こんにちはー!


3歳と1歳半の兄弟を育児しております、すみちゃんです!


 


私はパートで9時から15時まで働いています。


 


昼休みは12時からの1時間。


 


その1時間が、私にとって至福の時間…


 


同僚とべしゃりながらゆっくりご飯を食べ、ゴロゴロと寝転がって休憩することも。


 


その時間だけは好きなようにSNSを見たり本を読んだり漫画を読んだり同僚と雑談したり


 


子どもと過ごす休日よりもよっぽど休まる時間。(子どもとの休日は一切休まらない)


 


 


そんな昼休みに突入したばかりの12時01分。


 


職場の電話が鳴る。


 


「すみさんに、〇〇保育園からお電話です!」


 







 


え――――(げそっ)


 


またどっちか熱でたかー!?


今日も早退かー!?


お給料稼げないのか―――!?!?


 


そう思いつつ電話に出ると、


 







 


「あ、お仕事中すみません!〇〇保育園の〇〇です!


 


あの、連絡が遅くなっちゃったんですが、


 







 


オーちゃんとイーちゃんのお昼寝布団が届けられていません!」


 


え…


 


え…?


 







 


え――――!?!?


 


しまったー!!!


 


月に2回のお布団持ち帰りデイ。


 


天気が悪かったから乾燥機だけかけて、


 







 


そのまま家に置いてある―――――!!!!


 


「すみません今から届けます!!」


 


家・保育園・職場は結構近いので、1時間の間に家に戻って取ってきたとしても届けられるのです!!!(田舎って素晴らしい)


 


 


しかし…


 


1時間の貴重なマイタイムがぁぁぁぁぁぁぁ!!


 


オーマイガッ!!!


 


嘆く暇もなく急いで仕事着から着替えて駐車場へ。


 


ちくしょぉぉぉぉぉ


 







 


近日走ったことないのに鬼ダッシュ。


 


車に滑り込んだと同時にエンジンをかけて出発


 


無駄な動きが一つもない…


 


んだけど、


 


 







 


んもぁぁぁぁぁぁぁぁ車ん中暑すぎる―――!!!!


 


 


家に着いたら光の速さで車にお昼寝布団を積み込んで保育園へ。


 


お昼ご飯後の保育園、お昼寝に入る準備をしているユッタリとした時間に


 







 


全くもって似つかわしくない汗だくのオカンが布団持ってキーターヨ―――


 


イーちゃんに至っては


 


既に寝てーたーヨ―――


 


間に合わなかった…先生、ごめんなさい…


 


 


さよならを告げたら、またもや滑り込むようにして車に乗り込み、今度は職場に向かって出発。


 


急げ急げ急げ…


 


なぜならば…


 







 


腹ペコだからだ!!!!


 


職場でお昼を注文しているので、食べ損ねたらゴハンもお金ももったいない!!!!


 


職場に戻って一瞬で仕事着に着替え、


 


お昼ご飯を受け取って


 







 


なんとか時間内の胃に流し込みました。


 


 


 


いやぁぁぁ、


 


忘れ物を届けることほど無駄な時間の使い方はないね。


 


あと探し物をしてる時間も無駄よね。


 


 


あ―――めちゃくそ疲れた…


 


仕事よりよっぽど疲れ昼休みでした。


 


みなさん、忘れ物には気を付けましょう。←お前が言うな