年少最後の日に白目むいた話

diary

こんにちはー!

4歳オーちゃん2歳イーちゃんの兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

 

コロナウイルスの蔓延やらで色々あるご時世ですが、

 

 

2人の通う保育園は通常保育で年度末を迎えることが出来ました!!

 

 

オーちゃん年少最後の日、いつもより大分早めの11時にお迎えです。

 

 

 

 

最終日ということで、担任の先生からのお話があるので親も教室に入りました。

 

 

半円状に椅子を並べて座っている子ども達。

 

 

お父さんお母さんが入ってくるのを

 

 

 

 

皆でこっち見てるの可愛い~~~♡

 

 

年少も終わりとはいえ、まだみんな小さくてかわゆいです♡♡♡

 

 

さてさて、オカンもオーちゃんを見つけ、オーちゃんの後ろに座ったら

 

 

 

 

完っっ全に嬉しくなっちゃってる。

 

 

まだまだ可愛いやつよのぉ~。

 

 

さぁ。担任のナツミ先生が話し始めます。

 

 

 

 

ナツミ先生には本当にお世話になりました。

 

 

入園して間もなく発達相談してもらい、

オーちゃん自身もナツミ先生が大好きで、ナツミ先生から離れるのを嫌がって足にしがみついて泣いたこともあるくらいナツミ先生が大好き。

年度末にも発達相談してもらって

 

 

手のかかる園児だったであろうオーちゃんを毎日優しくサポートしてくれた先生。

 

 

だというのに、オーちゃんときたら

 

 

 

 

前向いて話聞かんかい。

 

 

みんなビシっとナツミ先生の方を向いて話聞いているというのに、

 

 

オーちゃん一人後ろ向いてオカンにずっと話しかけとるやないかい!!

 

 

オカンが来て嬉しいんは分かるけど、

 

 

今は話を聞く時間!!!!!

 

 

 

 

ムギュっと無理やりオーちゃんの顔をナツミ先生の方に向けたのですが、

 

 

2秒もしないうちに

 

 

 

 

振り向くんじゃないわよ。

 

 

前向いてなさいよ前!!!!

 

 

もう一度

 

 

 

 

ムギュっと前を向かせたら、

 

 

 

 

やめんか——い!!!!

 

 

別に臭くないわ!!

 

 

ちゃんと手ぇ洗って来たし、オナラもしとらん!!

 

 

それなのに

 

 

 

 

止まらない「くっせ!!」コール!!

 

 

この教室の、このメンバーの最後の別れの空間に響く

 

 

 

 

「くっせ!!くっせ!!」の声!!!!

 

 

みんな真剣にナツミ先生の話聞いとるんじゃ!!

 

 

もうホントに

 

 

 

 

黙らっしゃい。

 

 

しかもそうこうしている間に、ナツミ先生の話が終わってしまったやないか。

 

 

お次はヨウコ先生の挨拶。

 

 

 

 

ヨウコ先生も毎日輝くような笑顔でオーちゃんを迎え入れてくれました。

 

 

最後の発達相談では、先輩ママさんとしてもアドバイスをくださり、

 

 

オーちゃんが毎日毎日毎日毎日電車の話ばっかりするのを

 

 

 

 

溢れんばかりの笑顔で「そうかそうか」と聞いてくれたヨウコ先生。

 

 

そんなヨウコ先生が挨拶してるんだから

 

 

 

 

ヘボい事言ってんじゃないよ。

 

 

もう後ろ向いててもなんでもいいから

 

 

誰かその口を閉じとくれ。

 

 

と、思うのですが、オカンが何かをしてもオーちゃんの「くっせ!」が悪化するだけなので

 

 

 

 

成すすべ無し。

 

 

人というのはこんなにも無力なのか……

 

 

先生の感動の挨拶の最中だというのに、

 

 

もう、まじで白目むきそうやったわ。

 

 

で、白目向いてる間に先生の話が終わって、オーちゃんの年少生活は終わりを告げました。

 

 

こんなんで年中さんになって大丈夫かよ。

 

 

 

先生と記念撮影をした後外に出ると、卒園式を終えた年長さんと保護者が出てくるところでした。

 

 

その時放送でかかっていた音楽が

 

 

「♩さよなら僕たちの保育園」

 

 

さよならぼくたちのほいくえん 歌詞付(別バージョン)

 

♩たくさんの毎日をここで過ごしてきたね

何度笑って、何度泣いて、何度風邪をひいて

たくさんの友達とここで遊んできたね

どこで走って、どこで転んで、どこで喧嘩をして

さよなら僕たちの保育園

僕たちと遊んだ庭

桜の花びら散るころはランドセルの1年生

 

 

 

なにこれー!!完全に泣かしにきとる。

 

 

先生がたに年長さんが花束を渡すところを見て

 

 

 

 

よその子でももう泣きそう。

 

 

2年後わたしゃどうなってしまうんや。

 

 

そんな中、花束渡し終わった年長さんたちが

 

 

 

 

情緒もへったくれも無さ過ぎてびっくりした。

 

 

 

全然話変わりますけど、

最後の日にオーちゃんが持ち帰ってきた自画像が

 

 

 

 

癒し系すぎた。

 

 

 

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました