酔っ払いとリンゴの悲劇

diary

こんにちはー!

4歳オーちゃん2歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!

 

先週の金曜日、オカンは週末の解放感でビールをあおり、酔っ払ってとっても良い気分でいたのに、

 

 

子どもの凄まじいリンゴ食べたいコール。

 

リンゴって美味しいんだけど、切るのがちょっと面倒くさいんらよ~~!!

でもここは信州で美味しいりんごがすーぐ手に入っちゃう。

食べきったと思ったらちょーーーど別の人からリンゴをいただいたばっかり。

しかも、それを知っている子どもたちは、

 

 

「りんごあるんだから切って。夕ご飯全部食べたんだからたべてもいいでしょ!」

 

っていう最もな理由を言ってりんごを切れって言うんらよ!!

 

もう~しょうがらいらぁ~。

この酔っ払っている時に普通のりんごの切り方をするのは面倒くさい、面倒くさすぎる!!!!

この前テレビでやってた輪切りのりんごにしよう~。

 

 

輪切りだったら種もとらなくていいし、皮もむかなくても美味しく食べれるんらって!!

なんて楽なんら!!

 

うぃ~っ

じゃ、いっちょりんごを切るかね~

 

 

 

 

ギョエ―――!!!!!

りんごが薄くなってきた後半、リンゴがコローンで小指にブスーッ!!!!!

思いっきり体重かけて切っちゃったよぉぉぉ!結構指に包丁が食い込んじゃったよぉぉぉぉ!!!!!

 

 

うぃ~、やっちまった。ぴぃ~うぃっ!!(ふざけてる場合か。)

 

とりあえず止血らぁ~~

手を上にあげて、ティッシュで巻き付けて小指を握って圧迫止血うえ~いっ!!※酔っ払ってます。

そのまま10分程圧迫するも血の勢いはとどまる様子がなく、一向に血が止まる気配なし。

 

こりゃぁ、血流悪くしなきゃダメらぁ~!!

末端だから寒い所に行けば血管がギュっとなって止まりやすくなるんじゃねーか!?(酔っ払いの思考回路)

 

ちょっくらおかーたん、オソトに行ってくるから、いい子にお家の中にいるんらよ~~~。

 

 

寒空の下、手を上げ小指をつまむ酔っ払い一名。(なにしてんだ)

 

10分ほどでさすがに寒くなって来たなぁ~と思ったら、

あー!お家にいてって言ったのに子どもたちまで上着も着ずに出てきちゃったぁぁこんな時だけ自力で靴を履いてくる2歳児の底力。

仕方がない。もう中に入ろう~~。

 

それにしても、ぜーんぜん血ぃ止まんなーい!!

てか、冷静な目で改めて見ると結構深くいちゃってるー!

骨があったからスパンといかなかったくらいのレベルで行っちゃってるー!!

これ、普通に治る気がしなーい!

病院で塗ってもらわなきゃいけないやつかもー!!

 

この辺でやっと冷静になってきた酔っ払い。(遅い)

 

しかし家には私と子ども二人。

タクシーで病院に行くにも、この状況じゃぁ子ども二人が制御不能。

うーん。こんなことで仕事中の夫に電話をするのは忍びないが、終業時間はとっくに過ぎてんだ。帰ってきてもらったってバチは当たるめぇ。

 

ってことで、夫のPHS直通の電話番号にかけるも、

 

 

繋がらねぇじゃねーか!!

 

てかさっきから足元で子どもたちが血ぃ出た血ぃ出た騒いでいらっしゃるけど、それどこじゃねぇでげす!!

3回くらいかけたけどずーっとPHSがツーツー言ってるし、

どうすっかな~。

まぁ小指一つで死ぬことはないからそんなに急がなくても、とりあえず血があんまりでないように強く押さえときゃいいかな~と思っていたら、

ガチャっと玄関の扉が開いて

 

 

救世主、帰宅。

 

「あの…やっちまいました。」

すっかり酔いがさめたテンションで報告をし、近所の病院に時間外の電話して連れてってもらいました。

指を縫うと抜歯までに時間がかかって不便だからとかなんとかで、テープで止めてもらって、縫わずにはすみましたが、

 

 

こんな状態。

 

料理も洗い物も、テーブルをふくための台ふきを絞るのも不便でもちろん仕事も不便。

キーボードも打ちづらいし風呂も洗顔も化粧水もメイクも何から何まで小指一つでこんなに不便~~~

 

 

生活するのが面倒くさい。(どんだけ)

 

翌日にも血が止まっているか診せてと言われて病院に行ったのですが、血は止まっていたものの

一緒についてきたオーちゃんが看護師さんに

「酔っぱらってたもんでだよ」といらない報告をしてくれて、余計な事言うなや。

「へへへへ」と笑ってごまかすover 30。

 

もう酔っぱらった状態で包丁を握るのはやめようと誓った、そんな2020年、末。

 

来年は良い年になりますように。

 

※リンゴは半分に切ってから薄く切れば転がらなかった説。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました