ケンカするなら離れてて

diary

こんにちはー!

3歳1歳11か月の兄弟を育児しております、すみちゃんです

 

タイトル通りなんですけどね、

 

まぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

 

 

 

よく喧嘩する!!!!!

 

 

 

オーちゃん(長男)は、ひらがな積み木を並べることにハマっていて、

 

 

しょっちゅう並べては「貨物列車~」だの「もじもじコンベアー」だの言ってるんですが、

 

イーちゃん(次男)がその積み木を一つでも、少しでもズラそうもんなら

 

 

 

 

ガチギレ。

 

 

泣き叫んで積み木ひったくって突き飛ばして

 

 

 

 

あ―――あ。

 

 

イーちゃんはイーちゃんで、マグネットのオモチャをつなげて並べることにハマっていて、

 

 

逆に今度はオーちゃんがこれを壊してくれるもんだから

 

もぉぉぉ今度はイーちゃんが

 

ギャン泣きでオカンに猛烈訴えてくる。

 

 

 

 

自分は作ったものを壊されたくないのに、

人の物は壊してしまうという幼児の稚拙さ。

 

 

 

 

てか、あれ?って思った方もいるかもしれませんが、

 

マグネットのオモチャあるんです。うち。

 

それに加えてクリスマスプレゼントに、

別の種類のマグネットおもちゃの「ピタゴラス」買おうとしてるんです。

詳しくはこちら→クリスマス、何が欲しいか聞いてみたら

 

マグネットだらけで

 

うちの磁場、ゆがむかもしらん。(それはない)

 

 

 

 

 

他にも、

 

おもちゃを取り合い、

オカンの服を取り合い、

イーちゃんお気に入りのボタンが付いた服を取り合い、

押して、

叩いて、

噛みついて、

 

 

 

 

もぉぉぉ止めても止めても

 

喧嘩三昧すしざんまい!!!!!

 

 

 

お互い主張があるもんで、

子どもの気持ちを汲み取って、代弁して、

慰めて、仲直りさせて、

 

ってしてた。最初は。

 

しかーし、

 

その3分後に同じことが起き、

 

そのまた3分後にまた同じことが起きると

 

 

 

 

もぉぉぉ!!!!

 

喧嘩するなら離れて遊んで!!

 

別々の物で遊ぶこと!!!!

 

一緒に遊ぶんなら仲良く遊んで!!!!

 

 

 

つって、オカンもキレはじめ、

 

まさかのそこの空間にいる3人が3人ともキレているという

 

地獄絵図。

 

 

 

 

 

しかしねぇ、

オカンがいくら「離れて遊べ、一緒に遊ぶなら仲良くせぇ」と言ったところで

 

 

馬の耳に念仏状態。

 

 

 

 

 

 

あれ?

私、馬を飼育してるのかな??

私が産んだのは、馬だったのかな??

 

 

 

ちょっと目を凝らして見てみても、

 

 

 

 

 

人間や。(そらな。)

 

 

ほんで、結局喧嘩しながら同じもので遊び続けるという…

 

 

 

 

昨日も、

 

急に火が付いたように泣いて何かをオカンに訴えるイーちゃん。

 

こえー!(これ)って言って見せつけられた手には、

 

 

 

くっきりと歯型が。

 

オーちゃんがイーちゃんの手に噛みついたようだ。

 

多分イーちゃんが何かをしたのだと思うのだけど、

見てなかったもんで何をしたのかはよく分からない。

 

とにかくイーちゃんの手にくっきりと残る歯形!!

 

ここで夫がやってきて、私はイーちゃんを慰める係、

夫がオーちゃん係に。

 

 

 

 

夫、オーちゃんにお説教。

 

 

しかし、オーちゃんにはオーちゃんの言い分がある。

 

親の言い分を理不尽に感じることもあるのだろう。

 

しかし残念ながら、それを言葉にして表現出来るスキルがまだ無い。

 

 

 

 

「ダメ!!」

 

の一言で、頑なに非を認めない。

 

かといって、何をされたのかもうまく説明出来ないので、オーちゃんの中にはフラストレーションが溜まる一方。

 

 

しかし、どんな理由があろうとも、噛んで良いわけではあるまい。

 

「いやな事があったかもしれないけど、噛んだことはダメな事だから、ごめんなさいでしょ?」

 

 

 

「だめ!!!」

 

だんだんキレキレ具合が上昇中。

だめだこりゃ。

 

 

温厚に接していた夫もお手上げ。

 

 

 

 

 

「ちゃんと謝れない子は、外に放り出すよ!!」

 

 

でました。

夫の伝家の宝刀、

「外に放り出す」。

 

そう言って実際に放り出したことはないけれど。

 

 

 

 

その後も、ウジウジしていたオーちゃん。

 

「ごはんだよー!」と呼んでも、ウジウジしていて来ない。

 

だから先に、夫・私・イーちゃんの三人で食べ始めました。

 

ら、それはそれで気に入らない。

 

 

 

「なんで食べるの!?

一緒に食べなきゃダメじゃん!!」

 

 

キレッキレですわ。ややこし。

 

「じゃあこっちへ来て一緒に食べなよ。」(ほんまそれ)

 

と説得しても、なかなか来ず、リビングでまだウジウジしてらっしゃる。

 

オ「一緒に食べなきゃダメじゃん!」

 

 

 

 

「もう、お外行っちゃうよ!?!?」

 

 

さっき言われた事、完全に引きずっております。

まさかの、自らお外に行っちゃう宣言。

 

僕と一緒のタイミングで食べないんなら、

僕、外に出てっちゃうからね!?

 

という、カワイイ脅し。

 

 

 

 

それに対して夫、

 

「うん。じゃぁお外行っといで。」

(血も涙もない返事)

 

 

 

 

 

「えっ!?」

 

 

きっとオーちゃんにとっては予想外の返答だったのでしょう。

 

その後そそくさとダイニングに来て、

素直にご飯を食べましたとさ。

 

 

 

イーちゃんが並べているマグネットのオモチャはこちら↓

それに加えて、クリスマスにはこれを買う↓

前のdiary→おしゃべりはじめの可愛さよ。

次のdiary→【すごろく初体験】オーちゃんが弱すぎた

コメント

タイトルとURLをコピーしました