大人が戸惑う子どもの世界

diary

こんにちはー!3歳と1歳4か月の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

先日公園へ行った時の話です。

 

夫がオーちゃん(長男)を見てくれていたので、

 

私はいつものごとくイーちゃん(次男)の後ろをストーカーばりについて回っていました。

 

 

危なっかしく階段を登ったり(落ちてこないかとヒヤヒヤしながら付き添う)

 

危なっかしく滑り台を滑ったり(下で私がキャッチ)

 

楽しそうで何よりだけど、親って大変!!!!

 

 

 

息つく暇もなく、また何かを見つけて歩き出すイーちゃん。

 

 

行き着いた先は、三角座りをした一人の少年。

 

少年、15㎝くらいのいい具合の太さの木の枝を手に

 

自分の足の甲を

 

 

麺棒でうどんを伸ばすかのように伸ばしていた。

 

 

少年がせっせと棒を足の上で転がす様子を、じーーーっと見ていたイーちゃん。

 

突然、ムンズと枝を奪い取り、

 

 

少年の足を棒でコロコロし始めた。

 

 

コロコロとされる自分の足を見つめる少年。

 

嫌がるでもなく、戸惑うでもなく、

 

ただじっと足を見つめて

 

無言の二人。

 

 

ぬぁぁぁにこの光景!!

 

謎すぎる!!!

 

2人のワールド全開で戸惑う大人、一名 ←私

 

 

 

 

「ご、ごめんね?大丈夫??」

 

声をかけると、ふいっと私の方を向き

 

 

「あの子ねぇ、同じ小学校の〇〇くん!!

あの子はねぇ、保育園が一緒だった!!〇〇くん!!」

 

どうやら3組の親子で公園に来たらしい。

 

その間もずーーーーっと

 

 

少年の足をコロコロしとる。

 

しかし、コロコロしていても伸びるわけでもなく、特に何も起こらない ←そらな。

 

それに気付いたであろうイーちゃん。

 

すくっと立ち上がると

 

踵を返して行ってしまったーーー

 

少年の棒!!持ったまま!!!!

 

 

「ちょ、イーちゃん!お兄ちゃんに棒返そう??」

 

 

「いいよ。あげる。」

 

もう、少年、

 

ええヤツーーーーー

 

心優しき少年よ。

 

ありがとう!!

 

 

 

その後イーちゃんは棒をくわえ始めたので、

 

転んで喉をついたら大変!!ということで

 

結局取り上げられたのでした。

 

 

以上。どうでもいい話でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました