こんにちはー!


3歳と1歳半の兄弟を育児しております、すみちゃんです!


 


 


最近、ご飯を準備しておりますと、


 


お箸・スプーン・フォーク・お皿を並べる係をオーちゃん(長男)がやってくれております。


 







 


これ、オーちゃんが遊んでるから~と思って私が先に並べていても、


 


並べられているお箸をわざわざ引き出しに戻し、


 


自分で並べ直す。という。


 







 


私が並べると逆に面倒なことになるので、


 


毎回オーちゃんを呼び寄せてやってもらっているんです。


 


 


昨日の朝も、いつものごとくお箸を並べてもらっていました。


 


その間に、ご飯をよそっていたら、


 







 


「オーちゃんもごはんがいいー!!」


 


と言うではありませんか。


 


 


そう。オーちゃんは、さっちゃんの歌のように、


 


自分のことを「オーちゃん」と呼ぶ。


 


 


って話は今は置いておいて、


 


いつもはオーちゃんもイーちゃん(次男)もパンを食べたがるので、


 


私と夫がご飯を食べている時でも、朝限定で2人はパンを食べることが多いのですが、


 


今日はめずらしくご飯がいいと言う。


 







 


「本当にご飯?パンじゃなくてご飯でいいの?」


 


「ごはん!」


 


「じゃぁご飯よそっちゃうよ??パン食べずに、ご飯食べるんだよ?」


 


「ごはんがいい!」


 


って言ったからご飯よそったのに


 


案の定


 







 


パンがいいって言いだした――


 


予想通りすぎる――――


 


いや、でもオカンは何回も確認したんだ。


 


本当にご飯を食べるのかと。


 


そして、オーちゃんはご飯を選択した。


 


よって、ご飯を食べさせる!!!!!!


 







 


「パンじゃなくてご飯って言ったのはオーちゃんなんだから、ちゃんとご飯食べて。」


 


「オーちゃんもパンがいい~」


 


「ご飯を食べるって言ったのはオーちゃんだよ。だから今日はご飯。」


 


「ごはん食べない!パン!!」


 


「オーちゃんがご飯食べたいって言ったんだから食べてよ。」


 


「パンがいいー!!!!」


 


あ゛~~~~~!!!!


 







 


 


朝からイライラする(^o^)/


 


 


 


「もうパン上げればいいじゃーん」と思っているソコのあなた!!


 


私もそう思う。(え、)


 


しかしイライラし始めてしまった私は融通が利かないのさ。


 


「〇〇したら〇〇してあげる。」とか、「あとで〇〇しようね。」


みたいな約束はオカンも必ず守ってるもん。


 


だからオーちゃんにも、約束は守らせる。


 


分かってくれるかしら。


 


 


 


 


 


 


その後、「ご飯食べないならご飯なし。パンもなし。」


 


と言ったら渋々ご飯を食べ出したオーちゃん。


 


ふ―――。やっと平和な朝食。


 


と思っていたのに、オーちゃんが


 







 


お茶碗落としてご飯全落ち!!


 


ん~~あ゛――――


 


イライラする(^o^)/


 


 


ご飯を食べ終えたら、どうやらイーちゃんに朝のお通じがあった模様。


 







 


オーちゃんが教えてくれる。


 


 


「はーい!!!」


 


と返事をすると、


 







 


「教えてくれてありがとうってして!!」


 


感謝の言葉を催促される。


 


はい~~ごめんなさいね~~


教えてくれてありがとう~~。


 


 


ということで、イーちゃんのオムツを交換していると、


 







 


せっせとお尻拭きを手渡してくれるオーちゃん。


 


さすが、気の利く男。


 


と言っても、私が自分で取った方が早いんだけど、


 


オーちゃんは手伝ってくれているつもりだから


 


「ありがとう~もう一枚ちょーだい」


 


と言っていつもお尻拭きを取ってもらっている。


 


のでーすーが―――、


 


何故か今日に限ってお尻拭きの後ろに付けておいた


 


「おしりナップ」のシールが気になるオーちゃん。


 


「あー、シール付いてるー!!」とか言って


 







 


お尻拭きで遊びだしてしまった―――


 


 


ちょぉぉぉぉ、


 


お手伝いわいよ。


 


 


しかも私の手の届かないところへ持って行かないでぇぇ―――!!!!


 


 


私は今イーちゃんの体をがっちりホールドしていて身動き不可!!


 


イーちゃんのお尻はまだガッツリ汚れている!!


 


早く綺麗にしなければ汚れが床やらについて被害が出る!!


 


そろそろ嫌になって動き出しているイーちゃんを動かないよう抑えるだけで精一杯!!


 


 


お尻拭き!!


 


ちょーだい!!


 


ちょっと!!


 


イーちゃんが動いちゃう!!


 


お尻綺麗にしなきゃいけないからお尻拭きちょーだい!!


 


ねぇってば!!お尻拭きちょーだいよ!!


 


もぉぉぉぉ人生でこんなにお尻ふきを求めたことは無いわ。


 


それでもお尻拭きを渡してくれないから、結局


 







 


 


怒る(-ω-)/


 


怒られて初めてお尻ふきを戻してくれた。


 


もう…こっちだって怒りたくないんだよう。


 


渡せって言ったら渡してくれよ。


 


 


オムツ交換を終え、荷物の準備も出来て、


 


さぁ、保育園へ出発!!


 


という時になって


 







 


便意の訴え。


 


え―――ん今日はもともと遅れ気味だったから、


もう行かないと私の仕事に間に合わないよぉぉ


でもウンチしないわけにもいかないよぉぉぉぉ


 


急いでトイレに座らせ、


 







 


マイペースにウンチを終えて、


 


「荷物を車に積んでくるから、パンツとズボン履いておいてね!!」


 


と言ってせっせと荷物を積み込んでいたのですが、


 







 


一向にパンツ履かず。


 


「先にイーちゃん車に乗ってるから、それまでにパンツとズボン履いてね!!もう出かけるんだよ!!」


 


イーちゃんも車に乗り終え、戻ってくると、


 







 


未だパンツ履かず。


 


んぬあ゛――――


 







 


オカンの怒り、再び。


 


また怒られてパンツとズボンを急いで履くオーちゃん。


 


普通に言われたときにすぐ履けばいいものを…


 


 


急いで車に乗り込んで保育園へ。


 


いつもは保育園が始まる前には着いていて、園庭で少し遊んだ後、


教室が開くと同時に教室に入るのですが、


 


なんせ今日は遅れぎみ。


 


到着した時にはもう教室が開いていた。


 


私の仕事の始業時間が迫っているので、そのまま教室に入ってほしい私の心とは裏腹に、


 







 


いつも通り遊びたがるオーちゃん。


 


「じゃあ一回だけ滑り台滑ってきていいよ。そしたらすぐ教室に入ろうね」


 


と約束して滑り台へ。


 


「はい~滑ってきて~教室入ろう~~」


 


早く滑ってほしくて焦る母をしり目に


 







 


 


滑り台の上で籠城。


 


んもぉぉぉぉぉぉぉぉぉ


 


お願いだから早く滑ってきてよぉぉぉぉ


 


もう行かなきゃいけないんだよぉぉぉぉぉぉぉ


 


もぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ


 


 


 


 


 


 







 


置いて行きました。(ちゃんと先生には一言言ってから置いて行きましたのでご安心を。)


 


イーちゃんの教室に寄り、イーちゃんを預けて仕事へむかう。


 


 


毎朝、始業時間には既にグッタリ。


 


仕事よりよっぽど疲れるわ。


 


 


 


それにしても、朝急いでイライラするたび思う。


 


仕事さえしていなければ…


時間に追われさえしなければ、もっと大きな心で子どもの言動を受け止めてあげられる(かもしれない)のに…


 


って思ってるけど、結局は時間に余裕を持って用意すればいいだけの話ですけど。


 


それが難しいのよ。