オカンの体調不良

こんにちはー!3歳と1歳7か月の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

先日の朝、急に。急~~に、

 

 

腹部の激痛!!!!

 

いーたいいたいたいたいたいたいたいたいたいたいいた―――い!!!!

 

その上めっちゃ眩暈しだした!!

 

グワングワンなっとる!!ほんでもってちょっと気持ち悪い!!

 

血圧か?血圧が下がってるんか!?!?やばい!!やばいこれはやばい!!

 

今すぐ横にならねば―――!!!!

 

保育園の荷物準備で玄関にいた私は

そのまま玄関で行き倒れ。

しかし寝れば気持ち悪いのは落ち着くけれど、お腹の痛みは相変わらず。

ピリピリピリピリピリピリピリピリィィィ!!

ちっちゃいヤマアラシが私のハラワタ駆け巡っているよう!!!!

 

お腹痛いわ、眩暈はするわ、冷や汗出てくるわ、

 

とにかく一歩も動けない!!寝返りすら不可!!

 

どうなってしまったん。わたし。このまま痛みが引かなかったら…ここから動けへん…

 

でも…

 

 

イーちゃん(次男)が泣いてオカンに猛烈アピールしてる―――

(リビングと玄関を隔てるゲートで通せんぼ)

 

今無理――――無理無理―動けない~~

 

お腹が痛すぎる――――!!!!!

 

しかしそんなこたぁ関係ない1歳児。

 

猛烈アピール継続中――!!!

 

そこへオーちゃん(長男)も登場。

 

 

「ママー!起きてー!!イーちゃん泣いてゆよー!!」

 

イーちゃんの援護射撃してきおった―――!!!いい子―――!!!!

 

分かっとる。

 

分かっとるよ!

 

目の前で泣いてるから泣いてるのは知ってますー!!

 

でも、でも今

 

無理なんですぅぅぅぅ!!!!

 

 

お腹にヤマアラシ5匹飼ってるんです…

 

冷や汗ダラッダラで動けないんです…

 

このまま動けんかったら…子ども2人は脱水で命の危機…どうしよう…大丈夫やろか……

 

20分くらい倒れ込んでたらヤマアラシが3匹になったので、なんとか起き上がってリビングへ。

 

スマホを手に、リビングで倒れ込む。

 

 

夫のスマホに電話してみるも、もちろん繋がらず。

 

かと言って、お腹が痛いくらいで会社に電話かけていいもんやろか…

 

しかし動けへん。保育園への二人の送迎…行ける気がしない…どうしよう…

 

あ、私の仕事も行けないって電話しないと…

保育園にもとりあえず遅刻の連絡を…

 

ぐふッ!!!!

 

 

腹に乗らんとってぇぇぇぇぇ!!!!!!

 

ヤマアラシ、4匹に増員しました―――!!!!!!

 

無理ー!!

保育園…はよ2人を保育園に行かせないと…私がもたない!!!!

でも動けないから保育園に送迎出来ない!!!!

 

 

義実家に電話をかけて助けを要請。

 

「お義母さん~~~助けてください~~~~」

 

「大丈夫!?今から準備して急いで行くね!!」

 

ほんっと義父母、二人そろって来てくれることに。やさちい…

 

義実家からは1時間程。

 

それまで…なんとか耐えれば…耐えなければ…う…

 

 

Eテレに子守をお願いしました。

 

お腹のヤマアラシが3匹になったり4匹になったりする状況を耐える事1時間。

 

 

待望の義父母登場~~

 

あ…部屋散らかってる…キッチンもろくに片付けてない…玄関の靴揃えてない…

 

ありのまま過ぎる部屋――――泣

 

ありの~~ままの~~部屋見られてしもーたーああ――――(アナ雪)

 

もう仕方ない。

 

 

散らかってるのは腹痛のせいってことにしよ。(いつもこうだけど)

 

ほんで子どもら。

 

じいじ・ばあばの来訪に

 

 

テンションだだ上り~↑↑

 

ふなっしーバリに「キャッハ――」って言って走り回ってるわ。

 

じいじ・ばあばもとっても嬉しそう。

 

ほんで、当然のごとく

 

 

「保育園行かな――い」

 

でーすーよーね――――

 

せっかくじいじ・ばあばも来てくれた所、保育園の送迎だけ頼むのも申し訳なく、

 

子守してくれるって言ってくれたので

 

結局保育園に電話かけて休みました。

 

義父が、「車で乗せてくから病院に行こう」と言ってくれたけれど、

 

今お腹痛すぎて車乗れる気がしない…

 

「もう少し収まったら行きます…それまで2階で休んでるので

 

 

子ども達をお願いしますぅうぅぅぅぅぅ」

 

結局30分程休んだらヤマアラシが2匹程度になって、

なんとか歩けるようになったので

義父に頼んで近くの内科に送ってもらいました。

 

あまりに痛がっているのでベッドで休ませてもらい(結構混んでて待ち時間長かった)

イレウス(腸閉塞)だといけないからとレントゲンも撮り

血液検査もしてもらい

 

お腹の動きをよくする点滴の準備をしているところに

 

 

夫が登場~~(義父が連絡してくれたっぽい)

 

仕事お休みだか時間休だか早退だかしてくれたらしい。

 

でもね、あのね、すごーく言いづらいんだけど、

 

 

腹痛、大分収まりました(汗)

 

血液検査の結果も出まして、

 

 

「白血球は高いですが、そんなに酷い数値ではないので、これから高熱が出るとか、腹痛がどんどん悪化するという可能性は低いと思います。」

 

って言われて、

 

結局、

 

ちょ―――大した事ないのに大騒ぎした

っていう話。

 

 

いや、でもまじで痛かったんやって。

 

なんやったんやろか。ほんと。

 

なんか…

なんていうか…

 

ほんっとうにご迷惑をおかけしまして、

 

 

申し訳な―――い!!!!

 

点滴が終わったら自宅に電話し、一時帰宅した夫が迎えに来てくれて帰宅。

 

病院に行くときは、青白い顔をして、まともにまっすぐ歩けなかった私が

ニコやかにスタスタ帰ってきたので義父母も安心したらしい。

 

子ども達のお昼寝の時間に合わせて帰っていかれました。

 

本当に本当に

 

 

「ありがとうございました―――!!!!」

 

今回改めて、

核家族って大変。

実家・義実家が遠方って大変。

って思った。

 

まだ義両親は1時間で来れる距離だけど、もっと遠い人もいて、頼れる人がいない人もいて、

だから私は恵まれている方なんかも。

 

義父母に、心から感謝。

 

前のdiary→3歳の名言

次のdiary→帽子と語尾と、惑星探査

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*‘∀‘)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする