息切れの連続 アレルギー科受診

diary

こんにちはー!

4歳オーちゃん2歳イーちゃんの男兄弟を育児しとります、SUMIです!

 

救急搬送騒動の翌日、ちょうどアレルギー科に受診予定でありました。

※救急搬送騒動はこちらから↓

 

乾燥肌で、アトピー体質の我が子たち。

とくにオーちゃんはガッツリとクリームタイプの保湿剤に加えてステロイドも未だ併用しており、なかなか脱ステロイド出来ておりません。もともとアレルギー体質なのでしょうか。

ということで、2か月に1回くらいの頻度で、車で1時間の距離にある某アレルギー科にわざわざ通っておるのであります。

高速に乗ってまで行っている、信頼のおける有名なアレルギー科。

皮膚の定期受診に加え、ついでにソバアレルギーの検査もその場でしてもらえるならしてもらおうという算段でございます。

 

夕方3時過ぎ、二人をそれぞれの保育園へお迎え。

 

 

そこから1時間ほど車を運転し、アレルギー科に到着。

そのアレルギー科の入り口にはエアシャワーの小部屋があって、ブオーンと両側から全身に風を浴びながら中に入るようになているのですが、

ここを受診するたびに

 

 

毎回ひと悶着。

 

大きい音が苦手なオーちゃん、エアシャワーがブオーン!!といっていきなり稼働するのが怖くてしょーない。

前回まで怖がること無く通れていたイーちゃんも、オーちゃんがあんまり嫌がるもんだから

 

 

恐れをなしはじめてしまったではないか。

 

なんということでしょう。

おにーたん。頼みますよ。

ということで、二人を両手で抱っこしてエアシャワーの部屋に突入したのですが、

 

 

まさかのエアシャワー稼働しなかった。

 

電源切ってあったわ。

花粉の時期じゃなかったのか、はたまたコロナウイルス感染予防のためなのかよくわからないけど、

我々のひと悶着は一体何だったのでしょうか。

 

さてさて、受付をして待合室で待っている間、

 

 

走り回るわが子たち。

 

前まではキッズスペースがあって、そこにあるオモチャなんかでなんやかんやいい子で待っていられたのですが、

コロナ対策のためオモチャも絵本もキッズスペースごと撤去されてしまったのです。

 

ワーキャー言って二人でくるくる円を描きながら走り回るわが子たち。

 

内心では、

 

 

おー。走っとるわ。

 

くらいに思っていた。(アカンかな??)

だって、この場にいるのは親子連ればかり。

子どもたちが走っていることで転んでしまうような足の悪いご老人は一人もいらっしゃらない。

その上、この時間帯は定期受診限定。体調不良で受診している人は一人もいないのです。

 

そんな中、4歳と2歳のアホな男児達にじっとしてろと言う方が無理な話。

好きに走り回っているがよろしい。と、内心は思っていたの

でーすーがーーー。

 

あまりに他の子ども達が

 

 

ジっとしすぎる!!!!!

 

良い子すぎへん!?

え、あなたたち、どうしたん!?イタズラとかしたくならへんのん!?走りたくならへんのん!?

それとも、

 

 

うちの子がおかしいの…!???

 

いや、そんなことないはず…大丈夫大丈夫。ちょっと元気なだけ。(ポジティブ)

 

そうは言っても、ちょ、ちょっとあんたら、そろそろ走るのやめて座って待ってよか。

あまりに他の親子連れの目が気になりすぎる。

しりとりでもしよ。しりとり。

今オーちゃんしりとりにハマってるやん。ごはんの時とか「しりとりしよ~」とかいって食べる手が止まるほどしりとり要求してくるやん?座ってしりとりしよか~~

 

とか言って強制的に座らせてみたものの、

 

 

壁にハンドルを発見。

 

高いところにある窓を開けるためのハンドルが隠しトビラの中に収納されているのを、見つけなくていいのに見つけてくれよる。

その扉を開けたり閉めたり開けたり閉めたり開けたり閉めたり

バンバンバンバンバンバンバンバンバン

 

「ちょーっと、そこ触るのやめよか~。前向いてすわってよか~~」

 

と言って座らせたら着座すると同時に立ち上がって

 

 

動いてないと死ぬマグロか!!!!!!

 

子ども一人を連れて外出するときは2人とも結構大人しく座っていられるのに、2人そろうとどうしてこうも動きたくなってしまうのか。

「はーい走るの終わり―。座って~~」

と2人を止めようとした時、

「SUMIさーん」とお呼びがかかりました。

 

こちらの病院では、診察の前に看護師さんからの問診があり、その後診察となる流れ。

2人を強制連行して着席。

 

「今回は通常の定期受診でよろしいですか?」

「あ、オーすけの方なんですが、昨日そば殻の粉を吸い込んだら…」

と真剣な話をする中、

 

 

喧嘩すなー!!!!!

 

オカンの隣の椅子を取り合って喧嘩すな!!

看護師さんの声全然聞こえへん!!ちょっと黙ってて。静かに2人仲良くお座りしててください。

 

「で、すみません。昨日そば殻を吸い込んだら喘鳴が出てしまって、顔にも発疹が出て、」

「症状はどれくらい続きましたか?」

「10分くらいで収まったのですが、アレルギー検査をする場合って…」

 

 

やかましいー!!!!!

 

事務室の一画みたいなところで問診するんですが、事務員さんたちも苦笑いするほどのうるささ!!

「ちょっとじゃあ一人はママのお膝に座っとり。」

そう言ってイーちゃんを膝に乗せたのですが、今度はオーちゃんが

 

 

電気のスイッチ押してんじゃねぇ—!!!!!

 

あんなに取り合ってた椅子に座れる状態にあるのだから座っておれよ。おみゃぁさんの発作の話をしとんじゃこっちは!!

見兼ねた事務員さんが一人出てきてくれて、オーちゃんをスイッチから離してくれましたとさ。

 

つづきます。

 

 

コメント

  1. […] 息切れの連続 アレルギー科受診こんにちはー!4歳オーちゃんと2歳イー… […]

タイトルとURLをコピーしました