子連れの葬式、てんてこまい

こんにちはー!2歳10か月と、1歳0か月の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

先日、祖父が他界したため(祖父についてはこちら)通夜・葬儀に参列してきました。

金曜日。夜7時から通夜。

私は長野に住んでいますが、祖父の自宅は関西。

夫と運転を交代しながら、3時間半かけて到着。

叔父やイトコが住む、祖父の家で着替え等させてもらって、葬儀会場である近所の寺へ。

オーちゃん(長男)と祖父の棺を前に行き、お顔を拝みました。

オ「あ、ひいじいちゃん。」

私「ひいじいちゃん寝てるね」

オ「ひいじいちゃん寝てゆ。よーく寝てゆね~」

私「そうだね。ひいじいちゃん良く寝てるね。もう起きないんだよ。

死んじゃったからね。もう起きられないの。ずーっと寝てるのよ。」

オ「ひいじいちゃん、ずっと寝てゆ。よーく寝てゆ~」

説明してるこっちが悲しくなって、涙がポロリ。

まだ2歳のオーちゃんには「死」というものを理解するのは難しと思うけど

それでも悲しい事だと少しは分かってくれるかしら。

お顔を見たので、オーちゃんを下ろしたら

一瞬で走り出した。

キラキラ光が回っている提灯めがけて走って行ってしまった。

全然理解出来てねーーーー(そらな)

その後も

「ひいじい寝てゆ~」

と顔を見たがり

顔を見たら提灯を触りたがり

提灯を触ってはダメだというと、ひいじいの顔を見たがり

提灯触りたがり

ひいじいの顔を見たがり

提灯を触りたがり

んもぉぉぉぉぉぉぉぉ

無ーー理ーーー!!!!(げそっ)

このまま読経とか、100%無理すぎるーーーーーー(´Д`)

と、いうことで

夫とオーちゃんには祖父の家に帰ってもらい、

私はイーちゃん(次男)をおんぶして通夜に臨むことに。

通夜の間、ずーーーーーっと最後尾でゆらゆらゆらゆら~

こんな揺れながら読経したの、あたち、初めて(‘ω’)ノ

とはいえ、イーちゃんは途中で寝てくれたので静かでとっても助かりました。

祖父の家で一泊させてもらって、翌日は葬儀。

午前中は家に多くの人がいらっしゃいます。

お茶やらお菓子やらを出して話していたのですが

こいつ(イーちゃん)がミカンをポイポイポイポイ

人のお茶も触りたがるし

ミカンを全て投げたら今度はお菓子もポイポイポイポイ

煎餅(袋入り)全部バリバリに割ってくれまして

制御不能。

オーちゃんはオーちゃんで

禿げ頭が気になるお年頃(白目)

初対面の親戚のおじさんの頭をチョンチョン

それ、絶対やったらアカンや――つ―――(;´Д`)

相手が関西人でハゲをネタにしてる人々で助かった…(どんな偏見)

式が始まる時刻になったので、お寺へ。

またひいじいちゃんのお顔を拝み

また提灯が気になってドタバタ走り回るのを追いかけ

もう疲れた。ちょっと、じいじの膝に座ってて!!

と言ってじいじに丸投げしたら

陽気なきらきら星が聞こえてきた…オーマイ…

定刻が迫り、葬儀が始まる前に

「今日でひいじいちゃんとはさよならのお経を読むんだよ。大事な式だから、静かに待っていてね」

遊んではいけない時間なのだとしっかりと説明し、

オーちゃんは夫と最後尾。

私はイーちゃんをおんぶして参列しました。

葬儀の間、夫がオーちゃんを抱きしめる形で座っていてくれたのですが、

びっくりするくらいオーちゃんが良い子でじっとしていてくれて

後半は飽きて動き出したので、夫とイトコと共に寺の外で遊んでいたけれど

ほんっとうにお利口さんでびっくり!!!!

イーちゃんも前半は良い子でいてくれたので座って読経出来、

後半は声を上げだしたので焼香したら最後尾でまた揺れていました。

出棺を目の前に、最後のお別れの時間。

棺に花を手向け、手を合わせます。

オーちゃんと一緒に花を入れようとしたその瞬間、

「うんち出たーーー」

うっそーーーーーーーん。

今――――!?

皆が棺に花を入れ、別れを惜しんでいる

お葬式の中でも最も厳かで

誰もが涙を流し、悲しみに暮れているその瞬間に

うんち!!!!

葬式の中でも、もっと他にタイミングあったやろがぃ。

せめて読経の間か、出棺後にウンチせぇよ!!!!

「うんちーーー!!

うんち出た―――!!!

キレキレするーーーーー!!!!!

うんち出た―――!!!!!」

葬式に最も似つかわしくない単語、「うんち」が響き渡る会場。

まじでちょっと黙って。

そんなこんなでバタバタしていたら祖父は出棺して行ってしまいました…

別れを思う存分悲しむ隙も与えてくれない、イッツア子育て。

お疲れ様でございました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*‘∀‘)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする