4歳児にド正論で説教された34歳

diary

こんにちはー!

4歳オーちゃん2歳イーちゃんの兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

イーちゃんは牛乳が大好き。

 

ご飯の時は必ずお茶より牛乳。

 

そんな大好きな牛乳で

 

 

 

遊んでしまう未熟な2歳。

 

遊び食べ、まだまだやらかしてくれます。

 

なので、牛乳で遊び始めたらオカンは

 

 

 

 

牛乳を没収。

 

 

牛乳を飲みたければ、遊ばずにゴクゴク飲みたまえ。

 

そう教え続けてはや何ヶ月。

 

それなのに今日もせっせと牛乳で遊び、没収され、

 

 

フィーバー。

 

うっるっさっ!!!!

 

 

牛乳飲みたければ飲めばいいのに。遊ばなきゃいいのに。なぜそれが分からぬ。

 

毎日毎日何回も何回も言い続け、没収され続けているのに、

 

 

 

「イーちゃん、バカだなぁ~。」

 

 

オカンは何気なくつぶやいた。

 

すると、一人、その一言に食いついてきたのが

 

 

オーちゃん!!!!

 

 

 

 

どどどどどどどどどどど正論!!!!!

 

ひえぇぇぇぇぇぇぇ、バカと言ってはいけないと教え込まれた4歳児、こーわっ!!

 

 

 

34歳 強調しすぎ。

 

 

ちょ、おま、オカンは確かに34歳だけどさ。

 

それなのに、オカンは「馬鹿」などという短絡的で幼稚な言葉で子どもの事を表現し、そしてその言葉は教育上良い事が一切ないばかりか悪影響しかないというのに34歳にもなって自分を自制することも出来ず「馬鹿」などと言ってしまって、

 

 

はずかしぃぃぃぃぃぃぃぃ—————!!!!!!!

 

そんな真っすぐな目でオカンを見ないでぇぇぇーー!!!!

 

 

その後もオーちゃんに説教され続け、

 

 

謝るオカンなのでした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました