これで良いのかもしれない

こんにちはー!

3歳と1歳半の兄弟を育児しております、すみちゃんです!!

 

長男は手をかけられすぎたり、心配されすぎたり、過保護に育てられやすい。

というけれど、

 

例にも違わずうちのオーちゃん(長男)

 

オカンは心配しております。

 

 

ただでさえ3月生まれで他の子より出来ないことが多いのに

 

保育園で、友達とまだ上手く遊べる感じじゃないようだし、

 

おしゃべりも苦手だし

 

スキャット的な意味分からんこと言うし。

 

 

 

「たんふんちーん」って何なん。

 

耳に残る!!!!

 

これ、保育園でも言ってるんだろうな~

 

お友達、こんなこと言われて困ってないやろか。

 

 

 

私も子どもの頃は、男子の意味不明な言動を見て

 

 

「何言ってんの。この人。」

 

と冷めた目で見ていたタイプの5月生まれだったので、(ひどい)

 

きっとオーちゃんもそういう目で見られてるんや…

 

どうしよう…

 

オカンは心配!!!!

 

 

 

って、ずーっと思ってたんです。

 

そんな中、

保育園のお迎えに行って、そのまま園庭で少し遊んでいた時のこと。

 

遊具の柵に捕まって、理解不能な言動をするオーちゃん。

 

 

「え、え、え、え、え、え、え、え、え、え、え、え、え、」

 

って何なん。ソレ。

 

あ―――。またやってるわ~

 

って見てたら、そこにオーちゃんが大好きなアッちゃんがやって来た。

オーちゃんのあっちゃん大好きストーリはこちら

 

 

すると、アッちゃんも柵に捕まり、

 

 

え、え、え、のシンクロ―――!!

 

しかも二人ともめっちゃ楽しそう!!

 

オカン、心配してたけど、

 

 

これで良いのかもしれない。

 

そもそも男子って、こういう生き物なのかもしれない。

 

 

と思った瞬間でした。

 

 

アッちゃん。ありがとう。

 

すぐにアッちゃんは飽きてどこかへ行ってしまったけれど、

 

オカンはシンクロする二人を見てすこぶる嬉しかったぞ。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*‘∀‘)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする