日本が借金大国なのは大ウソ!?消費税を減らしても大丈夫な理由とは

情報

5%だった消費税が、8%にあがり、遂には10%になりました。

買い物をしていて、レジで支払う時に「高ーー!!こんなに買ったっけ!?」と思うことがほぼ毎回!!

消費税10%って…思っていたよりずっと大きい!!!!

日々のお金に教育費、さまざまな支出がある一般庶民のお財布には痛すぎる出費!!

財布の紐はどんどん硬くなるばかり。 iDeCo?NISA? やりたいけど、そんな金どこにあんねん!!

そう思っていたところに、コンビニでこんな本を発見。

消費税のことを書いてある本なんて堅苦しくて難しいんでしょ。と思わないで。

だってこれ、漫画ですから。

しかも内容もめちゃくちゃ面白い!!完全にバトル漫画!!

増税推進派のお偉い大人たちが次々と出てきて「増税は必要だ!」と言うのを「増税なんて必要なーい!!」とぶった切っていくというストーリー。

要所要所に出てくるツッコミが面白くてクスリと笑ってしまう内容!!

それでいて、読み終えたときには消費税増税を撤廃したいという強い信念をヒシヒシと感じるのです。

なんとな~く「消費税が上がるのって、仕方がないのかな…」「もう決まっちゃったもんは仕方ないな」と思っていた私、

この本に

ガツーンと頭カチ割られました!!

消費税増税なんて、必要なかったんだ!!!!!

今からでも消費税を下げるべきだと!!

いや、コロナショックの今だからこそ、消費税を下げるべきなのだと!!!

マスク配るお金で消費税下げてくれ!!

10万円もらえるの~?ラッキー♩なんて、目先だけの利益に囚われて騙されるところだった!!

消費税、偉い人達が上げるっていうから、上げた方がいいんだろな~と漠然と思っていたアナタ!!

今一度、考えるべき時です!!!!ぜひ読んでみて!!!!!!すぐ読めちゃうから!!!

1000兆円の赤字は大ウソだった!!

今日本には1000兆円の借金があります!!これは、国民一人当たり、900万円にものぼる借金です!!!!!

こんなセリフ、どこかで聞いたことありますよね。

テレビでも言ってるし、私は中学校の授業でも聞きましたよ。借金時計なんてものまで見せられてさ~恐ろしいですよねーガクガクブルブル

私自身も、

「えーー!!!私何にもしてないのに、900万円も借金あるのー!?!?どうしようどうしよう、そんな大金払えないよ!怖い怖い怖い~~」

と、思ってました。

あなたも、900万円もの借金をしていないのに、勝手に借金背負わされた気でいませんでしたか!?!?

でもね、

これが真っ赤なウソだったんです!!!!!

あなたは借金背負わされてなどいません!!身軽です!!首回ります!!

なんせこの日本は、1000兆円の資産を持ってるんだって!!その額、世界一!!! アメリカより多いって知ってました!?!?

借金もあるけど資産もある!!!!まるで日本はzozoの創設者の前澤さん!!金持ちやん!!

そもそも、1000兆円ものお金をどこから借りているのかというと、その44%もの割合が日本銀行!!

そしてその日本銀行は政府の子会社!!だから、44%はそもそも借金に当たらないんだって!

そう。そもそも日本に1000兆円の借金なんて存在しないのです!!

日銀をのぞく残りの借金も、国は日本国内にある銀行から借りている。つまり、我々国民のお金を国が借りてるのです!!

あなたは900万円の借金があるわけではありません!!あなたが銀行に預けているお金を、国に貸している側の人間なのですよ!!!!

国民一人当たり900万円の借金だなんて、悪質なプロパガンダ(※特定の考えを押し付けるための政治的宣伝行為)だったんですよぉぉぉぉぉぉぉ

ではナゼわざわざそんなウソをついたのか。それはただ一重に、消費税を増税するためです!!!

「消費税上げないとどうしようもないんだな…」と国民に思い込ませるために財務省が言ったウソなのですよぉぉぉ!!

借金がある~国民1人あたり900万円も借金がある~大変だ~日本は世界一の借金大国だ~貧乏だ~と洗脳されて、

まんまと騙されていたわけです我々は!!!!!

増税するとデフレになり、結果国の税収も下がるという事実

消費税が上がるたびにデフレが増強するというのは実は過去の歴史から見ても分かります。

1997年、消費税が5%に増税したらどうなったと思いますか?

日本は深刻なデフレに突入したのです!!

当時の橋本龍太郎総理は、4年後に

「私の税制改革は間違っていた!国民に多大の迷惑をおかけした。深くお詫びしたい」

と言っているのですよ!!めっちゃ反省してます!!お詫びまでされてます!!

2014年には8%に増税。

増税前後で家庭の消費量が年間34万円もさがって、国民の財布の紐は今カッチカチやぞ!!カッチカチやぞ!!

アベノミクスを主導した浜田紘一先生は

「これだけ日本銀行が金融緩和を行ってもデフレになり、消費者物価目標も上がらない理由が分かりました。税制赤字を減らそうとして増税してはならない。むしろ減税すべきなのだというのです」

って言うとるやないか!!まーた反省しとる!!

江戸時代だってそうじゃんよ!!質素倹約やったせいでどんどん貧乏幕府になってったじゃないのよ!!

消費税は消費することへの罰金!!消費にブレーキがかかるのは当たり前のこと!!

戦争したらあかんな。っていうのも歴史から学んだんだから、消費増税したらあかんな。っていうのも歴史から学ぶべきとちゃうんか!!??

目指すべきは経済成長!!それによって将来的には税収もアップするのです!!

消費にブレーキをかける消費税は経済を壊滅させる最悪な税なのです!!!!

せやのになーんで更に上げたのよ!!財務省&政府!!!!

現に消費税が10%になってから、GDP(国内総生産)が-7.1%という衝撃的な数字が出ました!!!!

消費税が消費にブレーキをかけることが現実になってしまったのです。

増税で増えた税収は社会保険に使われていなかった!!

2014年、消費税が5%から8%に増税する際、増えた税収は全額社会保障に使うと公約に掲げていた自民党ですが、

実際に使われたのはたったの2割!!!!!!!

え————ちょちょちょ、話が違うやーん!!

社会保障に使うって言うから増税やむなしと思ってたのに、2割!?たったの2割!?

じゃあ残りの8割はどこへ行っちゃったの!?!? って話なんですけれどもね、

法人税を下げた穴埋めに使われているんですって—————!!!!!!

え—————!!!!!!

話が違いすぎるぅ——!!!!!!!!

そもそもさ、法人税っていうのは大企業とか、お金をいっぱい持っている、いわば金持ちが払う税金!!

そして消費税は、収入が少ない人ほど負担が大きい、貧乏人からせしめる税金。

貧乏人からせしめた消費税を、金持ちが払うべき税金の穴埋めに使ってますやーーーん!!!!

そもそもさ、社会保障に使うっていうから増税やむなしっていう話だったじゃん!

お年寄りとか、病気の人とか、弱い立場の人間を救うためのお金になるっていう話だったじゃん!!だから増税しても仕方ないよね。っていう話だったじゃん!!

それを、金持ちを減税するために使っていたなんてぇぇぇーーー!!!!!!!!

しかも、中小企業は真面目に法人税を払っているのに、大企業ほど法人税の負担が軽くなっているんですって———!!!!!

「消費税増税認めてくれたら、大企業の法人税軽くしますから~」っていって財務省が経団連を黙らせたっていう話!!

一般人には「あなたよりももっと弱い立場の人達のために使うんです。だから皆さん、身を切って10パーセントの消費税を払ってください。」

って言って一般人からお金せしめといて!!それで金持ちが甘い汁吸ってたなんて!!!!

やり口汚すぎない!?!?

私たちは、また騙されていたんですよぉぉぉぉ!!!!!!!

てかもう詐欺やん。

お金を払ってください。変わりに社会保障を充実させますから。って言っておいて、実際は金持ちのために使ったら、もうそれって、詐欺やん!?!?

総理大臣って詐欺師なの!?

政治家って詐欺師なの!?

財務省官僚って、詐欺師なのぉぉぉ——!?!?!?

そしてわれわれ国民!!!

政治家の言うことをただただ素直に受け取って真に受けて信じて、私たちもどんだけ馬鹿だったんだって話ですよ!!

キィィィィィィ騙されたぁぁ悔しいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!

他にも面白い内容づくめだった

上記したような内容以外にも、

増税に賛成した経済学者は国から権力・権威・地位・名声を与えられた犬だった!とか

新聞も軽減税率の対象だから増税を悪く言う事は書けない!とか

輸出戻し税で、消費税が増えれば増えるほど大企業にはお金が戻ってくるシステムだった!!とか

日本の国債は金利が下がり続けており財政破綻などあり得ないのに、国民は「このまま国の負債が増えると財政破綻する」と財務省にマインドコントロールされいてる!!とか

IMF(国際通貨基金)が掲げる「国の赤字を減らすべき」を素直に聞いていると、逆に国が財政破綻する!!とか

増税に反対すると消される!?とか

まぁぁぁ他にも色々と知らなかった事実のオンパレードで、最初から最後まで超面白かった!!

この本は全日本人に読んでもらいたい!!!!

そして、この本を読んで私が思ったことは、

コロナショックで世界恐慌並みの不況が訪れると予測されている今、消費税を撤廃してもらいたいということ!!!!!

8%から10%に増税するか否かの国会で、安倍総理が「リーマンショック並みの不況が起これば10%増税は先送りする」と発言したことがありました。

これから、リーマンショック以上の不況が訪れます!!

そこにより一層不況へと導く消費税10%があったら、もう最悪のシナリオしか想定出来ません!!

財務省がなぜ一度上げた消費税を撤廃しないのか。それは一重に、また上げるのが難しいから。たったそれだけの理由。一般的な国民の生活の苦しさなど1ミリも考えていないからそんなことを言うのです。

日本のこれからの道は、政治家が考えるものではありません。

国民一人ひとりが考えるものです。

このコロナショックで家に居る時間が長くなっている今を機に、これからの日本のことを考えてみてはいかがでしょうか。

本の帯をオリラジの中田さんが書いていらっしゃいますが、中田さんもyoutube動画でこの本を紹介していました!!

お時間がある方はこの動画もぜひ見てみてください!↓ 超面白い。

【消費税 増税①】〜なぜ増え続ける?増税の裏に隠された歴史!〜
【消費税 増税②】〜増税は本当に必要なのか!?〜不都合な真実〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました