こんな時に!!オーちゃんの体調不良でドタバタした話

diary

こんにちはー!

4歳オーちゃん2歳イーちゃんの兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

こんなコロナコロナ言ってる時に、オーちゃんが発熱いたしました。

 

 

もしマジでコロナで、他人に移しても、移されても困るので、保健所の目安としている4日間は病院にも行かず家で様子をみることに。

 

とは言っても、しょっちゅう発熱して大体4日間発熱が続くのが月1~2回あるオーちゃんなので、

 

 

そんなに心配してなかったのですが。(心配しろや)

 

発熱したのは日曜日。

 

夫がいてくれたので、オーちゃんは私と、イーちゃんは夫と過ごして、翌日月曜日。

 

オーちゃん未だに

 

 

38~39度のお熱!!

 

念のためイーちゃんも保育園をお休みさせ、2人とも家で私と一緒に過ごしたのですが、

 

お熱の時のオーちゃんはいつも

 

 

隣にオカンがいて欲しい。

 

お昼ごはんを用意しに行くときも、体を冷やすために保冷剤を取りに行く時も、オカンがトイレに行くときも、

 

 

めっちゃ泣く!!!!

 

「トイレ行くだけだから!すぐだから!!お願いだからトイレくらい行かせてくれ!!!!」

 

ヤバイ。既に余裕をなくし始めるオカン。

 

ほんで厄介なのが、

 

 

元気なイーちゃんが家にいること!!!

 

いつもは2人でコロコロと遊んでいるので、

 

いつものテンションでちょっかいかけに来る!!!!

 

 

ほんでそのちょっかいのかけ方が、めちゃくちゃ雑!!!

 

オデコの冷えピタ取るわ、

脇に挟んでた保冷剤取ってかじるわ、

なんならジャンプして飛び乗るわ、

 

で、そうなるともちろん

 

 

 

オーちゃんギャン泣き。

 

 

「今日オーちゃんお熱だからそっとしておいてあげてね!」

 

と伝えるも、

 

 

 

 

ハーラーターツ————!!!!!!

 

 

何でもかんでも「いやいや」言いよってからに!!!(それがイヤイヤ期)

 

余裕を無くしたオカン、ブッチーンとキレて、

 

 

 

激怒!!

 

 

しかし、イヤイヤ期の2歳にブチギレたところで

 

 

その効果の無さにビックリするわ。

 

その脳みそどうなっとんねん。

 

もう最終的には

 

 

 

 

「頼む!!頼むから今日はオーちゃんそっとしておいて!!お熱だから!!!!」

 

 

オカンが半泣きで懇願。

 

 

それでも言うことを聞かない2歳児。まじ最強説。

 

ということで、イーちゃんには悪いけど、

 

お1人で1階のリビングで過ごしていただきました。

 

「上行きたーい!!」とめちゃめちゃ泣いてましたが、無視しました。

 

 

 

さてさて、発熱3日目の火曜日。

 

未だに38度後半の熱が出ているオーちゃんですが、

 

 

結構元気。

 

ご飯もモリモリ食べて、遊びたそうにしておる。

 

しかし今度はだんだんオカンが

 

 

体調不良に。

 

頭痛くなってきた。

 

実はオカンも日曜日から喉が痛かったんですが、昨日1日イライラして過ごしてたら悪化したわコリャ。

 

ということで、リビングのオーちゃんの隣で毛布にくるまって寝ておりました。

 

ちょっとウトウトし始めたその時、

 

 

ヒデブ————!!!!!

 

イーちゃんがオカンに猛烈ダイブ!!!!

 

再びオカンから離れ、ソファに登ったと思ったら、飛び降り走ってきてオカンにダイブ!!

 

オカンの向こう側に寝ているオーちゃんに向かって

 

 

「オーちゃんでしゅー!オーちゃんでしゅー!」

 

ほんで2人で「キャハハハハハ———!!」

 

お笑い芸人も嫉妬するほどの爆笑。

 

何がそんなに面白いんや。

 

 

そんな愉快な二人と対照的に、オカンは

 

 

 

 

潰れてます……

 

再びオカンがウトウトしていると、気付けばオーちゃんもイーちゃんと一緒になって遊んじゃっておる。

 

この子、元気そうやけどまだ38.6度熱あるんやで!!

 

「オーちゃん、一緒に寝んねしてようよ~!」と誘うと、

 

 

無視!!!!

 

無視すな。

 

代わりにイーちゃんがやってきて(来なくていいのに)

 

 

「たしゅけてー!たしゅけてー!!」

 

いやもうまじで、助けて欲しいのはこっちです。

 

 

しばらく横になっていたらオカンは大分回復したので、2人にはテレビでも見ていてもらって夕ご飯を作ることに。

 

我が家、リビングのテレビを撤去してしまったので、2人で2階へ上がってもらって寝室で。

 

2人の現在のブームは、「魔女の宅急便」。

 

黒猫のジジのモノマネにハマっているので大人しく見ていてくれるはず……だったのに、

 

 

めっちゃ足音と笑い声する!!!!

 

絶対走り回っとる!!!!!!

 

急いで夕飯を作って2階に上がると、

 

 

うーわーーーーーー。

 

オーちゃんの顔が真っ赤っか……げそっ

 

途中で止めればよかった……

 

熱を計ると

 

 

やーべ————(白目)

 

てか明日で発熱4日目…まじでコロナだったらどすんのよコレ……

はよ解熱してよぉ————

 

 

「さっさとご飯食べて寝る!!」

 

食卓に着いたものの、熱が上がって調子が悪いらしく、

 

 

メソメソしだす。

 

しかし、自分が走り回っていた結果のことなので、

 

 

イライラしてしまうヒドイ母親。

 

走っていることに気付きながらも放置したくせに、いざオーちゃんがメソメソしだすとイライラしてしまうという心が極狭の女。それがオカン。

 

オカンのイライラもあって、更に泣き出すオーちゃん。

 

 

「抱っこしてぇぇ———!!!!!」

 

そらそうだ。

もともと不安症のオーちゃんにイライラしたら、こうなります。

 

しゃーなしに抱っこしたところで

 

泣きわめきすぎて、まさかの嘔吐!!!!

 

 

まーじーでーかーーーー(白目)

 

やってもーた。

 

イライラすると何もいい事無いという事実。

自分で自分の首を絞めるというやつ。

自業自得。身から出た錆。自分で蒔いた種。因果応報。

 

 

オカンとオーちゃんの服を洗濯して、オーちゃんをなだめて着替えさせて寝かせて、イーちゃんにご飯食べさせて、

 

 

げそ。

 

 

 

さてさて、水曜日。今日で4日目。

 

朝起きたオーちゃんは

 

元気&37.2度で一安心。

 

本日もまたイーちゃんに遊んでてもらって、オーちゃんと2人でグーたらして過ごしていたのに、

 

12時に体温測定すると

 

 

まーじーでーかーーー(白目)

 

保健所に電話したり色々あって、色々した結果、

(詳しくはこちら↓)

 

発熱外来を受診することに。

 

車の中で診察してくれると言うので車の中で待っていると、

 

 

オーちゃんが不安症を発症。

 

今年に入ってから高熱を繰り返しているオーちゃん。

何度もインフルエンザ疑いで鼻に棒を突っ込まれているので、

病院=鼻につっこまれて痛いことをする場所だと思っているらしい。

 

そんなところへやって来た

 

 

完全防備の先生&看護師

 

それを見て

 

 

パニック寸前!!

 

すごい力でオカンにひっついて離れない!!

 

それを引き離して聴診器を当ててもらい、お喉に棒突っ込まれて溶連菌やらの検査してもらい、

 

先生と看護師さんが来るたびに

 

 

めちゃくちゃ怯えておりました。

 

かわいそ。←他人事か。

 

 

 

結果、普通の風邪だろうと判断されて薬を貰い

 

翌日の木曜日に解熱して現在元気でおります。

 

 

結論、

 

風邪の子と元気な子をワンオペで家でみるの、めちゃくちゃ大変。(そらな。)

 

完。

コメント

タイトルとURLをコピーしました