お店屋さんごっこしたらチョイスが微妙すぎた件

こんにちはー!

3歳1歳7か月の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

子どもがお腹空いた時。

 

多くの子どもはこう言うんじゃないでしょうか。

 

 

「ママー、ご飯まだ~?」

 

 

しかし、我が家のオーちゃん(長男)はちょっと違う。

 

 

「あ――、お腹空いた。 あ――、ご飯食べたーい。」

 

ママに言うのではない。

 

大きな独り言的な感じで言うことにより、オカンに訴えかける手段。

 

 

 

家の中にいるのが退屈になった時も同様。

 

 

 

「あ―――、お外で遊びたいなぁぁ~~」

 

決してママには言わない。

 

独り言的な感じで言うてくる。

 

 

オカンのそばまで来て、オカンに聞こえるように。そして、さも事も無げな感じで言ってくる。

 

オカン、それがちょっとツボwww

 

 

 

そんなオーちゃん、この前外で遊んでいたら、

 

急にお店屋さんごっこを始めた。

 

車止めの背の低いポールをお店のカウンターに見立てて、

 

 

「いらっしゃいませ~~」

 

ここはちょいとお客さん役をやってやろう。

 

「お肉くださーい!」

 

 

「無いでーす!」

 

精肉店ではなかったらしい。

 

私「ハンバーガーくださーい!」

オ「ないでーす!」

 

私「たこ焼きくださーい!」

オ「ないでーす!」

 

私「お魚くださーい!」

オ「ないでーす!」

 

私「お野菜くださーい!」

オ「ないでーす!」

 

私「卵くださーい!」

オ「ないでーす!」

 

 

なんもねぇな!!この店!!!!

 

 

一体、何屋なん!?

 

 

 

オ「お味噌汁ならあるでーす!」

 

微妙なチョイス!!

 

 

私「じゃあ…お味噌汁ください…」

 

仕方なしにお味噌汁を注文。

 

ほんで、何故か

 

 

店主(オーちゃん)も食べとる。

 

どんな店だよ。

 

 

 

私「イーちゃん(次男)の分もくださーい!」

 

 

オ「もう無いでーす!」

 

どういう訳だかもう売り切れたらしい。

 

 

すぐ潰れそうやな。この店。

 

前のdiary→我が家だけパンデミック【後編】

次のdiary→引き渡し訓練

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*‘∀‘)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする