短気なオカン、やさしくなりたい

diary

こんにちはー!2歳9か月と0歳11か月の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

 

子育てをしていると、どうしてこんなことでイライラしてしまうのだろうということの連続なんですが、私だけ?

 

 

オーちゃん(長男)が一生懸命アンパンマンのパズルをしていた時のこと。

 

 

順調な滑り出しでピースをはめていく長男。

 

大分上達しました。すごいぞ!!

 

と思っていた矢先、手が止まってしまいました。

 

あてずっぽうにピースを並べ始めるオーちゃん。

 

いやいや。まだ分かるとこたくさんあるでしょうに。

 

集中も切れかかっているので、ちょこっとヒントを与えることに。

 

「これ、この赤い足はドキンちゃんの足じゃない?」

 

と言って、そのピースを手渡す。

 

 

 

それでも適当な場所にピースを置いて、

 

「出来ない~出来ない~」

 

と言っているオーちゃん。

 

 

「いやいや、そこドキンちゃんいないやん。

 

それドキンちゃんの足だよ?

 

ドキンちゃんどこ?

 

ねぇ、ドキンちゃんそこじゃないよ。

 

ドキンちゃんだってば!!

 

ドキンちゃんどこよ!?

 

ちょっと。聞いてんの!?

ドキンちゃんここにいるでしょ!!」

 

 

気付いたら急激にヒートアップ。

 

イライラMAX!!

 

小っちゃすぎるぞ!!自分!!

 

こんなことでイライラして、あほちゃうか(^o^)/

 

 

 

イライラしてどんどん声が大きくなっていく母を

 

 

じーーーっと見つめるオーちゃん。

 

純粋無垢な透き通った瞳で見つめられて

 

どんどん正気を取り戻すBBA。

 

 

お、おろろ、

 

やってもーた。

 

 

「ごめんね。ママ、イライラしてたね。いやだったね」

 

と言ったら

 

 ブヒン

 

 

 

をい!!あかんーーー!!!!

2歳児に泣くの我慢さすなーーーー!!!

 

 

 

おかん、必死に懺悔。

 

 

その後、オーちゃんは泣かずにせっせとピースをはめ続け

 

無事、パズルを完成させたのでした。

 

お「オーちゃん!オーちゃんパズル!!」

 

私「わー!!オーちゃんパズル出来たねぇ!!!!

ママはイライラしちゃったのに、オーちゃんはじっと頑張って最後まで出来て

偉かったねぇ!!

すごい!!

ママよりよっぽどすごいよ!!」

 

 

自分で言っといてなんだけど、

 

 

ほんとそれ。

 

 

おかんよりオーちゃんの方がよっぽど立派。

 

 

 

先日の夜も、寝かしつけたら年賀状書こう~~と勝手に決めて寝かしつけに突入。

 

夜9時過ぎ。イーちゃんはすんなり寝てくれて、残るはオーちゃん。

 

この日のオーちゃん、

 

暗い部屋の中でずーーーーーーーーーっとブツブツブツブツ何かを言っている…

 

 

耳を澄ましてみると

 

「企業秘密、でしゅ。

企業秘密、でしゅ。

企業秘密、でしゅ。」

 

アンパンマンを見るときにやっている、

お揚げのCMのセリフをブツブツブツブツ呟いている!!!!←あほちゃう

 

 

しばらく寝たふりでやり過ごしてみるも、全っ然寝ない!!!!

 

隣からブツブツ聞こえてくる

「企業秘密、でしゅ。」←何回言うん

 

この寝たふりをしている時間の無駄なことよ。

 

この時間で年賀状何枚書けるだろうか…

お気に入りのブログも読みたい…

他にもあれしてこれして…

 

それなのに現実はというと、

もう既に1時間以上この何もしない時間を過ごしている…

 

夫は、一人寝室で好きなことをしている。

 

いいな~~。

 

夫がここにいたところで何も変わらないんだけど、

自分の時間が持てるって、いいな~~~。

 

むくむくと膨らむ、羨ましい気持ち。

 

色々やりたいことがあるのに、自分が過ごしている時間があまりに無駄なものに思えてしまってまたイライラ…

 

結局

 

ブチッ

 

キレてまいました。

 

 

「いつまで起きてんの!!もうお化けの時間!!

お化け出るよ!!!さっさと寝なさい!!!!」

 

 

普段、「〇〇しなさい」っていう言葉が大っ嫌いで、使わないようにしている私。

 

結局キレて使ってしまうという…普段の努力が水の泡。

 

 

あぁ、またその瞳で私を見つめるオーちゃん。

 

「あーーもぉ、ごめんね。

ママ、イライラしちゃってイヤだったね。

怖かった?」

 

優しく言い直すと

 

 ブヒン

 

 

「怖いよぉ。」

 

「怖い。お化け怖い」

 

 

またやってもーたーーーーー。

 

 

オカン、再び懺悔。

 

 

 

ブヒン顔のオーちゃんを抱きしめ続け

 

結局オーちゃんが寝たのは11時。

 

年賀状も1枚も書けず

 

私がオーちゃんにキレた。という事実だけが残った夜でした。

 

 

長男を授かる前、不妊治療をしていた私。

 

「神様、赤ちゃんを授かったら大事に大事に育てますので、どうか私たち夫婦のもとに子どもを預けてくださいお願いします」

 

って神様に頼んでたの誰。←おまえや

 

 

最低か。

 

 

 

 

 

子育てとか言ってる場合じゃない。

 

己をなんとかしなさい。

 

 

ブヒン!!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました