【療育】4歳自閉症スペクトラムの療育プログラム

diary

こんにちはー!

4歳オーちゃん(自閉症スペクトラム)と2歳イーちゃんの男兄弟を育児しております、SUMIです!

お子さんを療育に通わせていますか??また、おうちで療育的な取り組みはされていますか??

という質問をいただきましたー!!質問どうもありがとうございます(*‘∀‘)

我が長男オーちゃんは自閉症スペクトラム(以下ASD)。その治療の基本として「療育」というものがあります。

早速質問に答えていきたいのですが、その前に療育ってナニ??という方のために一応説明いたします。

療育とは

療育とは、治療教育のことです。

1人ひとりの子どもの状態や特性に合わせて支援計画を立て、本人の力を引き出して出来る事を少しずつ増やし、生活上の困難を減らすようにサポートしていきます。(病院でもらったパンフレットを参考にしています)

地域の療育センターなどの公的な施設のほか、病院はクリニックに併設された施設、民間の施設でも提供されております。

療育によって本人が適切な支援を受け、同時に周囲が本人の特性について十分理解できるようになると、子どもは生活上の支障を感じにくくなり、自己肯定感が高まって二次的な問題(頭痛、腹痛などの身体症状や、うつ、不登校、暴力、自傷行為など)の予防につながります。

ちなみに、療育により行動が変わったり、気になっていたことが目立たなくなることはありますが、生まれ持った特性が消失することはありません。

特性を持ちながらも、社会の中で生きやすくするためのサポート。それが療育です。

療育に通っていますか?

月に1回のリハビリ受診

ハッキリと「療育」と定義づけられたわけではないのですが、月に1回病院へ行き、作業療法士さん(OT)によるリハビリを受けています。

私が住む地域では、今長男な通っている総合病院でのリハビリ、そして、公的施設での療育、あとは小児開業医に併設されている療育の3つの選択肢があります。

総合病院でのリハビリは園児が対象。公的施設は小学生以上が対象となり、多分ですが小学校にあがったらそちらの療育へ移行していくのかな~?と、勝手にですが思っています。

開業医での療育も選択肢にはあるのですが、保育園との連携がとりやすいのが総合病院だと言われたので、総合病院を受診しました。

保育園からの紹介という形で総合病院にて発達検査を受け、ASDの診断をもらいました。

検査する中でOTによるリハビリの必要性を指摘されたため、そのままその病院で月に1回リハビリを受けている形です。

同じ病院でも、人によっては言語聴覚士(ST)によるリハビリとOTによるリハビリを月1ずつ受けている人もいるようですが、我が子はSTは必要なしと判断されたようです。

オーちゃんは発達検査の結果、発達にかなりデコボコが見られました。

デコボコとは、年齢以上に成長が見られる分野もあれば、年齢相当に発達していない分野もある。ということです。

それは、ASDの特性による「興味の偏り」から来ていると思います。

興味がある分野の単語は大人でも知らないようなことまで知っているけれど、興味がないことはあまり知らない。と言った具合です。

特に、手先をつかって何か物事を行うことに興味がなく、お絵かきやハサミなどでの作業を促してもなかなかやろうとしません。

よって、手先を使う経験が少なく、巧緻動作(細かい動作)がなかなか発達していません。

一言で言ってしまえば「手先が不器用」

また、易刺激性により、なかなか落ち着いて座っていることも出来ません。他に興味がある物を発見すると、そちらへ行ってしまうのです。

この成長のデコボコの、ボコの部分を補うためにリハビリを受けているわけです。

リハビリの内容としては、

線や図形を書く、ハサミで切る、などという巧緻動作を行う机上課題だけでなく、

ブランコや壁登り、縄跳びといった粗大運動まで、遊び感覚で発達を促す。という感じの内容です。

机に向かって長い間じっと座っていられないオーちゃんですが、粗大運動で体幹を鍛えると、座っていることが出来るようになったりするらしいです。

保育園での対応

保育園でもオーちゃんの特性に合わせた対応をしてくれています。

病院で検査結果が出る日に、園長先生と担任の先生も病院へ来てくれて、検査結果や今後どのように対応するのが良いのかという話を一緒にしました。

変化を嫌う体質なので、事前に説明をすることや、必要に応じて視覚的に示すこと、集団行動が難しい場面では強要しないこと、苦手な机上課題は個別にサポートすることなどを医師から指導され、担任の先生がうまいことサポートしてくれております。

ちなみに、オーちゃんに加配の先生はついていません。

児童17人に2人の担任の先生がついていてくれて、必要に応じて担任の先生どちらかがサポートに入ってくれています。

おうちでの療育的な取り組み

家での対応

家では療育と胸を張って言えるような特別な取り組みはしていませんが、オーちゃん自身が安心して生活できるように、ASDの特性に合わせた基本的な対応はこころがけています。

事前に説明すること、終わりを前持って予告しておくこと、譲れるこだわりは譲ることは特に意識して行っています。

また、精神的に不安定になると、ちょっとしたことでパニックのようになってしまうオーちゃんなので、パニックになった時は抱きしめて安心感を与えた上で、「こうすれば良いんだよ」と解決策を提示するといった対応もしており、パニックが収まるまでの時間が大分短縮されてきました。

詳しくはこちら↓

また、オタク気質でテレビを見だすとテレビばかりになってしまうオーちゃん。

リビングからテレビを撤去し、寝る前だけテレビを見てOKというルールにしています。

テレビを撤去したことで、弟のイーちゃんと2人で遊ぶ時間が増えたし、絵本や図鑑を見てくれるようになりました。

通信教育を活用

手先の不器用さは私自身も結構気になっていたので、それを補うためにタブレット学習の「すまいるぜみ」を。

興味の偏りがあるため、経験も偏りがち。様々なことを実体験させるために「Z会のぺあぜっと」をしています。

どちらも年中4月から開始しています。

すまいるぜみ

鉛筆で紙に書くことに全く興味がなさ過ぎて、ほんっとうに全く鉛筆を持とうとしなかったオーちゃん。

嫌がるのを強要は出来ないし、かといってやらせないまま放っておくのも心配すぎる。

タブレット端末&タッチペンだったら握ってくれるだろうという目論みから「すまいるぜみ」をはじめました。

「すまいるぜみ」とは、タブレット端末だけで学習する通信教育。

作戦通り、すまいるぜみでひらがなや数字を書く練習はとてもよろこんでやってくれ、そこで経験を積み重ねたことにより、現在では鉛筆で紙に書くことも前ほど嫌がらずにやってくれるようになりました。

また、様々な科目をタブレット端末一つで学習できるので、興味の範囲が広がったという効果もありました。

カエルの種類や鳴き声、植物の成長の仕方などをタブレットで学び、外で遊んでいる時に学習した内容を発見して喜ぶ姿が見られたこともあり、やらせて良かったの一言でございます。

「すまいるぜみ」資料請求はこちらから↓

Z会

Z会の教材は、体験学習の「ぺあぜっと」、ワーク教材の「かんがえるちからワーク」、提出課題の「ぺあぜっとシート」の3本建て。

鉛筆を握ることが苦手なオーちゃんなので、「かんがえるちからワーク」は最初から諦め、全く手つかずでとってあります。弟のイーちゃんがいるので、イーちゃんが興味を持ちそうならやらせようと思っています。

教材1つ諦めてまでZ会を選んだ理由。それが、体験学習の「ぺあぜっと」。これのためだけにZ会やってる。

「良質な遊びの中に良質な学びがある」という考えの元、学びになる遊びを提案してくれる体験型教材です。

オーちゃんは放っておくと電車電車電車電車の電車オタク。

休みの日なんか、外に遊びに出れば「電車を見に行きたい」。家の中でも「電車ごっこ」。開く本は「鉄道図鑑」。放っておいたら電車のことしか考えていないのです。

実体験・実経験が学びとなり、成長の糧となるこの幼少期に、電車ばかりでは発達のデコボコが助長されてゆく。

そんな電車オタクにも、Z会ぺあぜっとで紹介されている遊びを取り入れれば、良質な遊び・良質な経験が出来ます。

絵本のように読み聞かせてから体験学習をすれば、興味の狭いオーちゃんでも楽しそうに夢中で遊んでくれますし、大人でも楽しめる内容なのが素晴らしいところ。

オーちゃんと向き合って一緒になって遊ぶ時間なので、親にとっても貴重な時間。オーちゃんの成長っぷりを親がめちゃくちゃ感じる場にもなっています。

無料でおためし教材をもらえます→Z会の通信教育 資料請求

興味を掘り下げ、得意を伸ばす

発達のデコボコの「ボコ」を底上げすることだけでなく、「デコ」の部分を更に伸ばすように心がけてもおります。

電車が大好きなオーちゃん。

頭の中が電車ばかりで他の経験が出来ないと困るけれど、興味があることはどんどん覚えるという、ASDのすんばらしい特性を利用しない手はありません。

電車好きが功を奏して、時刻表から時計が読めるようになりました。

路線図を持って電車に乗った経験をきっかけに、現在は路線図を覚え中でございます。ふりがなをふった路線図を買い与えたので、毎日一人で勝手に読み込んでいます。4歳で地図を読めるようになったら大したもんです。

※こちらを買い与えました↓

もちろん蒸気機関車も好きなので、「石炭を燃やして水蒸気にしてシリンジを動かす」という蒸気機関の基本構造も理解しはじめています。

「電車は電気で走り、SLは蒸気の力で走る」なんて、興味がないと知り得ない知識ですので、このような知識はどんどん頭に入れていけるよう、鉄道博物館に行ったり、SLを見に連れて行ったり、一緒に図鑑を読み込んだりしてサポートしています。

電車だけでなく、文字や記号に興味を持つという特性もあるため、興味を持ち始めた2歳の頃から文字を教えております。ひらがな・数字はコンプリートしております。

参考になりましたか?

リハビリ・保育園・自宅と、多面的にサポートすることで、現在オーちゃんは落ち着いて生活することが出来ていると思います。

今は保育園の方でかなりオーちゃんの特性を加味して対応してくれており、おかげでオーちゃん自身楽しみながら保育園にも通えています。

小学校に進学する際などにはまた違った形のサポート体制になるので、その時その時の状況に合わせて療育の在り方も変わっていくと思います。

オーちゃんが特性を持ちながらも生活しやすいように環境をととのえ、苦手をサポートしながら、得意を伸ばす。

という感じで私自身は対応しているつもりです。

 

 

また何か質問がありましたら、気軽にご質問くださいませ。

こうした方がもっといい!我が子にはこれが効果があった!などのアドバイスも貰えるととても嬉しいのでコメントお待ちしております!

情報を共有しながら、子ども一人一人にとって最適な対応を見つけられる手助けになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました