朝からバタバタの流血事件

こんにちはー!2歳と0歳(4か月)の兄弟を育児しております、すみちゃんです!

 

この前朝からめっちゃ忙しかった。

洗濯物を干している間、寝ている次男を1階に寝かせ、長男と2階へ。

部屋干し用の部屋があるので、私はそこで洗濯物を干して、隣の寝室のプラレールで長男が遊んでいました。

洗濯物を8割干し終えたところで、寝室から

ガタン!ギャーーーーーーー!!と鳴き声が。

どうした~、また足にプラレール落としたか~~??

と思って寝室へ行くと、壊れたプラレールのレールの脇に泣いている長男を発見。よしよし~なんか知らんけど痛かったんやな。気を付けて遊ばないといかんよ~

なんつって、抱きしめてよしよし。

大分落ち着いてきたようなので体を離して顔を見てみると、

 

長男の顔面血だらけーーー!!!( ゚Д゚)

 

朝から流血事件。まじか。

おでこを見てみると、2か所から出血!!

とりあえず止血止血、止血をせねばならぬ。

焦ってうろちょろうろちょろ無駄な動きをした後、長男を抱えて1階へ降り、綺麗なガーゼハンカチでおでこを押さえる。

でも長男は今マックスおでこ痛い痛い状態。

傷の周りは腫れてきていて、押さえると痛いらしく強烈に反発。

いや、でもちょっと傷深そうやし押さえてないと血ぃ止まらんから!!と、無理やり押さえつけるようにして止血。

血が止まってきたので傷をしっかりと見てみると、

まさかの傷口、

 

 

5mm。

 

 

 

めっちゃ大したことないやん。

でもいくらか深いらしく、まだ血が止まりきらない。へコんどるし。

一応頭だし、病院で診てもらったほうが安心だと思い、朝7時半から診察をしている先生のもとへ。

次男も連れて行かなきゃならないので、二人ともパジャマのまま、私もすっぴんのまま車に乗り込んで病院へ。

夜間でも日曜日でも電話一本で診てくれる心強い先生なんだけど、せっかちな先生。

呼ばれて診察室へ入って、

「どうしました?」

「今朝、おでこを切りました」

と言い終わらないうちに先生は看護師さんを呼び寄せて、ギャン泣きの長男が羽交い絞めされた瞬間に傷口を見て、その間に私にケガをした時間を聞き、流れるような診察。

「あー、これくらいなら縫わなくても治るけど、綺麗に治したいなら縫ったほうが綺麗にはなるよ。成人男性や高齢者なら縫わないぐらいだね。女性だったら縫いますか?って自己判断にまかせるレベル。女の子どもだったら縫ったほうがいいけど、男の子?どうしますか?」

というような内容のことを早口で説明。

泣いてる長男の声で聴きとりづらく、先生の顔を見ると、先生は話を中断して「泣いてるから子どもの顔見てて」って言うし、かといって先生を見ないと聞こえにくいし、でも見ると先生は子どもを見とれと言うし、

もぉ~どうしたらいいのーーー!!????

縫わなくて済むなら2歳児を羽交い絞めにして縫うのも大変だろうし、生え際近くの目立たない場所だし、縫わないことに決めた。

消毒してもらい、消毒液を処方してもらって帰ってきました。

ぜーはーぜーはー

でもまだ8時半。一日はまだまだ長い。

 

その後バタバタと準備をして、お弁当を持って支援センターへ。

最近ほぼ毎日支援センターだわ。

だって楽なんだもん。長男は勝手に遊んでくれるし、次男は支援員さんが見ててくれるし。

 

駐車場に着くと、いつになく大量の車。

混んでるのかな~と思って入ると、併設された児童館で5歳児健診をしていました。

支援センターはガラガラ。

天気もいいし、園庭でブランコでも乗って来ようと、長男と二人で外に出ると、1人の5歳男児が母親の相談が終わるのを待っていました。

3人でブランコに揺られて、平和すぎる。

支援センターには小っちゃい子でも安心して乗れる

このタイプのブランコがあるので安心。

すると突然、5歳男児が言い出した。

「この前ね、気にクマん蜂がとまっててね」

ほうほう、蜂とな。怖い怖い。

「そしたらね、その蜂死んでてね」

え、

「メスだったよ!」

 

 

 

え、( ゚Д゚)

 

 

なんの報告!?( ゚Д゚)

 

5歳男児って、面白いねw

 

どうやら、前テレビでクマンバチ特集みたいなのやっていて、そこで得た知識を生かしたらしい。

テレビの内容をちゃんと覚えていて、あ、クマンバチを見つけたからオスかメスか見てみよう。あ、これはこうなってるから、メスだ。

って、これ結構すごいよね。

しかもその子、お姉ちゃんがいるらしいんだけど、そのお姉ちゃんとお風呂で勉強をするらしく、4歳の頃から九九も言えるんだって!

賢くなりそうだね~

日本をよろしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました