イヤイヤ期の癒し

diary

こんにちはー!

4歳オーちゃん2歳イーちゃんの兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

ほんっとうに、

 

 

イーちゃんのイヤイヤ期がフィーバー。

 

 

オーちゃんのことが大好きなイーちゃん。

 

オーちゃんがやることを一緒にやりたがるのですが、結果

 

 

オモチャの取り合い。

 

「イーちゃんの!」

「オーちゃんが遊んでたんだから、順番バン(←いないいないばあの歌)だよ!」

「いや!」

 

 

そしていつもオーちゃんが殴られる。

 

兄というのは大変だな。

 

オモチャを渡さないと、手をかじられる時もある。

 

で、

 

 

悲惨な状態に。

 

下の子強い現象。我が家でも起きてます。

 

 

オーちゃんもオーちゃんで、イーちゃんを押したりすることもあるのですが、

 

気の強いイーちゃんはそんなのでは動じない。

 

負けじとオーちゃんめがけて挑んでいく。

 

 

男の子って、取っ組み合いの喧嘩をするっていうけど、

 

このようにして起こるのですね。

 

そんな二人の姿を見ていると、もう完全に

 

 

猿山のサル。

 

気の強い子ザルと、気の弱い中くらいのサル。

 

 

で、結果

 

 

オーちゃんが負ける。泣く。

 

大変!!!!!

 

 

 

他にも、風呂上りの保湿中にも逃げだすし、

服着るときも「いやー!」だし

洗面所の引き出し開けて石鹸とか洗剤とか触るから洗面所に入れないようにカギを閉めると

 

この世の終わりレベルで泣き叫ぶ。

 

2階に上がると漫画が置いてある本棚があるのですが、

 

本棚の漫画をすべてぶちまけて、カバーを外して、

 

 

かじる。

 

わ、ワンピースが………

 

何故かじる必要があるのだ!!

 

漫画を片付けようかとも思たが、そもそもなぜ2階に上がっているのだって話。

 

階段にはベビーゲートがしてあって、一人では上がってこれない仕様にしてあるのだが、

オーちゃんがゲートを開けられるようになってしまったので、勝手に開けてイーちゃんも一緒に2階へ上がってしまう。

 

イーちゃんはオーちゃんが大好きだから、オーちゃんが2階へ行くとイーちゃんも行ってしまうのだ。

 

ということで、オーちゃんに

 

「お願いだからイーちゃんが登れないように、ゲートを開けたら閉めてください」

とお願い。

 

結果、オーちゃん一人2階へ上がると

 

 

地獄の底に来たレベルで泣き叫ぶ。

 

 

寝るまでは寝る前で、

 

テレビを消すと「いやー!」(寝る前が唯一のテレビ時間)

トイレ行くのも「いやー!」

トイレ終わって手ぇ洗うのも「いやー!」

オムツ履くのも「いやー!」

 

感情「いや」しかないんか!!

 

もうホンットに腹立った時なんて、イーちゃんの頭をスパコーンと叩きたくなった手を

 

 

必死にこらえて自分の足に打ち付ける。

 

まじであぶねぇ。体罰はあかん。

 

 

ちょっと。

育児書なんか読むと、「きちんと説明する。感情を代弁してあげる」とか書いてあるけど

 

もうそんな心の余裕がないほど面倒くさい大変なんですけど!!

 

っかぁぁぁぁぁぁ!!!!!

 

疲れた!!!!もう疲れた!!寝る!!

 

と不貞腐れていると、天使の4歳(オーちゃん)が

 

 

癒し……

 

抱っこして~~~!!つって、癒してもらいました。

 

 

この前もさ、保育園にお迎えに行ったらさ、

 

 

「ママー!ママが作ったお弁当全部食べて、うれしい?」

「全部食べたの!?うれしい~~!!」

 

って、癒し……

 

保育園のお弁当って、白ご飯を弁当箱に入れただけなのによぉぉ。

 

はーあ。オーちゃん癒されるわ~。

イーちゃんどっか行ってまだ遊んでるけどもうオカンは知らん。寝る。

 

そこへ、やっと寝る気になったイーちゃんがやってきて、

 

 

にゃにこれぇぇぇぇぇ!!!!!!

 

これまでの腹立つことすべて浄化されるほどの、

 

圧倒的な癒し!!!!!!!!

 

 

「ママ、だいだいだいだーいしゅき♡」

「ママもイーちゃんのこと、だいだいだいだーーーいすき♡」

「だいだいだい、だーーーいしゅき♡」

「ママも、だいだいだいだーーーい好き♡」

 

幸せタイムを過ごしていたら、一人離れた場所で寝ていた夫が

 

 

 

ぶちこわしてきたけどな。

 

そんな感じで、わずかな癒しをカテに、オカンは日々耐え忍んでおります。

 

頑張れオカン。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました