愛されすぎてる

こんにちはー!

3歳1歳8か月の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

最近朝、オーちゃん(長男)とイーちゃん(次男)があまりご飯を食べない。

 

ご飯を食べないとどうなるかというと、

 

 

オカンがイライラしだす(え、)

 

 

ご飯を食べないくせに、

 

「梨は~?梨食べたーい!」と言われると、

 

 

更にイライラする。(落ち着け)

 

 

そんな感じで毎日朝っぱらからイライラしてしまうオカンなのですが、

 

ある朝、オーちゃんが

 

 

「電車―!電車持ちたい―!!電車持ちたかったー!!」

 

と言って喚きだした。

 

ご飯食べようという時に「オモチャは置いて来て!」と言ってプラレールを離させたことが気に入らなかったらしい。

 

その結果がコレ。↓

 

 

ご飯食べるどこじゃねぇ―――(げそッ)

 

「電車ー!電車持ちたかったー!!電車持ちたかった!電車持ちたかった!!」

 

喚く喚く喚き続けること10分。

 

このまま喚き続けられても困るので、抱っこして慰めてみた。

 

 

「あ~、電車持ちたかったのか~よしよし。」

「電車持ちたかったー!(泣)」

「電車持ちたかったねぇ。でもご飯の時はオモチャはお片付けしておかなきゃ。汚れちゃうよ。」

「電車持ちたかったー!電車持ちたかった!!(泣)」

「電車持ちたかったね。ご飯食べ終わったらまた遊びな~」

「電車持ちたかった!!電車持ちたかった!!(泣)」

 

 

 

オイ、どないなっとんねん。

 

共感してもだめ。

理由を説明してもだめ。

ご飯を食べた後で遊ぶという解決策を出してもだめ。

 

もう…どないせぇちゅーのよ。

 

10分ほど抱っこで甘やかしてみるものの、効果一切なし。

 

その横でイーちゃんは

 

 

牛乳で遊んでるしよぉ!!!!

 

 

 

「電車持ちたかったー!!びえ――ん」

 

「電車はご飯食べた後で遊ぼ。」

 

「電車持ちたかった!!電車!!」

 

 

 

 

ブッチ――――ン!!!!

 

 

あ゛―――、もう知らん!!

 

「電車持ちたかったけど、ダメなもんはダメなんだから泣いてたってしょぉないじゃん!

泣いてどうなるもんでもないんだからいつまでも泣いてるんじゃないよ!!

早くご飯食べて遊べばいいでしょ!?

そんなになるなら、もうプラレール全部片づけるよ!!!!」

 

はい。オカン、

キレてもーた――――(-ω-)/

 

朝やし時間ないで、もうオーちゃんは放置。

皿片付けたり荷物準備したりメイクしたりしてたんだけど、

 

その間もまだ自分の中で納得出来てないオーちゃん、

 

その後、20分間(合計40分間)泣き続けまして、

 

泣いてる間、ずっと「電車持ちたかった」って言ってまして、

一体どんだけ電車持ちたかったのよ。

電車持ちたいだけで40分泣けるって逆にすげーな。

そんな小さいことで、そんなに悲しみ持続しないわ。私なんか。

 

泣いてて全然食べないし、泣き止む様子もなし。

 

しかし時間は進んでゆく。

 

「もうお出掛けの時間になっちゃうから、食べないならご飯片付けちゃうよ~」

 

って言ったら、今度は

 

 

「食べる!食べる!」の大号泣。

 

ほな食べなはれ。

 

オカンもどっちかっていうと食べて欲しいんやから。

 

しかし私も仕事だから出発の時間は決まっておる。

 

「時計の長い針が上向いたら(8時になったら)もう片付けちゃうよ!早く食べな!!」

 

ってなってようやく食べ始めました。

 

 

出発予定時刻よりも5分遅れたものの、なんとか仕事の始業時間には間に合い、始業。

 

仕事中、「あ――、またくだらないことで怒ってしまった~~」と自己嫌悪。

 

高齢者にリハビリをする仕事をしている私。

 

リハビリ相手のおばあさんに、相談してみた。

 

私「今朝、朝から子どもに怒っちゃったんですよねー。」

 

おばあさん「えー!?あんなにかわいい子じゃないのー!」

 

おばあさんには、子どもの避難訓練の防災ずきんがかわいすぎたのでその写真を見せたことがあるのです。

防災ずきんがかわいすぎた件はコチラ

 

私「そうだよねー。かわいいかわいいわが子なのに、怒ってばっかいちゃぁダメですよねぇー。」

 

おばあさん「そうよ!あのね、私が子育てしている時はね、

 

 

1つ、2つ、3つって、『つ』のつく間は、うーんと可愛がれって言ったもんよ!」

 

「つ」がつくって事は、「ここのつ」の9歳までかな??小3くらいまでは可愛がりまくって育てろってことね!なんだか正解っぽい!!

 

おばあさん「人っていうのは、怒られれば反発したくなるものなの。

あなただってそうでしょう?

教えるように言い聞かせることよ。

頭ごなしに怒ったって、いい事何にもないんだから。」

 

たーしーかーにー!!!!

さすが、先人の言う事は違うぜ!!

 

最近、私や夫が怒ると、

オーちゃんがイーちゃんに乱暴をして更に怒られる負のサイクル!!

そうでなければギャーギャー泣きわめいて事態が悪化するか、

聞こえてないフリをされてこっちが余計にイライラするという…

 

怒ったところで、良い事何にもなかった―――!!!(気付けよ!)

 

 

いや、今までだって、気付いてはいた…

 

しかし、イライラする→怒る→効果なし→イライラする

 

という、それこそ負のサイクルに陥っていたような気がする。

 

オカン、反省。

 

 

もう辞めだ辞めだぁー! 無駄に怒るの辞――めたッ!!!(この決意過去に何回かしてる気もする)

 

そう心に決めた日の夕食。

 

2人とも相変わらず、好きな物だけ先にパパパーっと先に食べちゃって、

 

2人の嫌いなものがお皿に綺麗~に残っている…

 

 

それでいて、食べきってしまった好きなおかずの御代わりを要求してくるもんだから腹立っちゃう☆

 

 

しかし、怒らないオカン。

 

もう怒るのは辞めたんや!

 

食事は楽しく!!

 

でも、ちゃんとバランス良く食べてもらいたい!!!!

 

こういう時は、あの作戦や!!!!

 

 

「イーちゃん、おナスおいしいよ?ママ、一生懸命作ったんだから、食べてくれないと悲しいな~。」

 

題して

「ママ、悲しい」作戦!!!(そのまま)

 

 

何かの育児書に書いてあった作戦や!!

(「ママは〇〇」という一人称で喋る。そして、ママが悲しむという感情に訴える作戦なのである!!)

 

 

 

しかし、言われた本人は

 

 

 

全力でナスを拒否!!!!

 

首ブンブン横に振ってござるわ。イヤイヤ期ちょっと始まった風やしな。

 

 

イーちゃんには全く効果は無かったわけだけれども、

 

隣でやり取りを聞いていたオーちゃんが反応!!

 

 

「え!ママ、悲しいの?」

 

 

おぉぉぉ、なんやなんや、予想以上の反応!!

 

狙った獲物とは違うけれど、大物がヒット!!!!

 

なんだか憂いた目をしている!

 

ここで押せば、イケル!!!!(汚れた大人の本音)

 

 

 

「うん。ママ、一生懸命お料理作ったから、食べてくれないと悲しいの。」

 

「え、悲しいの??」

 

そういってオーちゃんは、お皿に残っていた大嫌いなナスを一口頑張って口に入れた!!!!

 

すごーい!!!!今までナスなんて絶対食べなかったのに―――!!!!!

 

そしてクルっとこちらを向いて、

 

 

「ママ?嬉しい??」

 

 

 

う、う、うぅぅぅぅぅぅぅ

 

 

嬉しいぃぃぃぃぃぃぃ――――!!!!!

 

あなたのその気持ちが嬉しいわ!!!!

 

 

 

「すごい!!オーちゃん、頑張った!偉い!!ママ、ナス食べてくれてとっても嬉しいよ!!!!」

 

まぁ~褒めちぎりましたよね―――。

 

嬉しい嬉しい言いまくりましたよね――――。

 

そしたら、オーちゃん、お皿に残っていた残りのナスも

全て掻き込むようにして口に入れ、頑張って飲み込みました!!!!

 

 

 

 

ま――じ――で――か―――!!!!

 

今までヤイのヤイの言っても食べなかったナス。

 

あっさり完食。

 

ちょっと、オーちゃん、あーた、

 

どんだけママの事好きなん。

 

こんなママなのに、愛されすぎ。

 

 

 

 

ママが悲しむから頑張って食べたんか!

ママを喜ばせるために頑張って食べたんか!

 

なんかもぉぉぉぉぉぉぉ、

 

 

今までごめんなさ――――い!!!!

 

子どもの愛が無償すぎて、

自分が穢れた人間に思えるわ。まじで。

 

 

 

 

ちなみに、

オーちゃんには効果絶大すぎた「ママ悲しい」作戦ですが、

イーちゃんには一切効果なく、

 

最後までナス、食べませんでした。(oh…ナス…)

 

 

 

 

 

しかし、この子も負けず劣らずママ大好き。

 

だって、この子、

 

 

 

ママの部屋着を持ち歩いてますもん。(まじやで)

 

ママの部屋着のニオイすんすん嗅いで生活してますもん。

 

ママのニオイが落ち着くらしい。

 

 

で、この部屋着を

 

 

 

オーちゃんと取り合って喧嘩するもんですから、(もっと良いもの取り合えばいいのに…)

 

見兼ねた夫がある日、イーちゃんに、

 

 

ママの部屋着を着せた。(え、)

 

着せたら、

なんということでしょう!!

 

イーちゃんがめっちゃ大人しくなりまして。

全っ然グズらなくなりまして。

寝る時も、ママの部屋着を着せておけば、スコンと良眠するようになりまして!!

 

ら――く―――!!!!

 

 

 

それからもう、毎日着せてる。

 

寝かし付けの時とか、すんごい大人しく寝るで。

そんでもって朝まで爆睡やで。

 

オカンのニオイ効果、絶大!!

 

オカンの部屋着は2着あるので、1着を着て、オカンのニオイが付いたらイーちゃんに着せ、汚れてきたら交換・洗濯するというサイクル…

 

 

 

てか、

あれ、

もしかして、

 

私って、臭いのカナ!?!?

 

と不安になる今日この頃。

(多分そんなに体臭キツイタイプじゃないはず…と、自分で自分をフォローする。)

 

前のdiary→どう考えても無理

のdiary→【3歳×1歳】敬老の日のプレゼント

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*‘∀‘)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする