分かっちゃいるけどどうしても言っちゃうこと

diary

こんにちはー!

4歳オーちゃん2歳イーちゃんの兄弟を育児しております、SUMIです!

 

オーちゃんは自閉症スペクトラム症でございます。

 

こだわりが強くあったり、対人関係が苦手だったり、興味が狭くて深かったり

 

という感じの特性があるわけなのですが、

 

その特性を持ちながらも、オーちゃんは特に生活上の問題や大きなトラブルなく過ごせております。

 

その特性を理解し、配慮して本人が生きやすく、自分の強みを活かしていけるようにするのが、親である私の務め。

 

と、いうことは、一応理解しているつもり。

 

さてさて、そんな特性をしっかりと持ち合わせているオーちゃんは、

 

基本保育園でもボッチ遊び。

 

 

全体でやる転がしドッチボールとかは問題なく参加できるのですが、フリーの時間は基本ボッチ。

 

「今日保育園でなにして遊んできたの?」と聞くと、

 

 

「ニューブロックで電車作った!」

「誰と遊んだの?」

「一人で!!」

 

せつなーーーーい!!!!!!

 

また別の日は、

 

 

「ロープウェイごっこした!」

「誰と?」

「一人で!!」

 

せつなーーーーいっ!!!!!

 

てか一人でロープウェイごっこってどうやんのー!?っていうか、ロープウェイごっこってナニーーー!?!?

 

とはいえ、切ないと思っているのは親の私だけ。

 

本人は、

 

 

1人で好きなように遊ぶのが楽しくて、1人でも十分幸せ。

むしろ、他人に自分のこだわりの遊び方を崩されるのが嫌。

 

保育園も楽しいっていって喜んで行っているので、別に何の問題もないのだけれど、

 

そうなんだろうけど、

 

保育園は友達と遊ぶ場所。と無意識のうちに思い込んでいた私の勝手な価値観でその姿を見ると、

 

 

無性に切なーーい!!と思ってしまうのでございます。

 

保育園にお迎えに行くと、園庭で少し遊んでから帰ることが多いのですが、

 

他の子たちが楽しそうに追いかけっことかしていると、

 

 

オーちゃん、君は本当にそれでいいのか?

 

と思ってしまう。

 

友達と遊ぶことには、一人遊びでは感じる事の出来ない喜びがあるのだぞ??

 

と、どうしても思ってしまう。

 

で、結果、

 

 

いらんこと言っちゃう―――!!!!

 

いや~本人からすれば超余計なお世話ですよね!!

 

もちろん「いや」言いますよね。

 

おらぁブランコがしたいんじゃい。他の子と遊ぶことに興味なんかないんじゃい。自分のやりたいように、自分一人で出来る喜びを噛みしめとるんじゃい。

 

って感じだと思うんだよ多分。

 

先日もさ、スーパーに行ったらオーちゃんのクラスの子が二人もいたんですわ。

 

あ、○○くんいるよ~、「こんにちは」しといでよ。って言ったんだけどさ、

 

 

どんだけシャイボーイ。

 

相手は声をかけてくれとるというのに。オーマイガ。

 

道ですれ違う見ず知らずのオジサンには挨拶できるのに、なんでクラスのお友達に挨拶できへんのや。

 

 

で、他の2人はキャイキャイと楽しそうに遊ぶ中、

 

 

輪に入れずにいる男。(というか、別に輪に入りたくない男。)

 

自分だったら輪に入りたいタイプなので、オーちゃんが理解できない女(オカン)。

 

で、

 

 

 

いらんこと言うてまうんじゃー!!!!

 

もちろん「いや」言われましたわそうですわ。

 

そういう性格なんだから仕方ない。性格は変えられないのだよ。別に本人はお友達と遊びたくないのだよ。

 

わかっちゃいる。私の前頭葉では分かっちゃいるのに、感情がそう言わせてしまうんじゃぁぁぁごめんオーちゃん。

 

 

そんなオーちゃんだけど、イーちゃんとはとっても楽しそうに遊んでくれるので、

 

 

兄弟がいてホンットウに良かった。

 

と心から思うオカンなのでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました