朝起きたらまず探す。

こんにちはー!3歳と1歳4か月の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

よく、

 

男性は赤ちゃんの泣き声で起きない。

お母さんが必死に授乳したり抱っこしたりして寝かし付けようと奮闘している横で

お父さんは気付きもせず、グーグー寝てる。

 

なぁんて言いますが、

 

我が夫はというと、

 

 

子どもの寝返りですら目が覚めてしまって

 

その後眠れないという繊細っぷり。

 

 

子どもの首が座らない頃から

 

 

夫がいると物音を立てないようにと逆に気を遣うので

 

こっちから頼んで、

 

 

夫だけ別の部屋で寝てもらっています。

 

 

そんなこんなで、我が家では私を真ん中に、

 

小の字

 

 

みたいな感じで寝ているのですが、

 

ある日、オーちゃん(長男)に顔を蹴られて起きた夜1時。

 

 

あれ!?右側に寝ているはずのイーちゃん(次男)がいない!!!

 

あれ!?あれ!?

 

と探してみると、

 

 

私の頭上にいました。

 

 

 

それとはまた別の日。

 

夜の12時、ゴチンッという音と共に目覚めた私。

 

音がした右側の方を見て見ると、

 

 

イーちゃんが布団から落ちた音でした。

 

硬い床でグーグー寝ていました。

 

そんなイーちゃんを、そそっと布団の上に戻し、再び眠りについた私。

 

朝方4時、再度目覚めると、

 

右側に寝ているはずのイーちゃんがいない!!

 

あれ!?あれ!?

 

と探してみると、

 

 

オーちゃん布団の足元側に落ちているイーちゃんを発見。

 

どうやってそこに!?

 

もう、寝相がホラー!!

ガクガクブルブル

 

 

ま、いいか。

 

もう戻さずにそのまま再び眠りにつき、

 

その後朝5時に目覚めたら

 

 

オーちゃんと寄り添って寝てぇーる!!

 

結構な厚みの敷布団に寝返りで乗り上げてオーちゃんの横まで辿り着いてぇ―る!!

 

なんなら、ちょっとオーちゃんを追い詰めてぇーる!!

 

 

ちょっと寝相悪すぎない?

 

最近毎朝目覚めるたびに、まずイーちゃんを探す日々。

 

 

そんな私も子どもの頃は相当寝相が悪く、

 

小学生の頃には寝ている間に

 

足首を捻挫したことがあります。←え、

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*‘∀‘)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする