コテツが喜ぶ!おすすめ電車絵本&鉄道図鑑13選

幼児教育

みんなー!!乗ってるかーい!!???イエーイ!!!!

今日は電車好きの皆がヒィヒィ言う絵本たちを紹介しますよー!!

それでは、出発進行--!!

でんしゃはうたう

電車に関する音を題材にした絵本です。

運転席から見える景色の絵に加えて、電車の擬音語で実際に電車に乗って運転しているかのような気分を味わえます。

電車に乗せてあげたいけど、移動が大変。小さい兄弟がいて電車で泣かれると困る。そんな時はこの絵本を読めば、頭の中で電車に乗り放題!!!

最初はひらがなばかりの擬音語で読むのに苦労しますが、流ちょうに読めるようになってくるとあーら不思議。実際の電車の音に聞こえてくるではありませんか。

今日は絵本で電車の旅に出発進行~~!!

せんろはつづく

電車が主役の絵本が多い中、この本の主役は、まさかの線路!!!!

子どもたちが線路を敷いていく中で障害物にぶつかります。

山があったらどうする?

川があったらどうする?

道があったらどうする?

解決策を導き出しながらどんどんつなげていきます!!

物語には直接関係ないのですが、ウサギやリスやタヌキがいたり、読むたび絵の中にも新しい発見が出来る絵本です。

シリーズ化しているところからも、この絵本の人気が伺えますね!!

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう

「やまのえき」から「うみのえき」まで、数々のトンネルを通り抜けながら進んでいきます。

そのトンネルの出口から、トンネルの先の景色が見えるという仕掛けつきの絵本。

ですが、この絵本の一番の特徴は何と言っても、前からも後ろからも読めること!!!!

反対から進むと、「うみのえき」から「やまのえき」への帰る新しいストーリーの絵本になります!!

一石二鳥の気分になりますね!!

電車が走っていく音も、走る場所によって変化していって、想像をかきたてます。

でんしゃがきた

日本各地を走る電車のハイライトを集めたような絵本。

撮り鉄の予備軍たちよ。電車がある素敵な風景があふれる絵本にテンションが上がるに違いないでしょう。

そしてこの絵本、最後の最後に、三陸鉄道リアス線が登場します。

三陸鉄道リアス線と言えば、東日本大震災で津波に飲み込まれた路線。

もちろん津波に飲み込まれたのは駅や線路だけではありません。家、街、田や畑。住み慣れた地域全てが変わってしまいました。

それでも現地の人々は諦めず、力強く復興に歩を進めてきました。

そして、ついに三陸鉄道リアス線 全線開通。

「みんな みんな まっていたんだ。

でんしゃが くるのを まっていたんだ

よかったね、でんしゃ。

きてくれて ありがとう。」

あの津波をテレビなどで見た衝撃は忘れられません。それでも、人々は諦めない力を持っている。

子ども達の世代にも伝え続けて行かなければならない歴史の一部が、この絵本の中にはあります。

あかくんでんしゃとはしる

可愛い赤い車と可愛い電車が並んで進んでいくお話。

架橋をくぐったり、信号にひっかかったり、駅で電車が止まったりしながら、電車と車が並走していきます。

本当に車がしゃべっているかのようにストーリーが進行していきます。

文字では書いていませんが、絵を見ていくと

乗り遅れそうだった男の人がギリギリ電車に駆け込み、汗をかいたので窓を開けたら帽子が飛ばされてしまった!!その帽子を運んできてくれるのはまさかの…!?!?

というもう一つのストーリーも楽しむことが出来ます。

100までかぞえる でんしゃの1・2・3

車両の数、ライトの数、窓の数、

様々な電車にまつわる数を数えることで、数字に強くなる絵本。

興味のあることはあっという間に覚える子どもたち。

勉強という感覚は一切なく数字を100まで網羅出来ます。

電車好きの子は数を数えるのが好きですよね。

ここで朗報。子どものころに数を数えるのが好きだった子は、成長したときに数学の点数が高い傾向にあるんだそうです!!!!!

たくさん数えさせたら、数学が得意な子に育っちゃうかも!?!?

でんしゃのあいうえお

子どもというものは、興味のあることはものすごい記憶力を発揮する。

ということで、ひらがなも電車で覚えてしまえ―――!!!

「あ」 きたこまち

「い」 どくたーえろー

「う」 んてんせき

電車にまつわる単語と共にひらがなの読みを楽しくマスター出来ちゃう絵本です。

子どもがワクワクするようなカッコイイ電車の写真と共にデカデカと書かれたひらがなが目に飛び込んできますので、

楽しく自然とひらがなを覚えられます!!

しんかんせんでびゅーん

秋田から熊本まで、主人公のケンタが初めて一人で新幹線に乗って帰ります!!

飛行機乗った方がいいんじゃないですか?交通費も相当かかりそうですね。なんて野暮なこと言わずにちょっと読んでみてよ。

盛岡駅でのこまち・はやぶさの連結

大宮駅では北陸新幹線も上越新幹線も入線してくるよぉぉぉ

おいおい、東京駅でさまざまな新幹線が並んでいる夢のような光景よ

ドクターイエローともすれ違い

新幹線のダイジェストがこの絵本に詰まりまくっているではありませんか!!!!

カッコいい新幹線がたくさん出てくるので、コテツが鼻息を荒くすること間違いございません!!

しゅっぱつしんこう

特急列車→急行列車→普通列車と乗り継ぎながら、おじいちゃんの家までの電車の旅をする話。

電車が走っていく風景を、リアルなのに温かみのある絵で描いています。

都会を出発した電車が、田んぼを抜けて次の街へ、街を出て山を登って行き、のどかな村へ。

景色がうつろいゆく中に不思議な懐かしさと安心感を感じます。

シンプルな絵本なので、1~2歳の小さいコテツがハマる確率高め。

運転手にあこがれている子なら、「しゅっぱつしんこう~~」と声を揃えて言う事間違いなし!!

のっていこう

バス・電車・ロープウエイの3つの乗り物に乗ってお出かけする話。

絵本でロープウエイが出てくるものはなかなか珍しいですよね。

そのロープウエイ、実は鉄道なのです。知ってましたか??

電車が好きなコテツたちはロープウエイにも興味を示す可能性大。

この絵本でコテツたちの興味と可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

学研の図鑑 Live 鉄道

ちょっと写真が表紙じゃないのですが、うちのコテツが読んで読んで読みまくっていたら表紙ごと取れてしまったのですーー!!写真の質が低くて申し訳ない!!

けれども、表紙が取れるまで読み込むほど夢中になれる図鑑です。

なんせこの図鑑、これ、2冊目。

1冊目はページがボロボロに取れる程よ見込んだので買い替えました!(買い替えてもまたボロボロになりました)

かっこいい電車の写真とともに、 車両の特徴や、最高速度、おもな運用などのデータも合わせて紹介しています。

掲載車両は700以上!!

全国の電車を乗り継いで日本列島縦断の旅をするという夢のような内容のDVDもついています。カッコいい電車がたくさん出てくるので、小さめのコテツがハマるDVDです。

講談社 鉄道図鑑

この図鑑も、我が家は2冊目。もちろん1冊目はうちのコテツがボロッボロにしてくれました。

学研の図鑑に比べると掲載車両の数や情報は少ないのですが、この図鑑の特徴は子ども達の興味を深める内容が豊富なこと!!

「なぜ、新幹線は速いんだろう?」「どうしてカーブを曲がれるの?」「ぶら下がっているモノレールはどうなっているの?」

絵や写真で説明しているので子どもでも分かりやすく、コテツたちの知識欲をより一層掻き立てる内容となっています。

付属のDVDもまた良い。

整備工場の様子や、蒸気機関車が走るメカニズム、運転席や車掌室の様子などを楽しく分かりやすく紹介しています。

電車大集合1922点

鉄道写真の神様、 広田尚敬さんの写真がふんだんに使われているこの写真絵本だけあって、写真の1枚1枚が美しい!!!!

これはもう絵本や図鑑ではない。電車のアルバムなんや!!!!

コテツだけでなく、テツ子や撮り鉄も魅了する電車アルバムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました