すくすくらいだー

2歳差の男の子育児に奮闘するも「なんで~」「どういうことー!?」が口癖になりそうなひっちゃかめっちゃかな日々の記録。長男は自閉症スペクトラムながらも非常に幸せそうに生活中。

こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。


今回の内容は動画にしています。長い内容なので、読むのが面倒臭ければ動画でどうぞ




今回は、4歳次男が、発達障害、自閉症スペクトラム、そして、ADHDと診断されるまでの過程を書かせていただきたいと思います。

 

同じ特性があるからと言って、必ずしも発達障害であるとは限りませんので、ご理解の上、参考程度にご視聴いただきますよう、よろしくお願いします。



次男を妊娠中、特に問題もなく、すくすくとお腹の中で成長してくれました。
 

出産予定日から1週間経っても生まれてくる気配がなく、これ以上の妊娠継続は危険だということで、誘発入院となり、
 

誘発剤を使ってから6時間半。あっという間に生まれてきました。
 


1ヶ月過ぎから目が合うと笑うようになり、3ヶ月には声を出して笑うようになりました。
 

目もしっかりと見てくれるし、よく笑い、愛想の良い赤ちゃん時代でした。
 


身体機能面の発達は、3ヶ月半で首が座り、
IMG_0278


4ヶ月半で寝返り。
IMG_0279


6ヶ月でずり這い、
IMG_0280


7ヶ月でつかまり立ち、
IMG_0282


10ヶ月ではいはい、
IMG_0281


1歳1ヶ月くらいから歩き出し、
IMG_0283


定型発達通りで問題ありませんでした。


7ヶ月くらいには知らない人の顔を見ると不安がるような人見知りはありましたが、あまり激しい人見知りはなく、後追いも軽かった印象です。
IMG_0284

 


手をぱちぱちすると、真似してぱちぱちしたり、はいどうぞ、バイバイなども出来て、コミュニケーション面の問題はありませんでした。


兄とキャイキャイと遊ぶ姿も見られるようになりました。


離乳食はあまり食べたがらない子で、口からベーベー出してしまったり、
IMG_0287


嫌なものは投げつけてきたりと、
IMG_0266


なかなか精神衛生上辛い離乳食ライフでしたが、全く食べないと言うことはなく、少しずつ食べられるものや、食べられる量も増えていきました。

 

一般的に言えば、好き嫌いの激しいタイプだったとは思います。


 

私が食べさせても食べないのでもう諦めて片付けようと思っていたところ、長男が食べさせてくれて、するとパクパク食べる。と言うことが何度かあったので、

困った時には長男に食べさせてもらっていました。
 


授乳については、10ヶ月くらいからだったと思いますが、夜寝てから朝まで一度も起きることなく、夜間の授乳がなくなりました。

IMG_0288

私も寝てるからとわざわざ起こして飲ませることもしなかったので、そのまま自然に夜間断乳に至りました。



こちらの話す内容も少しずつ理解ができ始めてきていて、「おいで」など、簡単な言葉は理解している様子がありました。

 

1歳直前くらいから、意味のあるような言葉を喋り始めました。
 

「バイバイ」を「バーバー」と言ったり、「いないいなーい」と声をかけると、「ば!」と答えたりしはじめました。
 

名前を呼ぶと手をあげてお返事することもできるようになりました。
 


1歳になるまでの間に、発達について気になることは一切ありませんでした。

 


1歳になってすぐ、すでに夜間断乳が完了していたので、離乳食後のしていた授乳をやめてみたら、なんなく断乳が完了しました。
 

特に飲みたがることもなく、自然と断乳できました。
 

そして、断乳と同時に指吸いが始まりました。
 

今現在も指すいは続いており、右手の親指には立派な吸いだこが形成されています。
 


あとは、黄色い服を肌身離さず持ち運ぶようになりました。
 

元々は私が部屋着としてきていた、ロッキンジャパンのフェスTシャツなんですが、一緒に添い寝をしている時も、私がきているその服をさすっていたり、匂いをかいだりしていたので、これを持たせたら安心するかなーと思って渡した所、それがガッツリどハマりしまして、どこへ行くにも持ち歩き、触って感触を確かめたり、匂いをかいだりして過ごすようになりました。


そして最終形態、黄色い服の匂いを嗅ぎながら指を吸うと言う形に収まりまして、寝るときには必ずそのスタイルでないと寝られなくなりました。

IMG_0273


 


1歳3ヶ月、私の職場復帰に合わせて、保育園に入園しました。
 

入園初日は教室に入るなり一目散におもちゃに向かって駆け出し、夢中になって遊び始め、そのまま保育園に置いていくような形で登園しました。


初日は2時間ほどの慣らし保育なので指定された時間にお迎えに行くと、少し眠そうな様子ながらお砂遊びをしていて、10時のおやつもしっかり食べたとのことでした。


しかし家に帰ってきてからが大荒れで、泣き叫び、転がり廻り、抱っこしてもおろしていてもご機嫌は最悪。ギャーギャー泣き叫ぶ時間が1時間ほど続きました。
IMG_0250
 


次男と同時に年少さんとして入園した長男が朝からものすごく手がかかったので、

長男ばかりにかかりきりになって次男のケアを蔑ろにしてしまったことを反省し、

抱っこして丁寧に関わる時間を持ったところ、なんとか落ち着きましたが、

次男がこんなに荒れることは本当に珍しく、負担だったのだと思います。
 


登園2日目は朝から抱っこ抱っこで、長男と次男をダブル抱っこして朝の時間を過ごしました。朝保育園で次男とお別れするときには、ママとお別れだとちゃんと分かったらしく、大泣きをされました。
 


とはいえ、3日ほどで泣かなくなりました。しかし不安は不安なようで、しばらくは朝と帰宅後に抱っこをせがむことが増えました。



この頃は保育園でも家でもボールにどハマりしておりまして、ずっとボールを追いかけているような感じでした。

投げてはボールが転がったり跳ねたりする様子をじっと観察しているような姿が多くみられ、今思えば、興味の対象が狭かったり、興味のあるものにのめり込みやすいという特性がこの頃から出ていたのかなぁとも思います。

IMG_0247
 


1歳4ヶ月頃にはボールのことを「ボーう」と呼べるようになって、毎日毎日「ボーうボーう」言ってました。
IMG_0291
 


そして、1歳台はとにかく大変だった。
 

自宅のような、ベビーゲートやパーテーションなどで環境を整えている場所だとまだいいのですが、実家など、子供仕様の環境になっていない場所に行くと、とにかく引き出しを片っ端から開けて、中をいじって、止めても止めても1歳なんでまだ分からないし、大人が疲れる。


早めにイヤイヤ期も到来しまして、引き出し片っ端から開ける習性に加え、止められると大癇癪を起こすという地獄の期間が始まりました。
 


1歳の頃からかなり我が強いという印象があって、自分がしたいことが出来ない時に激しく泣くことが多くみられました。
 


外遊びが好きすぎて、靴を脱がせるたびにギャーギャー泣いたり、輪ゴムや小石などの細かい物が好きでよく持ちたがったのですが、口に入れると危ないので取り上げるとギャーギャー泣いたりと、思い出しただけでもげっそりする日々でした。
 


あとは、収集癖が始まりました。
 

どんぐりや松ぼっくりなどの木の実や、小石など、小さなものを集めるのがとても好きなようで、黙々と拾って、なかなか家に帰ってくれないと言うことは多々ありました。
 


かなり手がかかって大変な日々でしたが、1歳児なのでいやいや言うのは当たり前だし、言うこと聞かないのも当たり前だし、好奇心旺盛なのは良いことだし、全く気にしていませんでした。
 

「好き嫌いや、自分の意思がはっきりしている子」と言う印象でした。
 


長男が1歳半の頃は、外で遊んでいて踏切がなると、一目散に踏切に向かってダッシュしてしまったりと、多動な要素があったのですが、次男は基本的に家の敷地内で遊んでくれる感じで、敷地から飛び出していってしまうこともなかったので、多動性はなさそうだなぁ~とこの頃は感じていたくらいです。
 


言葉の発達も順調で、1歳半すぎに2語文も出ました。
 

次男は順調な言葉の発達ですが、長男は言葉の発達が遅く、かなり心配したと言う経験があったので、次男は言葉の遅れがないことにとても安心したのを覚えています。


我は強まるばかりですが、かわいいかわいい1歳児。
 

ご機嫌な時はかわいいかわいいで、癇癪もまだ、今思えば、序の口でした。



そんな中で迎えた2歳。
 

通っていた保育園の未満児クラスが廃止になり、他の保育園に移ることになりました。
 


今度入園することになったのは、企業に併設されている未満児専用の保育園で、生後3ヶ月の赤ちゃんから、入園前までの子供たちが同じ空間で過ごす保育園でした。
 

転園初日の朝は泣いたものの、長男のような過度な不安はなく、いや~と言って私の足にくっついたり、
IMG_0267


離れる時には泣いたものの、お迎えに行った時には、「泣いたのは来た時だけで、すぐに泣き止み、一日元気に遊べました、給食もおかわりしてモリモリ食べました」と言われ、私が迎えに来たことにも気づかないほど夢中で遊んでいました。
 


2日目も登園時、不安そうに私の足にまとわりついてはきましたが、泣くことはなく登園し、早期に保育園に馴染んだように見受けられました。


相変わらずボールが大好きで、転園した保育園でもボール遊びをよくしていました。
IMG_0296
 

風船も大好きで、そういう丸いものが好きなんだと思います。
IMG_0297
 

工作などにも興味津々で、手形とりや、絵の具を使った工作遊びなどは夢中になってやっていると言われました。

IMG_0298


言葉も順調に増え、言葉でのやりとりも円滑になっていきました。


同時にこだわりが出現し、お気に入りの服を2日に1回は着たり、緑色のものを収集し始めたりといった姿が見られるようになりましたが、
IMG_0299

 

長男ほどの強いこだわりではなかった上に、2歳=いやいや期 と思えば、気にならない程度のこだわりでした。


いやいやはどんどん加速し、小さなことでの癇癪は増えていきました。
 

子供に合わせた環境になっていない実家へ行った時の苦労は1歳の頃に比べて倍増し、

5秒に1回いたずらをしていると言う感じでした。

IMG_0259


コンロをいじり、

IMG_0256


注意をしたら逃げ出し、

IMG_0257


食器棚をあけ、

IMG_0258


注意をしたら逃げ出し、

IMG_0257


逃げて行った先で障子を破り、

IMG_0260
網戸を薙ぎ倒し、

IMG_0261


マッチをばらまき、

IMG_0262

家の外へそーっと出ようとしていたりと、

IMG_0264

子供から目が離せない状態でした。
 


癇癪の時は、だっこだっこと言うので抱っこしても反り返って怒り狂い、抱っこから下ろしても転がり回って怒り狂う。
 

兄におもちゃを取られて地団駄を踏んで怒り狂う。金切声をあげて叫ぶ。
 

そんなことは日常茶飯事でした。
 


家族で過ごすときにはお外で一切手を繋いでくれず、つなぐと癇癪を起こしたり、道路に座り込んでストライキをしたりと言う姿がありましたが、

IMG_0348

保育園ではロープをしっかりと握り、列にしっかりと並んでお散歩もしていたようです。

 IMG_0350


どうナットねん。



転園して2~3ヶ月ほどたったころ、次男は2歳半を迎えたのですが、いきなり吃音が出現しました。

IMG_0349
 

それまでペラペラと喋っていたおしゃべりもしなくなり、いっときは一切意味のある言葉を喋らなくなったことから、受診もしました。
 

吃音については詳しくは別の記事にまとめているので、そちらの動画を参考にしていただければと思いますが、

言葉が増えてくる2歳半という年齢に加えて、転園による環境変化が負担になって吃音が出現したと思われます。



吃音は悪化したり落ち着いたりという波がありながらも、2歳と言う年齢も鑑みて継続的な受診は必要ないと判断され、一旦受診は終了しました。
 


吃音以外の発達は順調でした。細々としたことが大好きで、黙々と作業をして集中して遊ぶことの多い次男は、コートのチャックを自分で閉められるようになったり、締めにくい箱を開け閉めしていたりと、こんな細かいことが、もう出来るようになったの!?と驚くことが多くありました。

 IMG_0352



トイトレも保育園のおかげもあって順調に進み、大した苦労もなく3歳前におむつが外れました。


2歳を過ぎてからは朝おむつが濡れていることがほぼなくなり、夜間のおむつも気づいたら外れたと言う感じでした。


長男は、興味のないことは一切やりたがらないがために、出来ることが少なかったタイプで、日常生活で必要なお着替えやらお箸を握ることやら、いろいろなことをやらせるのが大変だったのですが、
 

次男はいろいろなことに興味をもち、挑戦してくれるので、お着替えも、スプーンなどを使って食べることも、難なく出来るようになりました。
IMG_0353
 


癇癪は激し目でしたが、長男に比べてこだわりも少なく、長男のような常道運動もなく、興味の偏りも長男ほど激しくなく、多動性も気になリませんでした。
 

が、今思えば、もうすでに多動は始まっていた気がします。道路に飛び出そうとしたり、実家へ行った時の様子を思えば、多分多動でした。が、気にもしていませんでした。
 


この頃にはすでに長男は発達障害と診断されていたので、長男が2歳だった頃の様子といろいろ比較し、次男が発達障害だとは全く疑っていませんでした。
 


ただ、我が強いのは相変わらずで、3歳になっても絶賛いやいや期と言う感じで、やりたいことが出来なかったり、欲しいもの(例えば、細かいもので口に入れてしまうもの)などを取り上げられると、激し目に癇癪を起こしました。
 


興味の対象は、ボールから徐々に電車へ移行し、新幹線が大好きになりました。
 


3月になると、また長男と同じ保育園に通えると言うことをとても楽しみにしていて、「そうちゃんと一緒の保育園にいく?そっちの保育園に行きたい!!」と言うようになりました。
 


そして、4月になり、1歳の時に通っていた、長男と同じ保育園に入園しました。
 


入園式はびっくりするほどスムーズで、入園式開始まで勝手に遊んでいてくれて、式の間はいいこにお座りができ、その後の保護者総会の間は親と離れて教室で過ごすのですが、もう3年通った保育園みたいな顔して余裕綽々で教室で過ごせました。

IMG_0307
 


なんの苦労もなく、一切の不安感もなく、翌日の初登園も、自ら「おかえりー!!」とトンチンカンな挨拶をして、同級生たちが泣き叫んでいる中、意気揚々と教室に入っていきました。

IMG_0309

IMG_0308

 


新しいお友達ともすぐ馴染み、名前をよく覚えてきて、同じクラスの子を見かけると、おーい!!誰々クーーん!!!と遠くからでも大きな声でよび、駆け寄っていって一緒に遊んでいました。
 


次男の対人関係の困難さは私自身は全く感じておらず、むしろクラスの人気者というか、

同級生のママさんにも「うちの子は家で永ちゃん永ちゃんといって瑛ちゃんの話をよくする」

という話を複数のママさんから聞いたり、

クラスのお友達も「えーちゃんえーちゃん」とよく次男に声をかけてきてくれたので、次男には不思議な魅力があるというか、コミュニケーション能力がかなり高い方だと思っていました。
 


吃音はというと、悪化したり改善したり、波がありながらも継続したいたので、保育園に月1で言語聴覚士さんが巡回相談に来るときに見て欲しいと、前もってお願いをしてありました。


5月、早速次男をSTさんが見てくれました。
 

見てもらった結果、次男は、「とっても賢い。そして、せっかちだ」と言われました。
 

保育園での様子は、先生が今日やることを提示すると、示された途端にすぐに始めて、早く終わらせたい。話は最後まで聞かず、さっさとやる。待つとか、我慢とかはできない。
 

吃音も、話す言葉が頭の中でまとまっていないうちから話し始めてしまうので、吃音と言う症状となって出ている。と言われました。
 


そして、意外と環境の変化を敏感に感じ取り、緊張するタイプだとも言われました。
IMG_0315
 


入園後、また環境が変わって、吃音が悪化したのですが、緊張していたっぽいです。


そして、そんな次男には、リラックスして過ごせる時間を作ることと、安心して過ごせるように環境を整えること。とアドバイスをいただき、意識して生活をするようになりました。


意識して抱っこする機会を増やしたり、黄色い服の匂いを嗅いで指を吸うスタイルで安心感を得ているような感じなので、それを黙認することにしました。
IMG_0316
 


保育園では、刺激が多すぎると全てを理解しようとしてキャパオーバーになってしまうと言われたので、刺激量を調整したり、次男のペースで生活することをサポートしてくれることとなりました。
IMG_0318
 


そうSTさんに言われてから気になり出したのですが、

次男は目に飛び込んでくる刺激に対してすごく用意に反応する節がありました。

IMG_0363
 


小石が目に入ると、集めずにはいられなかったり、風船やボールが目に入ると、他にやるべきことがあっても、一目散に駆け出してしまう。
 

その上、欲しいものが手に入らないと癇癪を起こす。
 


と言うことで、自宅でも、次男を刺激しそうなものが目に入らないように片付けたりと、とにかく見えないところに隠すように気をつけました。



夏になると、保育園にカエルが大量発生するわけですが、カエルを捕まえないと教室に入ってくれない。と言う現象が起き始めました。
 

毎朝血眼になってカエルを捕獲し、そのカエルを手に教室に入る。

IMG_0367
 

カエルがいない日は地獄で、わたしも仕事に出勤するためのタイムリミットがあるので、カエルが欲しいと泣き叫ぶ次男を抱え、先生に押し付けるような形で登園することが増えました。

IMG_0368
 


そんなこんなで、年少さんとして入園したので、集団行動が求められるようになったわけですが、その集団行動がうまく取れないことを指摘されることが多々ありました。
 


例えば、長男が年長さんのクラスにいるのですが、

次男が教室から脱走して、長男のクラスに遊びに行ってしまう。


IMG_0369


この教室からの脱走劇は、本当に毎日毎日繰り返されておりました。
 

朝保育園に送るときには、次男の教室に行ってから長男の教室に行っていたのですが、一度教室に入ったはずの次男がテラスをかけぬけて長男のクラスに必ずくるし、

迎えに行った時も、テラスを駆け抜けていく次男を何度も目にしました。
 


そのたびに次男の担任の先生が追いかけてきてくれて、それを楽しんでいるような節もあったり、長男のクラスの先生も、毎日繰り返されるこの茶番に慣れている様子で、次男を捕まえてくれたり、長男のクラスのお友達も、「あ、またえーちゃんがきたー!」と温かく迎えてくれていました。

IMG_0371
 


他にも、みんなと工作などの課題をやっていても、自分がもう終わり、と満足すると、やる気を失い、他のことを初めてしまったり、遊戯室に一人立てこもって教室に戻ってこなかったり。


全体の動きに合わせられず、単独での行動を取ることは多々ありました。


お遊戯会や、運動会のときにはそれが本当に顕著に見られ、
 

運動会の列から脱走して一人滑り台に登って籠城したり、

ダンスの時間に観客席に来てしまったり。

かけっこの時には、小石集めに夢中になっていて、ポケット両方が小石でパンパンで、

スタートのピストルがなっても小石が名残惜しく、最後の一つを拾ってポケットに入れてから、パンパンになったポケットを抑えてそろりそろりと進んでゴールしました。

IMG_0373
 


お遊戯会の最中には、歌を歌うときなどは全体と一緒にできるのですが、待っている時間などに離席してしまうようで、その場にとどまれるように、出番以外のときには先生が個別について、そっとおもちゃを渡してくれたりと個別に対応をしてもらっていました。


対人関係にも難があると指摘されました。
 

次男は緑大好きな上に収集癖があるわけですが、緑のブロックを集めていて、それをお友達が持って行ってしまうと癇癪を起こし、時にはお友達を叩いてしまうこともありました。

IMG_0375
 


入園当初は、お友達に自分から近づいていって一緒に遊ぼうとする姿が見られたようですが、夏休み明けから、友達と過剰に距離を取るようになったと言われました。
IMG_0376
 


衝動的な行動も指摘されるようになり、

ちょうちょが飛んでいると、追いかけて裸足で園庭に飛び出してしまったり、

IMG_0377

カエルを持っているときに声をかけられ、びっくりしてカエルを口に入れようとしてたり、
IMG_0378


スイカを食べるごっこをしていて、テンションが上がり過ぎたのか、実際にお友達の腕に齧り付いてしまったりしました。

IMG_0379
 


秋になると、保育園に行くのを嫌がるようになりました。保育園でも、「ママがいいママがいい」と言って泣いてしまうことがあるようでした。

IMG_0380
 


以前は保育園の駐車場でお友達を見つけると「誰々ちゃーん!!おーい!!」と大きな声で呼びながら駆け寄っていき、お友達と登園していたのが、最近はお友達が近寄ってくると「だめ!!誰々ちゃんばつ!!いや!!」と拒絶するようにもなりました。

IMG_0381
 

夏休み前までは保育園も喜んで行っていたし、社交的でコミュ力お化けだった次男が、夏休みが開けた途端、一体どうしてしまったのだろう?と思っていました。


家では、衝動的な行動に加え、とにかく言うことを聞かないことにヤキモキすることも増えました。

次男が持っているものを「渡して」と言うと、一目散に逃げて行ったり、くしゃみをして鼻水が出たのでティッシュを持ってくるから待っててね~袖で拭かないでね~と言ったのを聞いてから袖で拭いたり、
IMG_0329



手を洗った後にお手拭きで拭いてと言ったのを聞いてから、わざわざ私の顔を見ながら「服で拭いてるよー」と言うのをアピールしながら服で手をゴシゴシ拭いたり、
IMG_0322


 

キぃぃぃぃ腹たつーーー!!!!!!ほんっとに言うこと聞かねーやつー!!!!コンニャロー!!

IMG_0320

とヤキモキすることが多々ありました。ちなみに、もちろん性格は現在進行形です。


そして、10月。

集団行動が難しいことや、衝動的な行動から安全面の確保の仕方などを相談したいと保育園から打診があり、STさんの巡回相談を再度受けることになりました。


STさんは、「次男くんは刺激に対して敏感な子だから、自分で刺激の量を調整しているように見える」と言ってしましたが、保育園でも少しつらそうに見えると言われました

お友達を避けて距離を置いているのは、刺激量を調整しているのではないか、とのことでした。

緊張が高まりやすいタイプの子で、そのせいで吃音も出ているわけなのですが、刺激に敏感で緊張が高まっている状態が現状だとのことです。

様子が変わってきたのが夏休み明けからなので、そのSTさん曰く、運動会の練習などが始まる中で、それが次男の負担になっているのではないかとのことでした。

運動会では決められたタイミングで決められたことをしなければなりません。待つときは待たなければならないし、用意どんに合わせて動かなければならない。
IMG_0384
 

どんぐり広いなど、ほかにやりたいことがあるのに、運動会の順番を待つことを強要されたりするため、自分の意思が通らないことに対して疲れてしまっているのではないかと言われました。
 

また、STさん曰く、自己肯定感が低くなっているようにも見えると言われてしまいました。

IMG_0385
 

癇癪が多かったり、集団行動が苦手な中で、注意されたり叱られたりすることが多く、自己肯定感が下がってしまった可能性があります
 

その上で、STさんから

次男に発達外来を受診してもらって、保育園での対応のアドバイスをもらってきて欲しいと打診があり、発達外来を受診するに至りました。

そして、ついた診断が、自閉症スペクトラム障害(ASD)と、注意欠如・多動症である(ADHD)という発達障害でした。
 

以上、次男が、発達障害と診断されるまでの発達の経過についてお話しさせてもらいました。

次男と同じような発達特性を持ち合わせていても、日常生活の困難さがなければ「障害」とは診断されないこともあるそうです。

また、同じ「自閉症スペクトラム」や「ADHD」でも、特性の出方は人それぞれで、次男とは全く違う性格だったり特性を持ち合わせていても、同じ診断名になることもありますので、

次男と同じだからとか、違うから、とかで自己判断するのではなく、発達について心配事があれば各相談窓口にまず相談することをお勧めします。

発達障害と診断されたくないから発達外来に行きたくない。と思われる方も一定数おられるかとは思いますが、私自身、長男と次男が発達外来にお世話になっている中で、

その都度困り事を相談し、アドバイスをもらい、それを生活の中で実践する中で、私自身の育児も楽になったし、何よりも子供たち本人が、落ちかけていた自己肯定感が回復したり、友達に対して過剰にとっていた距離が、また縮んできたりなど、目に見えた改善を目の当たりにして、発達外来にいき、診断をもらってよかったなぁと思っています。

なので、発達障害に対する偏見を一度捨ててみてはいかがでしょうか?

長男・次男とも、発達障害があるが故の素晴らしい才能があります。それも他の動画にまとめていますので、ぜひみていただければ嬉しいです。



 


もちろん育児する中で大変なことも多く、もう嫌だ、無理だ、なんで私ばっかりこんな思いをしなければいけないのかと、心折れる瞬間も、少なからずあります。

育児が大変で、辛くて、泣いたことも1度や2度ではありません。
 

でも、今のこの瞬間が、十年後の自分の宝物になっていると信じて、挫折しても、心粉々に打ち砕かれても、その都度前を向いて頑張って行けたらいいなと思います。
 

少しでも育児が楽になるようにと色々と工夫もしているので、そちらの動画もみて頂き、もし、参考になれば嬉しいです



最後まで読んでいただきありがとうございました。

 




長男Z会頑張ってます!まじ良問の宝庫





保育園児次男はスマイルゼミを活用中



 

オイシックスがうますぎる


 

 

電動歯ブラシで磨くようになってから自分磨きをめっちゃしてくれるようになりました




 

こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。



次男は発達障害のため、月に1回リハビリを受けています。


今月は、初めてOTとSTのリハビリを続けてやってきました。

最初にSTのリハビリから。 


発達の凸凹のため、言葉の発達が他の面より少し遅れていることが気になり、単語数が少なかったりするため、見てもらうことになりました。


最初は初めてのセラピストさんにテレテレしていたものの、

IMG_4780



すぐ個室に入って椅子に座って課題を開始することができた


かと思ったら、



ホワイトボードに落書きをしたくて仕方がない次男。


IMG_4781


建物の絵を書いて、「保育園!!」と言ったり、

S Tさんが今日の課題を書こうとすると

「えーちゃんがかく!!」と言ってペンを奪い取ってしまい、マイペースに落書きする時間が流れていきました。



まぁ。こう言うとこあるよね。

自分がやりたいこと優先というか。




でもなんだかんだ先生が上手いこと誘導してくれて、

動物の名前あてクイズなど、楽しんでできていました!!


IMG_4782




40分S Tのリハビリを受けた後、今度はO Tのリハビリへ。

O Tのリハビリは、ボルダリングやブランコなどの

一見おもちゃのようなものがたくさんあるお部屋なので、次男にとっては誘惑がたくさん!!!!!

特に今回はS Tのリハビリを受けて疲れている状態だったので、

IMG_4783



全っ然先生のいうこと聞けず。


自分のやりたい滑り台をやり続けたり、

IMG_4785




棚から勝手におもちゃを出して「これやりたい!!」「これやりたい!!」

と次から次へと新しいものに興味を奪われ、

ほぼ、できませんでした。



IMG_4784


ちーん



現状、言葉の発達も大きく遅れているわけではないし、まだ年中さんなので

STのリハビリの必要性は あまりないだろうということで

それよりもちゃんとO Tのリハビリが受けられるように、

S Tのリハビリはやめることになりました。



ということで、

ただただ疲れに病院に行ってきました。という報告でございました。



YouTubeもやってます。チャンネル登録よろしくお願いします





長男Z会頑張ってます!まじ良問の宝庫





保育園児次男はスマイルゼミを活用中



 

オイシックスがうますぎる


 

 

電動歯ブラシで磨くようになってから自分磨きをめっちゃしてくれるようになりました





 

こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。



次男は未だのどの痛みが強く、食べられるものが限られています。

昨日はゼリーとスポーツドリンクとそうめんしか食べられなかったのですが、

今日はヨーグルトと味噌汁(わずか)とチーズ(わずか)が食べられたので少しは良くなっていると信じたい。



そんな次男、保育園から借りてきた絵本を読んでます。


その絵本は


IMG_0430


おしりをしりたい






THE、男子が好きそうな絵本!!!!



しかし読んでみると、

「お尻がプリンとしているのは人間が2足歩行になったから」とか

「しり」のつく慣用句についてとか


意外と勉強になる内容。



しかし男子が喜ぶのは、そういったお勉強になる素晴らしい内容の方ではなく、





FullSizeRender



おみそしり




FullSizeRender


かかしり




FullSizeRender



にほんシリーズ





FullSizeRender


くさむしり







こういうところだよねぇーーーーーーー。




そういうオカンも大爆笑してしまったのでした。



個人的には日本シリーズがツボ。




 

こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。


今日も次男は保育園をお休み。

のどが相当痛いらしく、まともにご飯が食べられません。


ゼリーや素麺などの喉越しの良いものしか食べられない状態。

バナナ牛乳なら飲めるかな?と思って作ってみたけど、


IMG_4779



だめですた。



あーと喉をみると、喉の周りがぶつぶつと爛れたように腫れており、

こりゃぁ痛いだろうよ。

と言う感じ。


とは言ってももうまともにご飯が食べられなくなってから4日たつので、そろそろ栄養が心配です。

早く良くなっておくれぇぇぇー!!!!




喉が痛い以外には熱も下がり、体調自体はよくなってきていて、

ずっと一緒にいなくても泣かなくなったので、

このすきに、マイナポイント第2弾を申請しました!!



私・子供二人の、3人分。



お国に情報握られるのが嫌だぁぁという意見もあるようですが、

足掻いたってそのうち国に情報握られるのよ。
どうせならポイントもらえるうちにやったほうがいいだろう。


というのが我が家の考え。




手続き自体は全然苦にならないくらい簡単だったんだけど、

ポイントをもらえる先が3つに分かれるのが引き続き使いづらいところ。


うちは

楽天カード、paypay、近所のスーパーの電子マネーにしました。


最近のお会計はほぼ楽天カードで済ませているので、

近所のスーパーの電子マネーを使うのを忘れないようにしないと。




YouTubeもやってます。チャンネル登録よろしくお願いします





長男Z会頑張ってます!まじ良問の宝庫





保育園児次男はスマイルゼミを活用中



 

オイシックスがうますぎる


 

 

電動歯ブラシで磨くようになってから自分磨きをめっちゃしてくれるようになりました



 

こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。




熱を出している次男ですが、昨日病院へ電話したところ、発症後から12時間経過していないとコロナの検査ができないため、明日になっても発熱が続いていたらきてください。

とのことでした。

以前もらっていた吐き気どめの座薬を使って良いと言われたので、座薬をプチっとしたら夜には様子が落ち着き、夜は寝られました。

そして、朝もまだ熱があったので病院へ行ってきました。 


検査の結果は



コロナもインフルもマイナス。


ほっ。


やっぱ長男のがうつったな。



とは言え昨日よりも大分元気。

「寝ていて」と言っても寝ていてくれない程度には元気。


で、結果、


夕方以降熱が上がるんでーすーよーねーーーーーー。





喉の痛みが悪化したらしく、ご機嫌も悪し。


で、ご機嫌悪いからギャーギャー泣くから余計に喉が痛くなるという悪循環。


これは痛み止めを飲ませた方が良いかも…と思って1口飲んだら…



「いたいぃぃぃぃぃーーーーー!!!!!!」


と叫んで大泣き。


からの、



まさかのリバース。


気持ち悪くてではない。泣きすぎてのリバースである。



抗生剤と一緒に痛みどめも出てしまった…



さい&あく。




リバースしたことにより更に喉が痛くなったし。



夜はしっかり寝てくれることを願う。



YouTubeもやってます。チャンネル登録よろしくお願いします





長男Z会頑張ってます!まじ良問の宝庫





保育園児次男はスマイルゼミを活用中



 

オイシックスがうますぎる


 

 

電動歯ブラシで磨くようになってから自分磨きをめっちゃしてくれるようになりました







 

こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。


発熱で帰宅し寝ていた次男。

その後おきた瞬間泣き出し、リバース!!

長男と同じ症状だったので、バケツ用意してて間に合って良かった‥


その後は

「寒い」

と言うので布団をかけたら2分後に

「暑いーーーー!!!!」


と叫び、布団をはいで、脇に保冷剤を挟んだら2分後に

「寒いーーー!!!!」


と叫び、保冷剤を外したら2分後に

「暑いーーーー!!!!!!」

叫び。

何をしても叫ばれる運命にあるらしい。


この繰り返される「暑い」と「寒い」の間に、たまーに



「ゲボでちゃうーーー!!!!!」


と言うのも挟んでくるので、体を起こしてバケツを用意して、

しばらくすると結局履くことなくまた「寒い」と「暑い」と繰り返しています。




ちなみにその間の2分間は

「ママがいいーママがいいーー」

と唱えながら泣いています。

抱っこしても「ママがいいーーママがいいーー」がおさまらず、

呪文のように「ママがいいーー」を繰り返す次男を抱きしめながら、


定期的に「暑い」と「寒い」と「ゲボでちゃう」を繰り返すのに付き合っていました。






嘔吐があるので、水分補給は本当に口を濡らす程度しかできないのですが、

グリーンダカラをスプーンで2杯ずつくらい飲ませています。




今、やっと寝ました。

自分が頑張った記録をブログに書き書き。




YouTubeもやってます。チャンネル登録よろしくお願いします


 

こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。



高熱嘔吐と喉の痛みで学校をおやすみしていた長男、

3日学校を休み、今日やっと登校再開出来ました!!

そして、コロナ禍のせいで便乗して休んでいた次男もやっと保育園へ。



つまり、私もやっと仕事に行ける!!

子育てをしているとどうしても職場に迷惑をかけてしまいます。

私はパート勤務なので、必然的に私が休んで風邪の子供の面倒を見ることに。


その辺、二人とも正規職員のご家庭だと交互に休んだりするのかな??

それとも病児保育とか??


我が家では子供達は発達障害があり、体調不良の中慣れない環境の病児保育に出すことは避けたいので、

結果的に毎回私が仕事を休んで看病する形になります。



と言うことでざんざん職場に迷惑をかけている中やっと出勤できる〜

と勇んで仕事に行き、

張り切って仕事をしていた10時20分。



「スミさーん、電話でーす!!」



うん。


イヤな予感しかせぬ。

IMG_3061





「もしもしお電話変わりました、すみです」


「◯◯保育園の✖️✖️です」




「今度はえーちゃんがお熱です。

入れ替わりで体調不良なのでお母さん、またお仕事中かと思いますが、

お迎えに来てもらえますか?」





「はい。行きます。」




IMG_2944

チーーーン





と、いうことで、今に至る。


IMG_0426


寝てる。


暑いと言うので布団は剥ぎ取って代わりにパンツインしといた。



症状は全く長男と一緒。


午後に受診に行く予定です。


早くよくなぁれ




YouTubeもやってます。チャンネル登録よろしくお願いします





 


こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。


昨日40℃という記録的高熱を叩き出した長男は今日も学校をお休み。

家族に体調不良がいると保育園は登園禁止なので、次男も便乗してお休み。


昨日は本当に体調が最悪だったのでパニック続きの長男でしたが

IMG_3942


今日は37℃前半の体温で大分楽な様子。

パニックなく過ごせると本当楽!!

本人も楽やろけど親も楽!!!


日中はほぼほぼテレビを見て過ごしましたが

IMG_0409

夕飯の時にまた泣き出した。


パニック再燃。


喉が痛くて泣いてるっぽい。


OMG


明日は登校できるかなー?と思ったけど、

ちょっと無理かもしれん‥



YouTubeもやってます。チャンネル登録よろしくお願いします






長男Z会頑張ってます!まじ良問の宝庫





保育園児次男はスマイルゼミを活用中



 

オイシックスがうますぎる


 

 

電動歯ブラシで磨くようになってから自分磨きをめっちゃしてくれるようになりました





こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。



※リバース表記があります。苦手な方はご注意ください。




昨日の朝、起き抜けに「のどが痛い…」と言い出した長男。

朝ごはんも盛大にリバースしてしまいました。


バケツを用意していたのですが、勢い良すぎて布団シーツやらの洗濯地獄に突き落とされたのでした。



その時は熱がなかったのに、8時には39.0℃  11時には39.4℃まで上昇。


昨日一日、起きている時は「横に寝てー!!!!」と半パニック状態で、

「ちょっとトイレに行ってくる」と言うだけで、


IMG_3942


パニック発作。



「どこ行っちゃうのぉぉぉー!!!!!」

って泣かれるけど、






「トイレや。」



部屋出て5歩のところや。





「大丈夫だから落ち着いて。すぐ戻ってくるから。」


「落ち着けないぃ
ぃぃーーーー!!!!!!」

IMG_3142






 小1、大変です。





長男が発熱しているので、元気な次男も一緒におやすみをしているのですが、

少しでも次男が長男に近づくと


「えーちゃん!!近づいてこないで!!!!!」


めっちゃキレる。

でも次男にはそんなん通用せず、繰り返し繰り返し繰り広げられるこのやりとり。


IMG_3002


長男は基本寝ているかパニックを起こしているかの状態で、

昼寝をしたのを見計らってお昼ご飯のうどんでも茹でようかと思ったら、

茹でてる途中に起きてパニック!!!!!





すまん!!!!!




あと3分で茹だるから、我慢しとってくれぇぇぇーーーー!!!!!!!!


IMG_3942




うどんを茹でるのもままならぬ。

 

次男にうどんを食べさせ、長男は全く食欲ないとのことで、少量のエナジーゼリーとグリーンダカラだけ摂取した感じでした。



本当にねぇ、パニック起こしまくる子の相手してると、

精神すり減るで。


IMG_3030





午後3時。

小児科の病院に電話し、予約をとって、4時半、小児科へ。

朝リバースしたので、一応エチケット袋を忍ばせて車に乗って出発。





車の中で抗原検査を行い、インフルもコロナも陰性。


渡された体温計で測った体温は、



40℃でした。



人って、本当に40℃出るんや…





診察の順番がきたので、電話で呼ばれて病院の中へ。


玄関で靴を脱ごうというタイミングで、長男が活動停止。




止まってしまった。動かない。




「き…気持ち悪い…」





さっとエチケット袋を出したところで、


リバーーーース!!!!!!!!



 
エチケット袋持ってきてて良かったぁぁぁぁぁぁぁーーーー!!!!!!!!!!





診察の結果、喉が真っ赤なので風邪だろうとのこと。

高熱のためリバースしているのではないかと言われました。



帰宅後、病院で言われた通り、吐き気止めの座薬をプチッとお尻に挿入し、

1時間後に解熱剤の薬を飲ませ、


本当に少量ずつ少量ずつグリーンダカラ飲ませました。



薬が効いたおかげか、その後はパニックも落ち着き、夜もぐっすり眠れたようで、

翌日の今日、朝の体温は37.3℃。


このまま解熱していってくれることを切に願う!!!!!!!!





YouTubeもやってます。チャンネル登録よろしくお願いします





長男Z会頑張ってます!まじ良問の宝庫





保育園児次男はスマイルゼミを活用中



 

オイシックスがうますぎる


 

 

電動歯ブラシで磨くようになってから自分磨きをめっちゃしてくれるようになりました




こんにちはー!

長男 小1 ASD
次男 年中 ASD &ADHD

男兄弟を育児しております、SUMIです。


やってしまいました。

重大インシデント発生!!!!!!




3連休は義実家で過ごしたのですが、

日曜日の昼前、

次男が、口から謎のどろどろの物体を吐き出しました。

ピンクとグレーを混ぜたような色の物体。

夫が発見してティッシュでとったのですが、何か口に入れていたっぽい。


「これ、何?」

と聞いたところ、




次男「くすり‥」





は?





次男「ひいばあの部屋に落ちてた」






はぁー!?!?!?


IMG_3943








90過ぎのひいばあ。

ベッドサイドで薬を飲もうと思って、ぽろんと一つ気づかないうちに落としたっぽい。

長男と二人でひいばあの部屋に遊びに行った次男。

ベッド横に落ちている薬を発見。


口に入れたっぽい!!!!!!!




おーーーーい待て待て待て待て勘弁してくれよおい!!

90過ぎのおばあさんに処方されている薬を、健康な4歳児が飲んでいいわけなかろうがーーーー!!!!!!!



夫と私、だだ焦り!!!!!



焦る焦る焦りすぎて強い口調で次男を詰問するような感じになってしまっているけれども

頼むから、怒っているわけじゃないから的確な返答プリーズ!!!!




夫「それ、本当に薬!?」

私「どんな薬だった!?!?」

次男「‥」

夫「怒っとるわけじゃないんだよ!ただちゃんと答えてくれないから口調がキツくなってるだけで!!」

私「お願いだからどんな薬を飲んだのか教えて!!!!!」


次男「ピンクの薬‥」



外に飛び出し、外で作業中だった義父に

「おばあさんってピンクの薬飲んでますか!?」

と尋ねたところ


ノーンーーデーールーーーーーーー


IMG_3030




薬局からもらった薬の情報の紙を確認したところ、

ピンクの丸っこっちい薬が1つありました。


次男にみせ、「これか?」と聞くと、「これだ」と言う。

他に白とかクリーム色とか緑と白のカプセルとかあったけど、これは?これは?と聞いても違うと言い、

ピンクのこれだと。


ピンクの薬も1種類しかなく、多分これで確定だろう。


口から出したドロドロの中にもピンクっぽい色あったし。




このピンクの薬は……




センノシド



下剤!!!!!!!





血圧とかの薬じゃなくてよかったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!




 
とはいえ一応薬局に電話して、4歳児が誤って飲んでしまった可能性があることを伝えたところ、


幼児に服用させて検証したことがない薬なのですが、
成分的には体に今すぐ害が出るものは入っていないので、このまま様子を見て良いとのこと。
食欲があれば水分や食事を普通に食べて良いこと。
下痢をすることがあるので様子を見る必要があること。
下痢が長く続いたり、様子がおかしかったら受診すること。

と言われ、ひとまず安心。

IMG_3002






口の中でドロドロに放っていたものの、多分ほとんどは吐き出しているし、


私が電話している間に、夫の手腕により嘔吐もさせたので、ほとんど胃の中には残っていないだろうと思われ。



結局、その後も一切下痢をすることなく、


逆にいつも以上に元気に過ごしました。




ひいばあもすごく心配をしてくれていたので、大丈夫な薬だったし、今のところ元気だと伝えたところ、

「私が悪かった。ごめんよ。」

と謝られたのですが、



いや、悪かったのは次男です。



いや、ADHDで衝動的な行動があって、考える前に動いてしまう次男を子供だけでひいばあの部屋に入れた、


私と夫の責任です!!!!!!





なので、逆に謝罪をし、謝罪合戦に発展しました。



それにしても、薬が落ちていたのも想定外だし、子供だけでひいばあの部屋に入って行ったのも知らんかったし、まさか薬を口に入れるとも思わなかったし、


まじ危険。




今回は下剤だったのでまだ良かったけれど、

血圧の薬や心臓病の薬だったら一体どうなっていたことやら。

肝が冷えたとはまさにこのこと。



次男を

「他の人の薬は毒だから、下手したら死んじゃうんだよ!?!?!」

とめちゃくちゃ脅しまして、


それが薬になったような気もする。




ということで、4歳になった今も、目が離せない。という現実を叩きつけられた3連休となりました。



YouTubeもやってます。チャンネル登録よろしくお願いします





長男Z会頑張ってます!まじ良問の宝庫





保育園児次男はスマイルゼミを活用中



 

オイシックスがうますぎる


 

 

電動歯ブラシで磨くようになってから自分磨きをめっちゃしてくれるようになりました