【チャイルドシート】エールベベ・KURUTTO5がオススメなワケ

大切な子どもの命を守るチャイルドシート。

もしもの時に、子どもの命に直結するものだからこそ、妥協なく選びたいですよね。

 

そんな私がオススメする新生児からのチャイルドシートは、

 

エールベベのKURUTTO5

 

ISOFIXタイプはこちら↓

シートベルトタイプはこちら↓

オススメポイント① 日本製

エールベベは、東京に本社がある日本の会社、「カーメイト」が展開するチャイルドシートのブランドです。

そして、エールベベが展開する回転式のチャイルドシートは日本製!!

メイド・いん・ジャパン!!でございます。

日本製と言えば、品質が良い・耐久性がある。など、良いイメージがあると思いますが、エールベベのチャイルドシートはそれが当てはまると思います。

 

オススメポイント② 安全性にこだわった製品

エールベベの評価が高いところは、安全性です。

チャイルドシートのアセスメント安全性評価項目には、「前面衝突試験」と「使用性評価試験」がありますが、どちらの項目も高得点!!

さすが、私が選んだエールベベ!!

 

また、チャイルドシートを使用する上で大切なのが、

「きちんと子どもの体格に合わせた設定にしていること」

せっかく安全性の高いチャイルドシートを使用していても、個々の子どもに合わせた最適な設定になっていなければ、安全性は低下してしまいます。

そのためには、簡単に操作して設定を変える事が出来るかどうかが重要。

その点KURUTTO5は、子どもの成長に合わせて、ワンタッチで肩ベルトの位置が変えられるのです!!わずらわしい設定の変更もこれなら簡単☆

 

また、万が一衝突した時には、背もたれの角度が変化し、衝撃を吸収してくれるという、衝撃吸収ベビーキャッチという機能もついています。

 

前後方向への衝撃には強いけれど、横方向の衝撃に弱いチャイルドシートもあるようですが、KURUTTO5は、頭部横に大きなガード(ビッグサイドガード)が付いており、横からの衝撃から頭部を守ってくれます。

 

ビッグサイドガードの内側には、大きなふわふわホワイトクッションが装着されており、首座り前の赤ちゃんの頭をしっかりホールドしてくれるので、小さな赤ちゃんでも安定・安心して乗ることが出来ます。もちろん、成長に合わせてホワイトクッションは取り外し可能です。

 

KURUTTO5充実の安全機能

オススメポイント③ トリプル保障

エールベベ独自のトリプル保障でサポートしてくれます!!

保障1:製品ロング保障

購入日より4年間という長期間の保証です。

対象が新生児から4歳なので、産まれたてから使い始めて対象年齢ギリギリまで保障してくれるってことですね!!

故障等の不具合が発生した場合、無料で修理してもらえます。

※取説付属の保証書に必要事項を記入する必要があります

保障2:無料交換

万一事故が起こった際、無料で新品と交換してもらえます。

軽い事故であったとしても、衝撃吸収機構により変形等の可能性があるため、再使用しないことが原則となっております。

事故にあった上にチャイルドシートの買い替えでお金が飛んでゆく~という事態にならぬよう、無料交換の保証がついているのです。

保障3:見舞い金給付

万一事故の際、死亡1000万、重度後遺症最高2000万円のお見舞い金が給付されます。

この保証も、安全への自信の表れではないでしょうか。

 

オススメポイント④ とにかく乗り心地が良い(と思われる)

KURUTTO5のクッションは、ママの抱っこを再現したという、ママの手クッションフラット2。赤ちゃんが快適に乗れる姿勢を追及しております。

このクッションのお陰なのか、「チャイルドシートに乗せるとグーグー寝てくれる」という口コミが多数!!赤ちゃんも乗り心地が良いのでしょう。

 

通気性も抜群。

背中側に1695個ものエアーホールが付いており、汗をかきやすい赤ちゃんの背中のムレを軽減してくれます。

 

また、シェードがすごい!

足元まですっぽりと覆ってくれるワイドサンシェードで、赤ちゃんを紫外線やエアコンの風からしっかりと守ってくれます。

 

しかも、リクライニング機能まで付いてます!

子どもを乗せたままでも片手でポンポンと3段階にリクライニング調整が可能です。

 

オススメポイント⑤ 乗せ下ろしがめっちゃ楽

KURUTTOシリーズの名前の由来ともなっている、クルっと360°回転させられるので、赤ちゃんの乗せ下ろしもスムーズ。

赤ちゃんを抱っこしていても、片手で簡単にクルっと回すことが出来ます。

 

そして新機能の、ジャンピングハーネス

赤ちゃんの腕を通すハーネスが、ジャンピングでピコーンと跳ね上がった状態でスタンバイしておるのです!!

赤ちゃんを乗せる時に、ハーネスを背中の下敷きにしてしまってオロオロ…という心配がありません。

オススメポイント⑥ お手入れ簡単

チャイルドシートは赤ちゃんに直接触れるものなので、いつでも清潔に保ちたいですよね。

ですが、赤ちゃんは大量の汗をかく上に、よだれや吐き戻し、食べこぼしに飲みこぼし、時には砂遊びや泥遊びで、チャイルドシートはしょっちゅう汚れます。

そのため、カバーが簡単に取り外せて丸洗い出来ることが重要。

KURUTTO5なら、肩ベルトを付けたままで簡単にカバーが取り外せ、自宅の洗濯機で丸洗い出来ます。

 

KURUTTO5の対象は、新生児から4歳まで。

これからチャイルドシートの購入を考えている方は、是非購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ISOFIXタイプはこちら↓

シートベルトタイプはこちら↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*‘∀‘)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする