こんにちはー!




4歳オーちゃん3歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!




 


年末に電子ピアノが納品された我が家ですが、



せっかくピアノが届いたのでオーちゃんに弾かせたい!!


というか、オーちゃんのために買ったようなもんなんだから、オーちゃんに弾いてもらいたい!!!!!


 


ということでピアノの先生に連絡。


オーちゃんのピアノの先生は東京に在住で、週末のみ長野県に来てレッスンをしてくれている先生なのですが、


コロナ過のせいで現在東京から出られず、レッスンが止まってしまっているのです。


 


「電子ピアノが我が家に納品されました!!どのように弾かせたらいいのか分からないのですが、なにか家で出来ることはありますか?」


と聞いてみたところ、


 















 


せっかくなのでリモートレッスンしてみましょう!(対面のレッスンの半額でやってくれるらしい)


 


とのお言葉を頂き、早速週末にタブレットでスカイプを使用し先生とつないでのレッスンが決定!!!!


 


しかし大丈夫だろうか……


そもそも対面のレッスンも集中出来なかったこの子が…




 


まぁそんな心配していたって仕方ない!!


案ずるより産むがやすし!!


とりあえずやってみる精神!!


 


ということで、土曜日の昼にリモートレッスン。


ちゃんと出来るように、前日からオーちゃんに言い聞かせ。




明日はピアノの先生とお電話をしながらピアノレッスンだよ。


先生に教えてもらいながらピアノを弾くんだよ。



はーいわかったよ~~


生返事ですが本当に分かっているのだろうか。

 


さてさて、リモートレッスン当日。


タブレットを使用してスカイプで先生と繋がってのレッスンでございます!!


これぞ文明の利器!!!!!!


 










「こんにちは~~久しぶりです!!オーちゃん元気だった~?良いピアノが届いたね~~」


 


和やかにレッスンスタート。


 


先生の髪が伸びたことをすかさず褒めるオーちゃん。


 















 


「先生髪の毛かわいいよ!」と5回くらい言ってました。(どんだけ)


 


一通り挨拶が終わり、レッスンを始めようという時に、オーちゃん、やらかしてくれました。


「これねぇー、これ押してみるよ?どうなると思う?」


 



















 


大好きなリズムを刻むヤツ。


 


どんだけリズム刻むの好きなんだよ。








 


先生「オーちゃん、じゃあリズムを止めて、ちょっと好きなようにピアノ弾いてみようか!」


 


と言われたのでリズムボタンをポチっと押してリズムを止めると、すかさず


 















 


リズム刻まんでいい。


 


今リズムボタンはいいんだよ。鍵盤弾くんだよ。


「オーちゃん、ちょっと弾いてみよっか!」


 















 


いやじゃねぇ。


 


歌うようにイヤがってんじゃねぇ!!(2度目)


 


鍵盤弾いてくれや。


ボタン一つで勝手に鳴るリズムじゃなくて自分で鍵盤たたいて音を出すんだよ。


それを「ピアノを弾く」ということなのですよ。


レッスン中にリズム聞いてんじゃないよ。


 


そんな時、2階から


 















 


イーちゃんがオーちゃんを呼びよる。


 


1階でピアノレッスンしている間、2階で夫にイーちゃんの面倒を見ててもらってたんだけど


イーちゃんがオーちゃんを呼び寄せよる。


 


ほんで


 















 


オーちゃんもオーちゃんで行ってもーたやないかい。


 


「オーちゃん、今ピアノレッスン中だから、先生に教えてもらいながらピアノ弾きますよ!!」


と言って無理やりピアノの前に連れて行くも、


 















 


ピアノレッスンどころじゃねぇ。


 


ほんで口が悪い。


 


そんな一連のやりとりを


 















 


どうすることも出来ず画面越しに見ている先生。


 


ほんますんません。


 


結局オーちゃんはオカンの制止を振り切って行ってしまいました。


チーン。


 



先生……


無理でした………