「カワイイ」と言われ続けた結果

diary

こんにちはー!

4歳オーちゃんと、2歳イーちゃんの兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

はっきり言って、オーちゃんはカワイイ。

 

顔も可愛いのだが、言動がとにかくカワイイのだ。

 

そのカワイさゆえ、家でも、保育園でも、じいじ・ばあばの家でも、ドコでも

 

 

「カワイイ」「カワイイ」「カワイイ」「カワイイ」

 

と言われ続けた結果、

 

完全に

 

 

自分の可愛さを自覚してしまっている。

 

 

最近は、こっそりオカンをのぞき見て、

 

 

「ねーねー、カワイイ子が見とる??」

 

「うん。カワイイ子が見とる。」←結局オカンも言っちゃう。

 

 

 

やばいな。このままいくとイタイ奴になりかねない勢い。

 

 

そんなオーちゃんだが、朝の支度の際、オトンの言うことを聞かずにいたので、オトンに

 

「オーちゃん、可愛くない!」

 

と言われてしまった。

 

今まで散々「カワイイ」と言われ続けて育ってきたオーちゃん、

 

 

 

自分の耳を疑う。

 

え、ちょっと、自己肯定感高すぎませんか??

 

 

そして

 

 

 

すかさず、オカンに報告。

 

完全に、「オーちゃんはカワイイのにねぇ。」という一言を貰うための報告である。

 

 

そんなこんなで夜。

 

ご飯を食べている時、

 

 

「パパ、オーちゃんのこと可愛くないって言ったよね。」

 

めっちゃ根に持つタイプ!!!!

 

朝ポロっと言われた一言を、夜まで引きずっていらっしゃる。

 

 

「オーちゃん、パパとはお風呂一緒に入ってあげないからね!!」

 

仕返しがカワイすぎませんか。

 

しかし、こんな攻撃力0の仕返しに動揺するようなオトンではない。

 

なんせオトンはドライなのだ。

 

「いいよ。じゃあママとお風呂入りなよ。」

 

 

どんだけ~~~~!!!!

 

 

なんていうか…

 

この一連のやりとりがカワイイわ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました