この世にブドウがあって良かった

diary

こんにちはー!

3歳オーちゃん2歳イーちゃんを育児しております、すみちゃんです!!

 

 

子どもの歯は大切にしてあげようと思い、

 

 

3か月に1度、歯医者でフッ素を塗ってもらっています。

 

 

私たちが通っている歯医者では、3歳になったら一人で診療室に入って頑張る。

という方針があります。

 

 

よって、オーちゃんは1人で頑張らねばなりません。

こどもデンタルクリニック、初挑戦の話はこちら

 

 

とはいえ、もう3回目か4回目。(うろ覚え)

 

 

前回もすんなり一人で診療室入って行ったし、大丈夫だろう~~~と思っていたら、

 

 

 

 

 

かんかった。

 

 

 

オカンの後ろにまわりこみ、オカンの足にしがみついてストライキ。

 

 

そんなオーちゃんを、オカンと衛生士さん2人で説得。

 

 

「お姉さんと一緒に行こう~?」

「オーちゃんは前も上手だったから、今日も出来るよね~」

「あーって上手に出来たらすぐ終わるよ!」

「歯ぁ綺麗にしてきてもらっておいで!オーちゃんなら行ける!!」

 

 

するとオーちゃん、

 

 

 

 

「ぶどうのお薬使う?」

 

 

でた。ブドウ味大好き人間。

 

 

歯磨き後に食べるキシリトールタブレットは絶対ブドウを希望。

「好きな食べ物は何ですか?」と聞けば「ぶどう!」

ブドウなんて高いからうちじゃぁ食べさせてないのに!!義実家とか行かないと食べられないのに!!

金のかかる男よ。

 

 

 

 

 

優しい歯科衛生士さんが、ブドウの薬を使うことを約束してくれた。

 

 

約束してくれた瞬間、

 

 

 

 

 

「じゃあ、行くー」

 

 

つって、

すーぐ行きました―――。

 

 

取り残されたオカン、ポカ―――ン。

 

 

 

それにしても、自分の中で折り合い付けて行けれるようになったなんて……

 

 

 

せ・い・ちょ・う!!!!

 

 

折り合い付けるのに時間がかかる子だけど、最近はかなり時間が短縮されてきました。

 

 

助かるー。

 

 

 

 

オーちゃんの診療が終わったら、今度はイーちゃんの番。

 

 

イーちゃんはまだ2歳なので、オカンと一緒に診療室に入ります。

 

 

と、ここで、オーちゃん、

 

 

 

 

う〇ちタイム来ました。

 

 

先延ばしに出来ない幼児のう〇ちタイム。

「行きたい」と言われた時に行かねば、泣くことになるう〇ちタイム。

まだ自分でお尻処理できない3歳児のう〇ちタイム。

 

 

仕方がないのでオカンも一緒にトイレへ行って、無事、出て、診療室に戻ると、

 

 

 

 

いい子!!!!!!

 

 

めっちゃいい子でお口あーんしてました。

 

 

 

イヤイヤ期絶頂なのに!?

 

 

家では歯磨き嫌がるのに!?

 

 

どういうことー!?!?

 

 

 

 

「2歳なりたてでこんなに上手にあーん出来る子いませんよ!」

と絶賛していただきました。

 

 

ということで、2人ともお口の中を綺麗にしてもらいましたとさ。

 

 

オーちゃん、この世にブドウというものがあって良かったね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました