食べてもらいたい。

こんにちはー! 3歳と1歳半の兄弟を育児しております、すみちゃんです。

 

やっと熱の下がったイーちゃん(次男)。

※詳細はこちら→なんでぇぇぇ熱が下がらない!!

 

熱がある時にはあんなにオーちゃんを嫌がっていたのに、

 

熱が下がった今となっては

 

 

オーちゃんがいないと不機嫌…

 

オーちゃんがいるときだけご機嫌に遊ぶという状態。

 

逆転現象はなはだしすぎる。

 

そんな兄、オーちゃんの今のお気に入りの遊びが、

 

 

積み木の車にボールを乗せて運ぶこと。(平和)

 

滑り台の上まで引っ張って行ったり、滑り降りてきて窓まで走らせたり、

 

その中間地点にある、ふすまのレールのところが交差点らしく、

 

 

信号がある設定。(オーちゃんは信号が大好き)

 

ここを積み木の車が行ったり来たりしておる。

 

そんなオーちゃんの後ろをついて回るイーちゃん。

 

 

手にはフライパン。逆の手にはフライ返し。

 

フライ返しをオーちゃんの方に向け、一生懸命何かを食べさせたがっておる。

 

食べるごっこ大好きだもんね。

 

しかしオーちゃんは今積み木の車に夢中なので

 

 

気付きもしていない。

 

超絶無視状態すぎるが、イーちゃんも一切めげない。

 

行ったり来たりするオーちゃんの後ろをついて行ったり~来たり~。

 

けなげじゃ…

 

段々イーちゃんが不憫になり、オカンが食べてやることにした。

 

イーちゃん、ママにちょーだい!あーーん」

 

 

オカンの登場に目を輝かせ、フライ返しを口に突き付けてくるイーちゃん。

 

「もぐもぐ、あ―――美味し~これなぁに??」

 

フライパンに方に目をやると

 

 

何食わしてくれとんじゃ――い!!

 

車やないか―――い!!!!

 

食べられるかぁ!!!!

 

どういう設定―――!?!?

 

そのあとオーちゃんにも食べさせてました。

オーちゃん、喜んでた…

 

前のdiary→なんでぇぇぇ熱が下がらない!!

次のdiary→早く落ち着いておくれ

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*‘∀‘)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする