑み、


なぜ凹んだのか、



何がショックだったのかをもう一度考えてみたのですが、



IMG_3022




IQテストの結果を受けて入学準備がなされると聞いていたので、


入学後に支援学級などに入る可能性があるのではないかと思った。


というのが、凹んだ理由だと思います。



実際、オーちゃんは確かに能力のデコボコがあって、


言語的な部分はやっぱり他の子(特に女の子)に比べたらかーなーりー劣っていると思います。


たまにおかしな言葉の表現もします。


何かにつけて、


IMG_3023



「細長い」と言います。(なぜ)


多い・少ない 大きい・小さい 速い・遅い などの表現を細長いと言われるので、


大人からしてみると


IMG_3024



超難問。


きっと東大王でも答えられない事でしょう。


その都度、「こういう時はもっと多くしてって言うんだよ」と伝えていますが、


未だ、定着しておりません。




でも、会話で困るほどではないし、


言語を伸ばすため、私も毎日絵本の読み聞かせを頑張っており、確実に成長してきていると感じます。


日常生活では全く困らないし、学習面でも大きな支障をきたすほどの発達の遅れではないと思います。


そして、言語以外の知能的な部分は、




知能は低くはない。


と、思っていました。





まぁ、手先の不器用さやお友達とのコミュニケーションには難があると思うけれど、


知能的な部分で言えば、入学後学校の学習に支障をきたす程、知能指数が低いとは思っていなかったのです。



むしろ、自分の興味があることに対しては、平均的な能力よりもかなり高い。





IMG_3025



※この前も、1+1=2,2+2=4、4+4=8,8+8=16、16+16=32って、いきなり唱え始めました。


だから、前回の4歳の時のIQテストよりも制度が高いと言われるウイスクのIQテストでは、

前回よりも高い数値が出ると思っていました。


それなのに。


そーれーなーのーにぃぃぃぃぃ!!!!!!




今回のIQテスト。


IMG_2998



本っ当に答えられなかった。


だから、とっても低い数字が出る事でしょう。


なんなら、前回受けたテストより低いかもしらん。





今まで私は、オーちゃんは知能が低くないと。むしろ、一部においては高いくらいだと思っていた、


けど!!


その私の考えは間違いだったのだろうかぁぁぁぁぁ



IMG_3030



チーン




と、いうことで、自分は凹んでいたのだと、


自分の中で結論づけました。




でもさ、その後、冷静になって考えてみたのです。


考えてみた結果、


やっぱり、IQテストの結果が悪いっていったって、


IMG_3031



べぇ~~つに大した問題じゃぁねぇやぁ~~鼻くそピーン



というポジティブシンキングに、またもや戻ってまいりました。




だってさ、だってさ、


今回のIQテストの結果が良い数字が出ようと、悪い数字が出ようと、



IMG_3032




オーちゃんが持っている実際の能力は別に変らない。



私は勝手に、オーちゃんは支援学級に入る必要ないと思っていたけれども、


もし今回のIQ検査の結果があまりに悲惨な結果で、
個別の対応や、特別な支援が必要だと結論づけられたとしたら、



それがオーちゃんにとって最も良い環境で、


オーちゃんの成長にとって必要で、


むしろその個別の対応がオーちゃんを開花させてくれる可能性があるのだとしたら、



支援学級に通えばいい。



っていうか、多分普通の教室に放り込まれたら、オーちゃんはきっと消しカス作ったりして授業なんて聞いていないことでしょう。(男子の過半数がむしろこうなんじゃないかとも思っている)




別に、他の子と一緒じゃなくてもいい。


他の子と同じ教室で、同じ授業を受けられなかったとしても、


それが全てではないし、オーちゃんにとって良いことならば、それでいい。



だってさぁ、もう脳の構造が違うんだから仕方なくね!?


一般的な子の能力が、平なのに対して、オーちゃんみたいなASDの子はさ、



デコボコがあるんだから!!


IMG_3026


(一般的な子も、多少得意不得意があろうが、ASDは顕著過ぎる。)


それが、もう脳みその構造上仕方ない事なんだから!!!!





脳の発達のデコボコがあって、ボコの部分はまぁ仕方がない。


でも、ボコの分、平均よりも圧倒的に勝っているデコの部分がこの子にはある。



世界中で名を馳せた偉人達は、皆どこかしら脳のデコボコがあるものだ。


そうでなければどうして偉業を成し遂げられようか。他の子と一緒で、あなた、特別になれるなんてお思いですか!?!?



エジソンにしろ、アインシュタインにしろ、スティーブジョブズもビルゲイツもイーロン・マスクもラリー・ペイジもジェフ・ベゾスも


自分の持っている能力のデコの部分を最大限に発揮した結果、


世界を変えるような発明なり事業なりが出来たのではあるまいか!!!!(熱弁)


IMG_3027





大体ねぇ、人間の脳みその容量なんてある程度決まっちゃってんのよ。


得意なことに苦手なことが侵略されちゃってんのよ、オーちゃんの脳みそはさ。


なんかスゴイ人なんて皆そうじゃん!?


1つの事だけ取ってみれば世界一なのに、他の事は全然ダメみたいな人が多いじゃん!?


そう言う人って、大抵デコボコ気質があるんじゃないかしら?知らんけど。



だから、苦手なことの脳みそが小っちゃくされちゃって言葉が遅いだなんだかんだぁぁぉぉぉおーんって嘆くより、


一部の事に関しては記憶力がめっちゃくちゃ良いとか、


好きなことに対しては集中力ハンパねぇとかさ、


言語野を侵略する勢いで発達を遂げている脳みその領域があるわけなんだから、


その特別な才能で、他の人にはない能力を開花させて、伸ばして、


苦手なことを凌駕するまで高めてあげる方がいいんじゃないの!?




これからの時代、平均的なことなど誰も求めやしない。


誰にでも出来るようなことは、誰かがやればいいのだし、なんなら機械やAIに置き換わっていく時代だ。(個人的見解)


他の人にはない、この子の「凸」の部分の才能を開花させ、


デコの部分を更に伸ばしてやることで、



IMG_3028



むしろこの子は超一流になれる!!!!



と、割と本気で思っている。



と、いうことで、わたくし、


IQテストの様子にショックを受けていたわけなんですけれども、もう一度考え直してみた結果、


IMG_3033



オーちゃんは特別な素質を持っている。



という、結局IQテスト受ける前に思っていたことと、同じ結論にたどり着きまして、


完全に立ち直ったわけでございます。




こんなこと他の人に言ったら、


IMG_3034



「そんなに子どもに期待しない方がいいよ~」
「そんなに優秀に育つわけないよ~」



と言われるでしょうけれども、


ごめんなさい、


IMG_3035



割と本気で、「この子は一流になるな。」と思っちゃう。



いやぁ、だって、考えれば考えるほど、


オーちゃんの持ってる自閉症スペクトラム障害の特性って、才能なんだよな~~~。




まじさぁ、「障害」って名前付けたん誰!?


「自閉症スペクトラム能力」とか「自閉症スペクトラム才能」とかにしてほしかったわ。


能力までは言ってくれなくても、


「自閉症スペクトラム性質」とか「自閉症スペクトラムグループ」とか「自閉症スペクトラムタイプ」とかでええやん。


名前の段階で、苦手なこととか、大変なこととか、出来ない事の方に注目せんといてほしい。


一般的な人にはない、特別な才能の方に、目を向けて育てていきたい。と思うのです。




親である私がオーちゃんの才能を信じなくてどうすんの?


みにくいアヒルの子だって美しい白鳥だったやろがい。

学校一の問題児が発明王になったやろがい。


「この子はギフテッドじゃないから。発達障害だから」って嘲笑う人がいたって、私はオーちゃんの才能を信じてる。


伸ばせば伸びる、特別な才能だって信じてる。


これから咲くはずの特別な花だって信じてる。



「こんなカラッカラの種から、本当に芽が出て花が咲くの?」


って、周りの人にいくら言われたとしたって、


親の私が信じて水と肥料を与え続けなかったら咲く花も咲かんぜよ。






ランキングに参加しています。ポチっとしてもらえるとやる気がみなぎります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



こんにちはー!
5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!



まだコロナの第4波が訪れる前の話。


松本にある、ラーラ松本という温水プールに行ってきました!!


FullSizeRender



浅ーい幼児用プール以外に入るのは初めての二人。


幼児用の浮き輪を買って、思ったよりサイズが小さくてテンションが下がったのを乗り越えて、


さっそくプールにレッツゴーや!!!!!!




さぁ、波のプールに来た二人。


イーちゃんはというと、


IMG_3005



めっちゃはしゃいで深い方へ。


オトンと一緒に


IMG_3006



波にゆられてぷーかぷか。



一方のオーちゃんは


IMG_3007



波打ち際で微動だにせず。


ギリギリ波がこない位置で活動停止しておる。


手を繋いで水の中へ連れて行って見るも、


IMG_3008



まさかの膝の深さでギブアップ。


いや、もうちょっとイケるやろ。


風呂より浅いやんけ!!


と思うけれど、無理ですた。チーン。




幼児用プールは二人とも楽しく入れまして、


仲良く遊んでいた時に発見したのは滑り台。


IMG_3009

幼児用プールのすぐ横に設置してあって、滑った直後にプールへバッシャンと落とされるというウォータースライダーシステム。



怖いもの知らずのイーちゃん、


大好きな滑り台があると、何も考えずに真っ先に滑り、


IMG_3014



着地で頭まで水に浸かって、


IMG_3015



超必死な顔して水の上へあがってきました。



ぎゃはは!!!



その一部始終を見ていたのは、ビビリのオーちゃん、



IMG_3016



滑り台を拒否。


着水地点で受け止めてやると言ってもガンとして滑らない。


結局まじで一度も滑りませんでした。




気を取り直して、流れるプールへ。


もちろん大人用の水深になっているので、子どもの足なんか付きません。


しかしさすがイーちゃん。


IMG_3010



気にする様子もなくプカプカ。


さぁ。このプールで、オーちゃんはどうなったかと言うと……



皆さん、もうお分かりですね。



IMG_3011



大パニックですよ。



「あと1時間で世界が滅びる」と言われたレベルのパニックです。


浮き輪があるから沈まないから大丈夫だと説明したところで落ち着くわけもなく、


「手を握っててあげるから!」


と言って、両手しっかり握って流れるプール1周したあたりでやっとこ


IMG_3012



泣かずにいられるようなりますた。


もう慣れてきたかしらと思って片手を離すとまた


IMG_3013



パニック!!!!


いや、片手握っとるから。ダイジョブやから。


最終的に、短時間だけ手を離してみたところ、


IMG_3017


「なんで大人って悪いことするのー!!!!!」


大人全体に向けたガチギレですよ。


その横で3歳児は



IMG_3018


ゆったりプカプカ浮いてましたよ。


命の危機に敏感すぎる長男と、鈍感な次男。



身体を温めるためのジャグジースポットもあるのですが、


IMG_3019



ここがまぁ暖かくて気持ちよくて至福の時間なんですが、


ゆったりまったりしていたら、


怖いものなしの3歳児が



IMG_3020




普通に溺れかけました。



お風呂の深さより深めになっていて、イーちゃんの背丈だとおでこくらいの深さだったのですが、


めっちゃ静か~に沈んでました。



大人が完全に油断していたところでまじで危なかった。



幸いすぐ気づいて引き上げたので事なきを得ましたが、




ビビリって、ある意味最大の自己防衛。


恐怖心がない次男の方が、泳ぎなどの習得は早そうだけれども、


オーちゃんの方が生命としてのあるべき姿なのかもしれないと思ったのでした。




さて、たっぷり2時間ほどプールで遊んだので帰ろう。


ということで更衣室でお着換え。



ずっとビビっていたオーちゃんに、


「楽しかった?」


とダメ元で聞いてみたところ、



IMG_3004



楽しかったんかい。


あんまり楽しそうに見えんかったけど、密かに楽しんでいたようでよかったです。



ランキングに参加しています。ポチっとしてもらえるとやる気がみなぎります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちはー!
5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!!



発達外来でフォローしてもらっているオーちゃん。


詳しくはこちら


5歳になり、来年の入学準備を兼ねて、再度発達の検査を受けることとなりました。


どうやら、5歳からWISC(ウイスク)という検査が受けられるらしく、4歳のときに受けた検査よりも精度が高いんだとか。


ということで、前日から言い聞かせ。


「明日は病院で検査だからね、頑張れるね」


IMG_2994




いやじゃねぇ。



「だって保育園遅くなっちゃう。」


月に1度この病院でリハビリを受け、保育園に遅刻してるオーちゃん。


最近は保育園が楽しくて仕方がないので、病院なんかより保育園に行きたいという。


いやいや、良い事だけれども。


検査は受けてもらわにゃ困るのよ。



受診当日の朝も、



IMG_2995




乗り気のしなさ加減がヤバイ。



このテンションでIQテスト受けれるんだろか……




IMG_2996


ただただ心配。


ずっと文句言っとるやん。




そうはいっても説得するとちゃんとついてきてくれるあたりが真面目なオーちゃん。


この調子で検査も真面目に受けてくれることを期待して病院へ。





STの先生が検査してくれるらしのだが、今回は前回と違う先生。



IMG_2992



オカンが絶望的に似合わなかった丸眼鏡が似合うタイプの可愛らしい先生だ。


イラストが絶望的に下手くそで可愛さが伝わらないところが切ない。



オカンにはADHD特性とASD特性をチェックすると思われるプリントと、もう一つのプリント(これもWISCの一環なのかな?分からんけど。)を渡され、




IMG_2993




オーちゃんの視界に入らない場所でプリントにチェックをしていく。


その横で、オーちゃんは先生とWISCテスト開始。



先の見通しが見えると安心するオーちゃん、自ら



IMG_2997



先生に今日やる内容をホワイトボードに書くよう頼み、書いてもらっていました。


自分から思いを伝えられるようになったのは良い兆候だなぁ~~


ちなみに保育園でも毎回今日の予定をチェックし、


リハビリの時も毎回書いてもらっています。




さてさて、WISCの検査なのですが、


絵を見て答える形式の検査と、


プリントに書き込む形式の検査と、


会話の中で答える形式の検査と、とにかく色々あったのですが、



とにかくオーちゃん、会話の検査にやる気なし!!!!!!!!



もともと視覚情報が優位で、聴覚理解(耳から情報を入れて頭で理解すること)が苦手だなぁとは思っていたのですが、



IMG_2998



「もう~わかんないよ。もうこの検査終わりにして~」


会話形式の検査になると毎回これ!!!!!


普段の生活では理解できているでろうと思われることも全く答えられない!!


というか、答える気がない。(OMG)


ちょっと考えれば答えられる問題も、答えない!!考えなくても答えられそうな問題だけかろうじて答えるレベル。


「帽子ってなに??」


「え~~、帽子~~?分かんないよ~もう終わろ~次のやつやりたい~」


ホワイトボードに書いてある次の内容は得意の「え(絵)」ですからね。次やりたくなりますよね。


この時のオカンの心の中、



IMG_2999


大荒れ。


まじ台風19号。


表向きは静かにしてましたけどね。





もともと間違うことが大嫌いで、少し難しそうと思うことにはあまり挑戦したがらないオーちゃん。


家でもこういう事がよくあり、でも苦手な手先の事は基本やりたがらない。


しかし、苦手なことでも少しずつやってほしいオカン。




「出来なくてもいいからやってみよ。難しいから出来なくても大丈夫。むしろ、難しいからやるんだよ~」


と、


間違えることや失敗することを前提でやらせるとやってくれたりするのですが、


基本、少しでも難しそうと思うことはやりたがらない性分がガッツリあだとなって出てしまっているやないかい今日!!!!!



この!!大事な検査で!!!!!!


今日こそ、朝に「難しいことをやるから出来なくてもいいからやってみようね~」と言っておかなければならなかったのに!!!!!



言わなかったぁぁぁぁしまったぁぁぁぁぁぁぁ行先だけ言って連れてきちゃったぁぁぁぁぁ





IMG_3001





オカン、おもわずため息。



こりゃまずい……



めちゃくちゃ低いIQの値出そうです。


そして、その検査結果を元に、入園準備が進められてしまうのだろか……


IMG_3002




検査後、検査をしてくれたSTさんが




IMG_3003




5歳になりたてで、いきなり検査だったので、実際の能力とは離れた値が出そうなんですが、


一応検査結果と言う形で出させてもらいますね~~。


と言ってくれましたが……




ちなみに家に帰ってから答えられなかった問題を聞いてみると、


普通に答えてました。






ASDの診断がついたときも全く落ち込まなかった私ですが、


今回はガッツリ落ちこんだ。


発達みてくれてる先生が「ウイスクのテストの方が4歳でやったIQテストより正確」みたいなこと言ってたもん~~



結果を見なくても明らかにやばいと思われるこのIQテストの結果を受けて、


小学校への進学準備をすると思うと気が重いわ~~~~




※この話は3月のお話。オカン、今は完全に立ち直りました。その辺の話もまたしたいと思います。





ランキングに参加しています。ポチっとしてもらえるとやる気がみなぎります。

人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちはー!
5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!


4月に入り、

イーちゃんの花粉症が急激に悪化。


ヒノキか!?ヒノキなのか!?!?


そして黄砂か!?いまいましい!!!!!!!!



もう、目が


IMG_2988



眼鏡を取ったのび太状態。



顔が変わるほど目が腫れてしまい、鼻水もガッツリ出ていて


IMG_2989


常時鼻をすすっている状態。


鼻の中に炎症が起きているのか、


IMG_2990



鼻をかむのも嫌がる。




病院受診して飲み薬も飲み、点鼻薬もシュッシュとし、目薬をしていてもこの状態。


どうすんねんこれ。


ていうか、目薬を


IMG_2991



ひくほど嫌がる。


毎回馬乗りになり、まぶたがひっくり返りながら目薬さしてる……かわいそ。





というこで、


IMG_2986


洗脳。



お外に出ると大嫌いな目薬をもっとしなければならなくなる。


でもお外に出ちゃダメっていうのは元気な3歳男児にはコクすぎる。


お外に出たければ、


IMG_2987


ゴーグルとマスクをするのだ!!!!!!


(てか今までしてなかったんかーい!!!!)




FullSizeRender



三歳児×(ゴーグル+マスク)=超かわいい♡


なにこれ。


どうしてこんなに可愛くなれるの。


あとゴーグルずれすぎ。




それにしても、3歳からこのレベルの花粉症ってかわいそうすぎる。


もう一生花粉症や。


来年からは2~4月は早めに薬飲み始め&ゴーグル+マスクで対策してみようと思います。



※ゴーグルするようになったら少し目がマシになりました!!
隙間だらけだけどゴーグル効果あり。


ランキングに参加しています。ポチっとしてもらえるとやる気がみなぎります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちはー!
5歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!



我が次男坊のイーちゃんが、この4月、無事入園しましたーー


FullSizeRender



ぶかぶか園児服ちょー可愛い~~♡




元々未満児から保育園に行っていたのですが、オーちゃんと同じ保育園に通うことを楽しみにしていたイーちゃん。



もう2か月も前から、


「〇〇保育園行きたい!!」
と言っていたその念願かなって、オーちゃんと同じ保育園に通い始めました!!



先日の入園式でしたが、



普通~~に親から離れて遊び始めるし、イーちゃんの席を教えてあげるとそこにおままごとのトウモロコシやらお皿やら並べて遊んでるし




みーてーるーだーけーーーーーーー。



ら~~く~~~~♪




あれ?入園式ってこんなに穏やかな行事でしたっけ!?!?



たしかオーちゃんの時は………


※オーちゃんの入園式の話はこちら↓

入園式1
入園式2


よみがえる、めっちゃ大変だった記憶。




話はもどってイーちゃんの入園式。


コロナ対策のため在園児は不在で、年少の親子だけ参加したのですが、


入園式の間ももちろん

IMG_2983



余裕。


副市長が「保育園に通ってくる皆さんは、地域の宝ものです。」


と挨拶した時には



IMG_2984



イーちゃんの「ありがとう~~」が響き渡り、笑いが巻き起こったわい。


平和だわい。




入園式の後に保護者総会があり、子どもたちは教室で、親たちはホールで話を聞く時間があったのですが、


IMG_2979



ら~~~く~~~~♪



やーべ、これ、オーちゃんの時と同じ行事だと思えないほどの余裕。


そして何のトラブルもなく、スムーズに入園式が終了~~~。




さてさて、翌日、初登園の日。


朝、イーちゃんのクラスの前では


IMG_2980




行き渋りの子どもたちが溜まっておる。


そんな同級生たちを素通りし、


スムーズに靴を脱いで靴箱に入れ、


IMG_2981




トンチンカンな挨拶で颯爽と登園していきました。



この日だけ慣らし保育で午前中に降園しましたが、翌日からは夕方まで保育園で過ごしております。



通常保育が4時までで、4時から4時半前まで長時間保育をするのですが、


長時間保育だけ全学年一緒の部屋で過ごします。


オーちゃんに、今日からイーちゃんと長時間行ってね!!というと、


IMG_2982



めっちゃ喜んでました。



うちの子……


仲ええ………♡


ランキングに参加しています。ポチっとしてもらえるとやる気がみなぎります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村